autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 2年連続で“今年の車”に選ばれた輸入車メーカー「ボルボ」の魅力とは!? | 高いデザイン性や安全性能を解説【プレイバック】

特別企画 2018/12/9 07:00

2年連続で“今年の車”に選ばれた輸入車メーカー「ボルボ」の魅力とは!? | 高いデザイン性や安全性能を解説【プレイバック】

関連: ボルボ XC40 , ボルボ Text: オートックワン 編集部
(手前左)ボルボ XC40 T4 モメンタム(FF)/(右)ボルボ XC60 D4 AWD インスクリプション(4WD)/(奥)ボルボ XC90 T6 AWD インスクリプション(4WD)
ボルボ XC40 T5 AWD Rデザイン ファーストエディション(4WD/限定300台)ボルボ XC40 T4 AWD インスクリプション(4WD)(手前右)ボルボ XC40 T4 AWD インスクリプション(4WD)/(奥)ボルボ XC40 T4 モメンタム(FF)ボルボ XC40 T5 AWD Rデザイン ファーストエディション(4WD/限定300台)画像ギャラリーはこちら

日本カー・オブ・ザ・イヤーに2年連続で選ばれた北欧メーカー「ボルボ」

第39回 2018 – 2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー

先週最大の自動車ニュースといえば、やはり年に一度の大イベント「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の発表でしょう。第39回のイヤーカーには、ボルボ XC40が選ばれました。

昨年は同社XC60が選ばれており、ボルボは輸入メーカーとして初めて日本カー・オブ・ザ・イヤーで2連覇したメーカーとなりました。まさに近年“ノッている”メーカーの1つといえるのではないでしょうか。

今回は、そんなスウェーデンの自動車メーカー「ボルボ」の魅力に迫ります。

◆2018年イヤーカー「XC40」と2017年イヤーカー「XC60」など最新ボルボ車を画像で見る

「今年の車」ボルボ XC40はどんな車?

まずは、2018-2019 カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたXC40の詳細をチェック!

ボルボ XC40の内外装

ボルボ XC40 T4 AWD インスクリプション(4WD)ボルボ XC40 T4 AWD インスクリプション(4WD)

ボルボ XC40は、内外装ともに洗練されたデザインとなっています。まるで北欧家具に触れた時のような印象を抱く方も多いのではないでしょうか。

XC40は、ボルボのSUVラインナップの中で“末っ子”という位置づけとなっていますが、チープなイメージはほとんどありません。ボルボをカジュアルに楽しむという目的で、積極的に選びたくなるモデルと言えそうです。

>>詳しくはこちら:【フォトギャラリー】ボルボSUV3兄弟の末っ子、XC40は納車待ちユーザーが後を絶たない人気者!

ボルボ XC40の試乗レポート

ボルボ XC40 T5 AWD Rデザイン ファーストエディション(4WD/限定300台)ボルボ XC40 T5 AWD R-DESIGN 1ST EDITION

自動車評論家 国沢光宏氏の試乗レポートをご紹介。試乗グレードは、日本導入時に設定された「XC40 T5 Rデザイン ファーストエディション」です。

XC40の乗り心地について、国沢氏は「20インチという思い切りファットなタイヤを履いてるのに、ゴツゴツしていない。キッチリとサスペンションを動かしている。それでいてハンドル切ってロールするかとなれば、案外シャッキリしていてスポーティ。ステアリングフィールも良好だ」と高く評価しています。

続きは、オートックワンに掲載されている実際のレポートでご覧ください。

>>詳しくはこちら:ボルボ 新型コンパクトSUV「XC40」試乗|辛口評論家も驚く、XC40の”ココが凄い!”

注目度上昇中! “ボルボ”の魅力とは?

ここからは、ボルボの各車種に共通する魅力に迫ります。

洗練されたデザイン

ボルボ・カーズ・USAデザイン部門シニアディレクターのT.ジョン・メイヤー氏

デザインにも定評のあるボルボ車。近年のモデルでは、ヘッドライトのデザインに北欧神話に出てくる「トールハンマー」のモチーフが取り入れられています。

ボルボのデザイン部門シニアディレクター T.ジョン・メイヤー氏によると、ボルボ車は温かみを感じさせるデザインが意識されているそうです。

「重要なのはデザインの当初から人間味あふれる、手の温もり感溢れるようなデザインタッチを意識してモデルを作ることなのです。これらはエクステリアからインテリアに至るまで人間を主体としたデザインを表現していくことを目指しているからです」というコメントからは、ボルボ車に共通する哲学を感じ取ることができるのではないでしょうか。

>>詳しくはこちら:新型V60のデザイナーが語る、新生ボルボデザイン躍進の鍵とは

高い安全性

ボルボ 新型V60 スモールオフセットクラッシュテストの模様|ボルボ セーフティセミナー|ボルボ 先進安全技術の極意ボルボ事故調査隊 活動の模様|ボルボ セーフティセミナー|ボルボ 先進安全技術の極意

ボルボでは、製品の安全性を向上させる“サークル”として、下記6ステップが制定されています。

1.スウェーデン国内における実際の事故の件数や調査内容をデータベース化

2.解決しなければいけない最も重要な項目を絞り込んでリスト化

3.将来においての新しい安全面における要件、また安全面におけるターゲットを設定

4.上記をもとにプロトタイプを作成

5.プロトタイプの検証

6.より安全面を強化した製品作り

これから分かるように、ボルボは安全な車を作るだけではなく、交通事故の発生状況自体も深く研究しているのです。

また、現在広く普及している3点式フロントシートベルトを開発したのもボルボ。安全に対する意識はかなり高い水準にあるといえるでしょう。

>>詳しくはこちら:全てが他社とは別次元の安全思想|ボルボ先進安全技術の極意をスウェーデン・セーフティ部門ディレクターが語る

長距離にも耐えうる走行性能

走りの良さでも評価の高いボルボ車。街乗りからロングドライブまで、どのような状況も快適に走行することができます。

そこでオートックワンでは、2017年のイヤーカー ボルボ XC60で1500キロのロングドライブを決行。長距離試乗で感じたボルボ車の魅力とは…?

ぜひ下記リンクからお楽しみください。

>>詳しくはこちら:稀代のモテ車!ボルボ XC60 D4で1500キロ走破|北海道・東北 ぶらり寄り道 大回りの旅[前編]

>>詳しくはこちら:稀代のモテ車!ボルボ XC60 D4で1500キロ走破|北三陸”あのドラマの舞台”を巡る[北海道・東北 ぶらり寄り道 大回りの旅 後編]

【毎週水曜日・日曜日は、オートックワンの誇る記事アーカイブから気になる情報をピックアップする連載「プレイバック」をお届け!来週もお楽しみに】

[筆者:オートックワン編集部]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ボルボ XC40 の関連編集記事

ボルボ XC40の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ XC40 の関連編集記事をもっと見る

ボルボ XC40 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR