ボルボ 新型V60を写真でチェック!美しく機能的な王道ステーションワゴンの魅力

ボルボと言えば「エステート」

日本において、ボルボといえばエステート(ステーションワゴン)の印象が強いという方も多いことでしょう。30代半ばより上の世代ならば、子供の頃日本車とは明らかに違う空気をまとった、やけに角ばった大き目なステーションワゴンを近所で見かけたことがあるはず。ボルボのエステートは、私たち日本人にとっては案外身近な存在なのかもしれません。

今回取り上げた新型V60は、兄貴分にラージサイズのV90、弟分にはV40というボルボエステート3兄弟の真ん中、ボルボエステートシリーズの中で大本命とも言えるモデル。SUV属性であるXCシリーズ3兄弟と同じく、エレガントさだけじゃなく威厳すら感じるV90と、カジュアルでスポーティなV40に挟まれたV60は、最もバランス感覚の優れたモデルなのです。

>>ボルボ 新型V60の走り・エクステリア・インテリアを写真でチェック!【全103枚】

ボルボ・カー・ジャパンの執念が詰まった新型V60のエクステリア

新世代へと突入したボルボが大きく躍進している最も大きな要因は、内外装のデザインにあるといっても過言ではありません。エクステリアは、今やボルボのアイコンともいえるトールハンマーをモチーフにしたLEDが埋め込まれたヘッドライトが装備され、クリーンかつシンプルでありながら躍動感すら覚えるデザインに仕上がっています。

また、先代よりも一回り大きくなっているにも関わらず、新型V60の全幅(横幅)は、1865mmあった先代と比較して15mm狭い1850mm。これは日本での使用を念頭に導き出された大きさで、ボルボ・カー・ジャパンから執念の働きかけがあったのはもちろん、ボルボにとって日本が重要なマーケットであることを示しています。

インテリアはまさしく“機能美”といえる仕上がり

インテリアに目を移すと、エクステリアと同じくクリーンかつシンプルな印象。しかし、天然のドラフトウッドを使用したトリムパネル(Inscriptionに標準装備)や細部にまで凝ったディテールは、北欧らしい近未来的な印象を受け、現代的なラグジュアリー感すら与えています。

そして、新型V60のインテリアはただ美しいだけではありません。インパネ中央に位置する9インチのタッチパネル式縦型ディスプレイや、12.3インチの大型ディスプレイとなったメーター。さらに、上位グレードに装着されるヘッドアップディスプレイなど、運転中に視界を大きく移動させなくても視認できる工夫が盛り込まれます。

見た目だけじゃなく実用性も忘れない

新型V60はラグジュアリー感だけではなく、どんな場面でも活躍できる実用性を兼ね備えています。その一つが、V90よりも角度のついたリヤゲート。全体的にスクエアなカタチも手伝って、リヤシートを立てた状態でも529リッターという大容量のラゲッジスペースを確保しています。

このように、見た目、質感、居心地、使いやすさなど、新型V60の内外装デザインはあらゆる要素が高次元で融合しており、日本だけではなく世界各国から高い評価を受けているのです。

必要十分なガソリンエンジンと未来を見据えたPHEV

2018年10月時点で日本に導入されているのは、254ps/350Nmを発生する2リッター直4ターボのガソリンエンジンのみで、組み合わされるトランスミッションは電子制御の8速AT。1500rpm~4800rpmという広域にわたって最大トルクを発生し、日常のあらゆる場面においてパワー不足を感じることはないでしょう。

そして、多くの期待と注目を集めているのが、253ps+87ps/350Nm+240Nmの2リッター直噴ターボ+スーパーチャージャー+電気モーターの「T6ツインエンジン」と、エンジンの出力とトルクを引き上げ318ps+87ps/400Nm+240Nmの「T8ツインエンジン」の2タイプのプラグインハイブリッド(PHEV)モデル。

燃費性能については認証前であるため公表されていませんが、2019年以降、電動化モデル(EV・PHEV・48Vマイルドハイブリッド)のみをラインナップすると発表しているボルボだけに、実際の燃費や動力性能には期待したいところです。

ハンドリングだけでなく実用性にも優れたサスペンション

背の低いステーションワゴンらしく素直で軽快なハンドリングを持ちながら、リヤシートを立てた状態でも529リッターという大容量のラゲッジスペースを確保できている秘密は、特徴的なサスペンション構造にあります。

ダブルウィッシュボーン式を採用するフロントに対し、リアはグラスファイバー複合素材のリーフスプリングを用いたマルチリンク式。SPAプラットフォームを採用するXC60やV90と同様に、軽量化されるとともにスペース効率に優れた構造です。

オプションで用意されるドライブモード選択式FOUR-Cアクティブパフォーマンスシャシーでは、路面状況と現在のドライビングスタイルを分析しダンパーの減衰力を自動調整。乗り心地重視の「Comfort」モードや、ハンドリングの応答性がシャープになる「Dynamic」モード。さらに各特性を個別に組み合わせ、自分のセッティングを作ることができる「Individual」が選択可能となっています。

“ボルボ=安全”を証明する先進の安全装備

「崖から落とす」「何台も積み上げる」など衝撃的なテレビCMを覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、ボルボの最も特筆すべき特長は安全性です。新型V60にもボルボの先進安全技術である「INTELLISAFE」が採用され、その全ての先進安全装備はグレード差なく標準装備されています。

衝突回避・軽減をアシストする自動ブレーキシステムの「City Safety」は前方に現れた他車や歩行者、サイクリスト、大型動物だけでなく、車線をはみ出してくる対向車にも対応。

さらに、車線維持を支援する「パイロット・アシスト」や、全車速追従機能付の「アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)」など、この記事では書ききれないほど数多くの充実した予防安全、運転支援機構が採用されています。

INTELLISAFEの多くは世界初搭載の機能が多いのが特長で、世界の衝突安全基準のはるか先を行く設計がなされており、新型V60には現時点で考えうる最新機能が全て標準装備されているのです。

ボルボ 新型V60 主要スペック

ボルボ 新型V60 主要スペック
グレードT5 InscriptionT6 Twin Engine AWD InscriptionT8 Twin Engine AWD Inscription
価格(消費税込)599万円749万円819万円
全長4760mm
全幅1850mm
全高1435mm
ホイールベース2870mm
車両重量1700kg
乗車定員5名
エンジン水冷直列4気筒 DOHC ターボ水冷直列4気筒 DOHC ターボ+スーパーチャージャー
排気量1968cc
エンジン最高出力187kW(254PS)/5500rpm186kW(253PS)/5500rpm233kW(318PS)/6000rpm
エンジン最大トルク350N・m(35.7kgf・m)/1500-4800rpm350N・m(35.7kgf・m)/1700-5000rpm400N・m(40.8kgf・m)/2200-5400rpm
モーター最高出力34kW/2500rpm(前)65kW/7000rpm(後)
モーター最大トルク160N・m/0-2500rpm(前)240N・m/0-3000rpm(後)
燃費(JC08モード)12.9km/L
駆動方式2WD(FF)電子制御AWD(エンジン+モーター)
トランスミッション8速AT(ギヤトロニック)
この記事の画像ギャラリーはこちら
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルふたりこもれ陽
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ボルボ V60の最新自動車ニュース/記事

ボルボのカタログ情報 ボルボ V60のカタログ情報 ボルボの中古車検索 ボルボ V60の中古車検索 ボルボの記事一覧 ボルボ V60の記事一覧 ボルボのニュース一覧 ボルボ V60のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる