autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート VW 新型アルテオン試乗レポート|様々な魅力を“いい所取り”したVWのファストバック

試乗レポート 2017/12/18 19:33

VW 新型アルテオン試乗レポート|様々な魅力を“いい所取り”したVWのファストバック(1/2)

フォルクスワーゲン 新型アルテオン
フォルクスワーゲン 新型アルテオンフォルクスワーゲン 新型アルテオンフォルクスワーゲン 新型アルテオンフォルクスワーゲン 新型アルテオン画像ギャラリーはこちら

VWの世界戦略車は、「アート」な「上級車」

フォルクスワーゲン 新型アルテオン

コンパクトカーからミディアムセダンまで幅広いラインアップを持つフォルクスワーゲン(以下VW)は、世界の主要自動車メーカーからベンチマークにされる存在だが、どのカテゴリーも質実剛健で王道的なモデルが多く、たまに新ジャンルに挑戦しても、残念ながら大成した例は非常に少ない。

その一つが2002年に登場したVW初のラグジュアリーサルーン「フェートン」だ。当時の高級車路線戦略の一環として開発され、専用工場まで建設するほど気合が入っていたが、ドイツの国民車ブランドでありながらも一般庶民に手が届くクルマではなかったことや、VWのイメージとそぐわないことから発売当初より苦戦し、一度もフルモデルチェンジされることなく生産終了。ちなみに現在は、事実上の後継車である「フィデオン(Phideon)」が存在するものの、これは中国専用車である。

では、世界戦略車としてのフラッグシップはと言うと、今年のジュネーブショーで世界初公開された「アルテオン(Arteon)」である。車名は「Art」と「eon」の造語。ちなみに今後のVWの上級モデルには「eon」が付いたネーミングが与えられるそうだが、アルテオンは「アート」な「上級車」と言うわけである。

>>フォルクスワーゲン アルテオンの画像ギャラリーはこちら

カッコよくセクシー、それでいてVWらしい実直さが残された外観デザイン

フォルクスワーゲン 新型アルテオンフォルクスワーゲン 新型アルテオン

その名の通り、エクステリアは昨今多くのプレミアムブランドがラインアップするスポーティで流麗な4ドアクーペスタイルを採用。フロントマスクはグリルに水平に伸びるバーとヘッドライトがシームレスに繋がる新VWデザイン、よりパキッとしたプレスラインと抑揚が強いボリューム感あるフェンダー周り、曲線的なリア周り、更には20インチホイールの採用と、どこを取ってもデザインコンシャスに見えるが、実はリアゲートを備える5ドアハッチバック(VWではファストバックと呼ぶ)。つまりカッコいいけど実用性は損なわれていない……である。

実車を見ると非常にカッコよくセクシーなのだが、他ブランドの似たようなモデルと比べて危険な香りがしないのは、VWらしい実直さが残されているからか!?ちなみにサイズは全長4865×全幅1875×全高1435mm、ホイールベース2835mmと全高以外はパサートよりも若干大きくなっている。

ボディカラーには、多彩なバリエーションが用意されるが、お勧めはやはりイメージカラーの「ターメリックイエロー」だ。個人的にも無難に白/黒/シルバーを選ぶなら、他のクルマを選らんだほうがいいと思うくらいである。

下手なステーションワゴン顔負けの利便性

フォルクスワーゲン 新型アルテオン 内装

インテリアはエクステリアほど攻めておらず、インパネ周りはパサートとほぼ同じデザインを採用。逆に長時間いる場所は奇を狙わずシンプルなほうが疲れない。

ブラック/チタンブラックのナパレザーシートやデジタルメータークラスター(アドバンスのみ)、ジェスチャーコントロールが可能な純正インフォテイメントシステム「ディスカバー・プロ」などフル装備。

フロントシートが特等席かと思いきや、後席もロングホイールベースを活かした広々としたレッグスペースや、クーペスタイルながら必要十分なヘッドクリアランスを確保する(アドバンスにオプション設定のサンルーフはアウタースライド式を採用)。更にラゲッジスペースは約536リットル(後席を畳むと1,557リットル)で、テールゲートはハンズフリー式パワーテールゲート付と、見た目に似合わず下手なステーションワゴン顔負けの利便性も備えているのだ。

フォルクスワーゲン アルテオン の関連編集記事

フォルクスワーゲン アルテオンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン アルテオン の関連編集記事をもっと見る

フォルクスワーゲン アルテオン の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!