【ライズとロッキー内装解説】フロントだけで最大8コのカップホルダーを完備! ナビに比べて格安のディスプレイオーディオも機能向上し、オススメの一台に

画像ギャラリーはこちら
5ナンバーサイズのコンパクトSUVとして大人気を博ししているトヨタ ライズとダイハツ ロッキー。2019年末のデビュー以来、常に販売ランキング上位にランクインするほどである。そして2021年11月に待望のハイブリッドモデルが追加され、さらなる販路拡大を目指しているのだ。一体この両モデルはなぜここまで人気を博しているのか!? 170万円で買えるという価格設定もさることながら、じつはその答えは内装にもあるのだった。今回はライズとロッキーの内装を詳しくご紹介しよう。
目次[開く][閉じる]
  1. ライズとロッキー人気の理由は内装にもあった
  2. ライズとロッキーは最大で10コのカップホルダーを完備! 前席のドアポケットには2つずつ設置
  3. ナビより割安のディスプレイオーディオは装着率約2割! 販路拡大を目指し機能を大幅向上

ライズとロッキー人気の理由は内装にもあった

トヨタ ライズとダイハツ ロッキーの2台は兄弟車である。フロントフェイスを除けばほとんど同じ仕様となっている。グレード構成に至るまで同じであり、トヨタとダイハツのディーラーに聞くと「ユーザーはフロントフェイスの好みによって選んでいる」という。RAV4に似たライズ、SUVらしく角ばった印象のロッキーというイメージだ。

続けてディーラーマンによれば「実車を確認していただく際に、必ず言われるのが内装について好印象の意見が多い」という。一体ライズとロッキーの内装にはどんな工夫が施されているのだろうか!?

>>トヨタ ライズとダイハツ ロッキー買うならハイブリッドよりガソリンモデルがイイ!? 約30万円の価格差と走行性能を考えればガソリンモデルもいい選択だった

ライズとロッキーは最大で10コのカップホルダーを完備! 前席のドアポケットには2つずつ設置

とくに女性に喜ばれているのがカップホルダーの多さである。じつはロッキーとライズの前席には最大で8コ設置されているのだ。ちなみに後席には左右のドアポケットに1つずつとなる。

まずは左右に設置されているエアコン吹き出し口付近に2つ。こちらは引き出しタイプとなっており、使用しない時は収納できるのだ。加えてエアコン吹き出し口に設置されているために、エアコン作動時であれば冷やすことだって可能である。

そして左右のドアポケットにもカップホルダー2つずつ設置されている。ほとんどの車種のドアポケットには1つしかカップホルダーが設置されていないために、非常に珍しいのだ。ちなみにここまでは全グレード共通である。

上級グレードの前席には8コもカップホルダーが!

ライズのガソリンとハイブリッドの最上級グレード「Z」とロッキーのハイブリッドモデル「プレミアムG HEV」と「X HEV」そしてガソリンモデルの「プレミアムG」には電気パーキングブレーキが採用されている。他のグレードは従来通りレバー式となっているのだが、先に挙げたグレードに関しては専用のセンターコンソールが採用されており、そこに2つのカップホルダーが設置されているのだ。これらモデルの前席には計8コも設置されるのだった。

>>ロッキーの注目ポイントはハイブリッドだけじゃない! 全車速追従式クルコンの採用とHDMI接続が可能になったディスプレイオーディオなど商品力が大幅アップしていた

ナビより割安のディスプレイオーディオは装着率約2割! 販路拡大を目指し機能を大幅向上

そして今回の改良で大きく使い勝手が向上したのはディスプレイオーディオである。

デビュー当初からメーカーオプションとしてラインアップされていたが、装着率は約2割と非常に少なかったのだ。しかもディスプレイオーディオは他のディーラーオプションナビと比べても破格の9万9000円、そして自車を俯瞰する映像をモニターに映し出すパノラマモニターを付けても11万5500円と非常にお手頃なのだった。

新たにHDMIケーブル対応で映像コンテンツも利用可能に

にもかかわらず装着率は低かったのには理由があると先のディーラーマンは語る。その要因は機能にあったのだ。

その名の通り、ディスプレイオーディオはスマホと接続して始めてナビや音楽が再生できる代物で、CDやDVDといった物理ディスクを再生したいユーザーからは敬遠されていたのだ。改良後もCDやDVDの再生はできないが、新たにHDMIケーブルが接続可能となった。これによりスマホやDVDプレーヤーといった機器と接続し、停止中であれば動画再生も可能となったのだ。ファミリー層にとっては非常に嬉しい改良である。

そして操作性や解像度もアップし、スマホのようにスワイプ操作もできるように改善されている。

>>【トヨタ ライズのガソリンとハイブリッドモデル比較】価格差30万円あるも、機能に大差なし! 最大の違いは内装装備と維持費にあった

今回はライズとロッキーの内装にフォーカスしてその特徴をご紹介してきた。とくに豊富すぎるカップホルダーについては、実際に納車したあとに大活躍すること間違いなしである。そして最後にご紹介したディスプレイオーディオの機能向上はファミリー層にとっては非常に嬉しいポイントとなるはずだ。これから購入を考えている方は今回挙げた内容を参考に実車を確認してほしい。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

トヨタ/ライズ
トヨタ ライズカタログを見る
新車価格:
170.7万円232.8万円
中古価格:
158.8万円308.5万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部 木村 剛大
筆者MOTA編集部 木村 剛大

記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ライズの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ライズのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ライズの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ライズの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ライズのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる