トヨタ ライズとダイハツ ロッキー買うならハイブリッドよりガソリンモデルがイイ!? 約30万円の価格差と走行性能を考えればガソリンモデルもいい選択だった

画像ギャラリーはこちら
トヨタ ライズとダイハツ ロッキーに待望のハイブリッドモデルが加わった。心臓部にダイハツ製のシリーズ式ハイブリッドというシステムを採用。エンジンを発電機として使用する方式で、イメージとしては日産 ノートe-POWERに近いものである。そして今回の改良で1.2リッターNAエンジン(FFモデル)も加わり、ロッキー/ライズを買う際にどちらのパワートレインにすべきか悩む人も多いはずだ。なぜなら価格差は約30万円と非常に近いプライスとなっているからで、今回はオススメのパワートレインをご紹介する。結論から言えば新開発の1.2リッターガソリンモデルがオススメであった。
目次[開く][閉じる]
  1. ライズ/ロッキーにハイブリッドモデル追加! ガソリンモデルも新開発のエンジンを搭載
  2. ロッキー/ライズのハイブリッドモデルはまるでガソリン車! ノートe-POWERとは全く違う味付けだった
  3. 新開発のガソリンエンジンは超パワフルで扱いやすさバツグン! 一方気になる点も
  4. 街中メイン、そして価格差を考えればガソリンモデルがオススメ

ライズ/ロッキーにハイブリッドモデル追加! ガソリンモデルも新開発のエンジンを搭載

トヨタ ライズとダイハツ ロッキーは兄弟車である。内装やエンジンに至るまで同じであり、違いといえばフロントフェイスや内装色程度なのだった。2019年末にデビューした際は全車1リッターターボエンジンを搭載しており、当初よりハイブリッドモデルの設定が期待されていた。そして2021年11月に晴れてハイブリッドモデルが追加されたのだ。

加えてガソリンモデルも新開発の1.2リッターエンジンを搭載するなど大幅に手が加えられている。ちなみに4WDモデルはガソリンエンジンのみで、引き続き1リッターターボが搭載されているのだ。そしてライズとロッキーは販売の約7割程度をFFモデルが占めているため、今回はFFモデルにフォーカスしてオススメのパワートレインをご紹介していこう。

>>ロッキーの注目ポイントはハイブリッドだけじゃない! 全車速追従式クルコンの採用とHDMI接続が可能になったディスプレイオーディオなど商品力が大幅アップしていた

ロッキー/ライズのハイブリッドモデルはまるでガソリン車! ノートe-POWERとは全く違う味付けだった

まずハイブリッドモデルから。こちらは1.2リッターガソリンエンジンを発電機として使用し、モーター駆動をするシリーズハイブリッド方式を採用している。実際に乗ってみると、スタートボタンを押せば始動したかさえもわからないほどの静けさであった。そしてアクセルを踏み込んでいくと、速度に併せてエンジン回転数を上げ、イメージとしては既存の内燃機関モデルに乗っているかのようであった。

ちなみにシリーズハイブリッドを搭載している日産 ノートe-POWERは、ほとんどエンジン音が聞こえない仕様となっている。こちらは速度に関わらずほとんど一定の回転数でエンジンを回しているからであり、ライズとロッキーのハイブリッドとは違った味付けなのだ。

ワンペダルも機能も設定! ハイブリッドモデルはエンジン音が少々気になる

ロッキーとライズのハイブリッドモデルは、速度をあげればエンジン回転数が上がっていくために、高速道路などでの追い越し時には車内にエンジン音が響く印象であった。もちろん街中での速度域であれば非常に静かで、Sペダルなるモードを選べばワンペダルドライブも可能となるのも嬉しいポイントだ。

>>【ロッキーハイブリッドとヤリスクロスハイブリッド比較】価格差約5万円! 先進安全装備や燃料代はほぼ互角、決め手は家族構成にあり!?

新開発のガソリンエンジンは超パワフルで扱いやすさバツグン! 一方気になる点も

対する1.2リッターの新開発エンジンは、0〜60km/hといった日常域での加速性能は十二分な実力であった。走行時のエンジン音は非常に静かであり、アクセルを踏み込んだ際のレスポンスもよく、扱いやすいというのが率直な感想であった。その一方高速道路において追い越す際は、もう少しパワーが欲しいと思ったのも事実である。

ちなみに1.2リッターガソリンモデルのカタログ燃費は20.7km/L(WLTCモード)となっており、ハイブリッドモデルの34.8km/Lと比べれば大きな差があるが、ガソリンモデルでも十二分に低燃費なのだ。

停止時の振動が唯一ネガティブなポイント

ただ一つ気になったのは、停止時の振動である。アイドリングストップを起動させれば気にならないが、例えば信号待ちなどで停止している際に、フロント/リアに関わらずフロアに伝わる振動が気になったのだ。走行時はまったく感じないのだが、こちらに関しては改善してほしい点である。

>>新型タントはロッキーと同じハイブリッドモデルを追加へ! 気になるエンジンは宿敵スズキと共同開発する可能性も

街中メイン、そして価格差を考えればガソリンモデルがオススメ

ハイブリッドとガソリンモデルの価格差約30万円を考えると、街中メインで使用するならば新開発の1.2リッターガソリンモデルがオススメと考える。装備内容も同グレード同士で考えれば同等となっている。もちろん衝突被害軽減ブレーキや運転支援システム「アダプティブクルーズコントロール」だってグレードによっては備わるのである。

今後、ライズやロッキーの購入を考えている方は、この記事を参考にしてパワートレイン選びをしてほしい。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

トヨタ/ライズ
トヨタ ライズカタログを見る
新車価格:
170.7万円232.8万円
中古価格:
158.8万円308.5万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部 木村 剛大
筆者MOTA編集部 木村 剛大

記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 香雲館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ライズの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ライズのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ライズの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ライズの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ライズのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる