新型ランドクルーザー300で車中泊は厳しかった! 複雑なシート段差が生じフラットな床面確保が難しい

画像ギャラリーはこちら
世界中の道なき道を突き進むことが出来る最強の四輪駆動車「ランドクルーザー」。その最新モデルである新型ランドクルーザー300に試乗した。といっても悪路やオンロードでの走行性能を試したのではない。そちらは評論家先生のインプレッションにお任せし、筆者が実車でチェックしたのは「寝心地」だ!

車中泊ブームの昨今、最も気になる車中泊性能を調べたところ、意外にも新型ランドクルーザー300は車中泊には不向きであることが分かった。身長180cmの筆者が実際に寝てみて確かめた、新型ランドクルーザー300の車中泊性能をご紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. 床面に大きな段差! ランクル300の荷室は広大だが車中泊には向いていない!?
  2. セカンドシートを前倒しした状態で寝てみたが…段差がキツくてそのままでは眠れない
  3. 車中泊用ベッドキット発売を期待! オリジナルで製造依頼が可能なメーカーもある
ランドクルーザー300の最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

床面に大きな段差! ランクル300の荷室は広大だが車中泊には向いていない!?

まずは写真をご覧いただきたい。トヨタ 新型ランドクルーザー300はセカンドシートが座面ごとごっそり前倒しできるダブルフォールディング機構が備わる(セカンドシートタンブル)。これにより、広大な荷室空間が広がる。

ただしトヨタ社内の測定値では、セカンドシート底面からラゲッジのバックドアまでの長さは1680mm。身長180cmだと縦に寝ることが出来ない。セカンドシートのボリュームがかさむ分、荷室長に影響を及ぼしているのだ。

また写真の通り、サードシート収納部とセカンドシート床面との段差が生じてしまうのも難点である。

そこで、セカンドシートの背もたれを前倒ししただけの状態で見てみよう。

運転席・助手席を一番前に出した状態でのシート背面からバックドアまでの長さは2070mmが確保される(トヨタ社内測定値)。

セカンドシートを前倒しした状態で寝てみたが…段差がキツくてそのままでは眠れない

さっそく、セカンドシートの背もたれを前倒ししただけの状態で寝てみることにした。写真の通り、一見すると穏やかに寝ているように見えるが、実際はかなりキツい。背の肩甲骨下くらいから腰、そしてお尻にかけての辺りに段差がくる。これでは無理だ。

逆向きならまだなんとかなりそうだ。大人2名でも寝ることが出来る幅もある。最大幅で1395mm、最小幅は1095mmが確保される。

そんな訳で、新型ランドクルーザー300での車中泊は、空気で膨らむキャンプ用マットを用意したうえで、自前で板などを用意し段差を埋める工夫が必要となる。「やれなくはないが、ちょっとばかり面倒」というのが本音だ。

ちなみに5人乗り(2列シート)仕様ならサードシート収納分の段差は生じないため、2名乗車時の荷室は床面がフラットである点をお伝えしておきたい。ただし前述の通り荷室長は1680mmしかないので、身長180cmの人の場合は斜めで寝るしかないのと、セカンドシートの背もたれを前倒ししただけの状態では、3列シート車よりさらに厳しい段差が生じることをお忘れなく。

車中泊用ベッドキット発売を期待! オリジナルで製造依頼が可能なメーカーもある

従来型のランドクルーザーでは、サードパーティ製でベッドキットが発売されている例がある。

車中泊する際には、身の回りのものや荷室の荷物をどかさなくてはならない。思い立って寝ようとした際などにはこれが地味に手間となるものだ。それもこうしたベッドキットがあればベッド面の下に荷室スペースが確保されるから、荷物はそのままで済む。ベッドキットは車中泊派にとっての救世主なのだ。

なおネットで検索すると、オリジナルで車種専用のベッドキットを製作してくれるメーカーが複数ヒットする。ランドクルーザー300オーナーのみならず、車中泊に興味がある方は相談してみると良いだろう。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:島村 栄二・トヨタ・FLEX]

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 箱根吟遊

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ランドクルーザー300の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ランドクルーザー300のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ランドクルーザー300の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ランドクルーザー300の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ランドクルーザー300のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる