水深70cmでも走れる!? 万が一のリスクに備える『クロカン4WD』3選!

  • 筆者: MOTA 編集部
画像ギャラリーはこちら
暑い季節になるとゲリラ豪雨や大雨をもたらす台風が日本列島に襲い掛かります。排水能力を超えた雨量や河川の氾濫などにより、道路が冠水してしまうこともしばしば。

JAFの実験検証によれば、セダンタイプでも水深300mm程度であれば走行はできたものの、水深600mmではエアインテークを通じてエンジン内部に水が入り、すぐに走行不可能となりました。ところが、700mm超の水深でも走行ができる本格クロカンも存在します。

今回は、たいていの冠水では走行不能に陥らない、「渡河(とか)性能」の高いクロカン4WDを3車種紹介していきましょう。

目次[開く][閉じる]
  1. トヨタ ランドクルーザー(渡河性能700mm)
  2. ジープ ラングラー(渡河性能762mm)
  3. ランドローバー ディフェンダー(渡河性能900mm)
  4. クロカン4WDだからといって油断せず、冠水路は迂回を!

トヨタ ランドクルーザー(渡河性能700mm)

まず紹介するのは、世界中で愛される高耐久・悪路走破性の高いクロカン「トヨタ ランドクルーザー」です。設計値の最大渡河性能は700mm。

豪華な加飾がされており、乗り心地もよいため高級感のあるクルマですが、こちらも本格クロカン。強靭な剛性を持つラダーフレームが採用されており、ボディにダメージを受けても走行不能になりにくく、未舗装路の長時間走行にも耐えらえるようになっています。

また、トラクションコントロールとブレーキを制御することで、あらゆる路面状況で安定した走行性能を実現させるマルチテレインセレクトや、悪路でもトラクションを失わずに極低速で走れるクロールコントロールなどの電子デバイスを備えています。

ちなみに同車よりボディサイズの小さいランドクルーザープラドも同程度の渡河性能を持ちます。

>>ランドクルーザーの内外装を画像で見る[フォトギャラリー]

ジープ ラングラー(渡河性能762mm)

Jeepブランドの象徴的なモデルである本格オフローダーのラングラー。渡河性能は762mmとランドクルーザーを上回ります。

路面や天候状況に応じて駆動力を自動的に前後配分し、舗装路を含むあらゆる路面を安全かつ快適に走行できるフルタイムオンデマンド4x4システムに加え、パートタイムモードに切り替えることで、センターデフのロックが可能となり、強力なトラクションを発揮します。

また河を渡る、岩を登るなど、より険しいオフロードを進む際に、車両底部のトランスミッション、トランスファーケース、フューエルタンクに傷がつくのを防ぐスキッドプレートを装備するなど、高い悪路走破性があります。

>>ジープ ラングラーの内外装を画像でみる[フォトギャラリー]

ランドローバー ディフェンダー(渡河性能900mm)

ランドローバー ディフェンダーの渡河性能は、なんと最大水深900mm! テレインレスポンスのウェイドプログラムを起動すると、電子制御エアサスペンションで車高が上昇し、最大で標準車高+145mmまで車高を設定することができます。また3Dサラウンドカメラとウェイドセンシングが水深の把握をサポートしてくれます。

ランドローバー伝統のフルタイム4輪駆動(AWD)が採用されており、砂地や草地、雪道などの厳しい路面でも前後輪のトルク配分を調整して、卓越した悪路走破性を発揮します。

>>ディフェンダーの内外装を画像で見る[フォトギャラリー]

クロカン4WDだからといって油断せず、冠水路は迂回を!

紹介したクロカン4WD以外にも、レクサス LX570やメルセデス・ベンツ Gクラス、2021年に発売予定のフォード ブロンコなど、渡河性能の高いクルマが存在します。

そんなクロカン4WDであれば、ちょっとした冠水程度は通過できるとはいえ、少なからず車体へのダメージも発生します。シャフト類や各ベアリング、ジョイント部なども潤滑不良が起こる可能性もあり、走行後に点検・メンテナンスが必要となります。

また、冠水路は水深も路面状況が分からず危険です。機関への水没以外にもパンクや脱輪など、他の要因で走行不能に陥る可能性もあります。

車両の問題だけではありません。冠水路の通過時に波を立ててしまうことで、他のクルマや歩行者に迷惑なだけではなく、周辺家屋などが浸水してしまう恐れがあることも考慮すべきでしょう。

冠水に強いクロカン4WDに乗るドライバーを含め、冠水路に遭遇した場合は安易に進入せず、まずは迂回することを検討しましょう。

トヨタ/ランドクルーザー200
トヨタ ランドクルーザー200カタログを見る
新車価格:
481.6万円696.3万円
中古価格:
229.8万円1,083.5万円
ランドローバー/ディフェンダー
ランドローバー ディフェンダーカタログを見る
新車価格:
467.5万円489.5万円
中古価格:
472.8万円1,125.4万円
ジープ/ラングラー
ジープ ラングラーカタログを見る
新車価格:
490万円625万円
中古価格:
69.8万円821.3万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA 編集部
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雲風々
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ランドクルーザー200の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ランドクルーザー200のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ランドクルーザー200の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ランドクルーザー200の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ランドクルーザー200のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる