ハイエース好きの車中泊派必見! 内装にこだわったハイエースの新型キャンパー2モデルがオシャレ過ぎる【ジャパンキャンピングカーショー2022】

画像ギャラリーはこちら
ダイレクトカーズはジャパンキャンピングカーショー2022で4種類の新型キャンピングカーを発表した。そのうち2台は、同社製品の柱であり要でもあるトヨタ ハイエースのバンコンバージョンだ。ここでは、その2つのキャンピングカーを見てみよう。
目次[開く][閉じる]
  1. ハイエース専門店でスタートしたダイレクトカーズ
  2. 開放的なオープンキッチンが特長の新作キャンパー「ウィニー」
  3. ラグジュアリーなイメージも得たリトリートシリーズの新作「リトリート スーパーロングII」

ハイエース専門店でスタートしたダイレクトカーズ

ダイレクトカーズ(三重県津市)は、東海エリア最大級のキャンピングカー展示場を持ち、トヨタ ハイエースや軽バンをベースにしたバンコンバージョンからキャブコンバージョンまで、多数のキャンピングカーバリエーションを誇る。同社では、2011年に起こった東日本大震災における車中泊できるクルマの重要性に着目し、取り扱い車種をハイエースに特化したのち、ハイエースの持つポテンシャルを生かしたキャンピングカーを開発してきた。

中でも、ベースが4ナンバーのバンのため「毎年車検」が必要だったキャブコンバージョン市場に、3もしくは5ナンバーの乗用車登録が可能なワゴンベースキャンパーの販売は大きなトピックに。現在でも膨大な種類のハイエースベースのキャンピングカーを販売しており、ハイエースとともに歴史を歩む同社にとって、ハイエースが重要な位置付けであることを感じさせる。

開放的なオープンキッチンが特長の新作キャンパー「ウィニー」

ジャパンキャンピングカーショー2022のダイレクトカーズブースでは、キャブコンバージョン「江ノ島」「トリップ ロングベース」と、ハイエースベースの「ウィニー」「リトリート スーパーロングII」という4種類の新型キャンピングカーが顔を揃えていた。

ウィニーは、多彩なボディタイプを持つトヨタ ハイエースシリーズの中から、ロング・ワイドボディ・ミドルルーフをベース車とした二人旅仕様のキャンピングカーだ。全長約4.7メートル、全幅1.9メートル弱、車高約2.1メートルというLクラスミニバン同等の扱いやすいサイズ感が嬉しい。

「ウィニー」の車名は「With」と「Journey」から取った造語とのこと。

ダイレクトカーズが得意とするリアルウッドで丁寧に組まれた家具は明るい色調。間接照明と共に車内全体を暖かな雰囲気に包んでいる。

リアゲート付近には集中してシンク・電子レンジなどをコンパクトにまとめて備えており、リアゲートを開けた状態での開放的な調理が楽しめるのもウィニーの特徴だ。

ブースではリア付近に折りたたみ椅子を置き、キャンブ場での使用イメージを再現していた。

ラグジュアリーなイメージも得たリトリートシリーズの新作「リトリート スーパーロングII」

もう一台の「リトリート スーパーロングII」は、すでに発売されている同社の「リトリート スーパーロング」のニューカマーだ。

その名の通り、ベース車にはトヨタ ハイエースシリーズの最大サイズであるスーパーロング(ワイドボディ)を用いている。全長5.4メートル弱、全幅1.9メートル弱、全高2.3メートル弱という広大なサイズを生かし、車幅方向へ横置きのベッドが後方に設置されるのは、ナローボディのハイエースでは出来ない芸当だ。

さらに“ヴィンテージシリーズ”と銘打たれたリトリートでは、フロア・サイドパネル・ルーフなどにリアルウッドをふんだんに使用するのも他社にはない特徴。車内にいながら、まるでログハウスにいるかのように重厚な雰囲気を醸し出している。

今回デビューしたリトリート スーパーロングIIでは、これまでリアルウッドと茶系統のシート地で統一されていた内装の雰囲気を変更。グリーンの主体としたシート地を採用することで、従来にない重厚かつラグジュアリーなイメージへと生まれ変わっている。

車内のシート配置にも変更があり、2列目に加え3列目シートを追加し、乗車定員は6名に(就寝定員は4名)。対座させてリビング風に使うこともできるようにした。

話題の新作キャンピングカーを続々と開発するダイレクトカーズ。2022年の動きにも目が離せない。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:和田 清志・井口 豪]

トヨタ/ハイエースバン
トヨタ ハイエースバンカタログを見る
新車価格:
239.2万円452.4万円
中古価格:
68万円967.2万円
トヨタ/ハイエース
トヨタ ハイエースカタログを見る
新車価格:
290.4万円540.2万円
中古価格:
55万円3,399.6万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ハイエースバンの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハイエースバンのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハイエースバンの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハイエースバンの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハイエースバンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる