家より快適なびっくり車内に注目! ハイエースベースのキャンピングカー3選

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
コロナの影響もありアウトドアが再注目されているのはご存知の通りだが、じつはキャンピングカー需要も右肩上がりに伸びているという。そんななか人気を集めているのはトヨタ ハイエースをベースにしたモデルたちだ。今回は編集部で厳選した3台をご紹介! 家のリビングか? と見間違えそうな車内に注目だ!
目次[開く][閉じる]
  1. フタが机に!? 工夫がスゴすぎるStyling by RIW
  2. 旅先で宴会!? 超落ち着いた車内が魅力のアンティーク・ラインナップ・コンプリート Banquet
  3. ベンチにも机にも変身するベッドに注目!アンティーク・ラインナップ・コンプリート Vantory(バントリー)

フタが机に!? 工夫がスゴすぎるStyling by RIW

ハイエースやNV350キャラバン、NV200バネットなどをベースに、多彩なキャンピングカーを数多く手がける株式会社アネックス。そこが手がけるStyling by RIW(リュウスタイル)の遊び心満載の車内に注目だ。まず床面にはバスのフロアにも使われる素材を使用し、土足でガンガン使ってもビクともしないうえ、お手入れもかなり楽だという。

その一方で、テーブルなどの各種家具には天然木を集成材を使用。“木”本来の雰囲気を生かすのはもちろんのこと、経年変化で変わる木の表情をも楽しめる仕様となっている。

>>バスと同じ素材!? 頑丈すぎる床がコレだ

個人的にもっとも注目なのが、このテーブルだ。実はコレ、普段はラゲッジスペースにある床下収納スペースのフタとして使用し、いざとなれば机にもなってしまうという優れモノ。

キャンピングカーオーナーのほとんどは、BBQなどを旅先で楽しむべく、別に机を積載する人も多いという。

が、なるべくならば荷物を少なくしたいというのが本音。コレならば元々床下収納のフタなので荷物が多くならないというのも大きな魅力である。

>>コレはマジで便利!工夫がスゴすぎる車内はコチラ

旅先で宴会!? 超落ち着いた車内が魅力のアンティーク・ラインナップ・コンプリート Banquet

続いてご紹介するのは、ハイエースカスタマイズのスペシャリスト「T-Style Autosales」が手がけアンティーク・ラインナップ・コンプリート Banquet(バンケット)だ。

ベースモデルは、ハイエース ワイドボディのワゴンGLで、元々10人乗りの4列シート(2+2+2+4)を備えるモデルながら、3列目を取り外し、8人乗り(2+2+4)に変更されている。

そのため2列と4列目の間がとにかく広いのだ。そのスペースにマットを敷けば、大型ベッドに様変わりするほど。

あるいは、ベッドマットを敷かずにコの字型のテーブル的にもレイアウトできるなど、その場面場面で好みのスタイルに変えられるのだ。

>>自宅のベッドより快適かも……デカすぎるベッドがコレだ

ベンチにも机にも変身するベッドに注目!アンティーク・ラインナップ・コンプリート Vantory(バントリー)

最後にご紹介するのも「T-Style Autosales」が手がける「アンティーク・ラインナップ・コンプリート Vantory(バントリー)」だ。最大の特徴は木の温かみを全面に押し出した、落ち着いた雰囲気の内装である。しかも限られたスペースのなか、かなり知恵を絞った工夫が施されている点だ。

それは普段はベッドマットとして使用するのだが、車外に持ち出せばテーブルやベンチとして大変身するトランクキッドだ。

先ほどご紹介したベンケットと同じく、一つのパーツで2つの役割を。そう、一つで2度美味しい的な役割を果たしてくれるのだ。

>>ベッドが椅子に、机に変身!? 変幻自在のベッドキットはコチラ

今回はハイエースベースのキャンピングカーを3台ご紹介したが、いかがだっただろうか?

1つめのStyling by RIWのフタが机に変身するカラクリには脱帽モノだったし、T-Style Autosalesの2台もアイディアと工夫が詰まっていた。

この3台だけでもそれぞれ個性があり、キャンピングカー人気も納得だ。今後、どんな工夫を凝らしたキャンピングカーが登場するのか楽しみだ。

【筆者:MOTA編集部】

トヨタ/ハイエース
トヨタ ハイエースカタログを見る
新車価格:
288.6万円536.8万円
中古価格:
30万円854.3万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 蛍雪の宿 尚文
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ ハイエースの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハイエースのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハイエースの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハイエースの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハイエースのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる