[試乗]デビュー11年目の更なる進化/トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート(3/5)

[試乗]デビュー11年目の更なる進化/トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート
[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎 [試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎 [試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎 [試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎 画像ギャラリーはこちら

エスティマ独特の美しいフォルムを生かすデザイン変更

[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎

さて、新型エスティマの印象だが、外観では、マイナーチェンジながらもフロントマスクのデザインが大きく変わった。グリルが大きな口を開いたように見える形状は賛否両論だが、開発者は「女性ユーザーも意識した」と言う。

エスティマはヴェルファイア&アルファードほど押し出し感が強くないので、もともと奥様など女性層のウケが良い。そこで面の美しさを演出することも視野に入れ、この形に仕上げたと話す。

また従来型のボディは、真横から見ると前側が垂れ下がった印象だったので、顔を少し持ち上げて水平基調に近づける効果も狙った。

>>トヨタ新型「エスティマ」画像ギャラリー

驚くほど手間のかかった2トーンカラー・・・ズバリ買いだ!

[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎

ボディカラーでは2トーンを設定している。上下に塗り分けるのではなく、塗装工程を2回繰り返す重ね塗りをした。例えばレッド×ブラックの2トーンなら、一度全てを赤色を塗った後に改めて黒色を屋根のみならず、ドアを開いた時などに見える部分も塗るという手間の掛けようだ。

したがって2トーンはボディ外板の窓から下側のみがレッドやダークシェリー、アイスチタニウムといった色彩になる。

通常なら赤色に塗装したボディ下部をマスキングし、ルーフだけを黒色で塗ったほうが面積も狭く効率的。しかし、エスティマの車両組立現場から、この手間が掛かる工程で「色の境目もなく、内装色と合わせることで質感を高めたい」と逆提案されたとのこと。 豊田章男社長の「もっといいクルマつくろうよ」がトヨタ全体に根付いてきた一つの結果だろう。

2トーンボディカラーの価格アップは5万4000円だから、多くの手間を要する割に高くない。販売店に契約から納車までの期間を尋ねると、ノーマルエンジンは1.5か月、ハイブリッドは2か月、2トーンボディカラーはさらに各1か月ほど長引くという。

インパネレイアウトを変更し質感を向上

[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎

内装ではインパネが見直され、カーナビやエアコンのスイッチが収まる周辺の質感を高めた。光沢のあるブラックのパネルは流行に沿っている。

居住性は従来型と同じだ。1/2列目のシートは快適だが、3列目は床と座面の間隔が不足して、膝が持ち上がりやすい。3ナンバーサイズの背が高いミニバンでは窮屈に感じる。

その代わり3列目が床下格納だから、2列状態ではスッキリと広い荷室になる。

開発者によると「エスティマの場合、3列目を畳んで荷室として使うお客様が多い。居住性を重視する場合はヴェルファイア&アルファードを選ぶ傾向が強い」とのことだ。

[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ エスティマハイブリッドの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ エスティマハイブリッドのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ エスティマハイブリッドの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ エスティマハイブリッドの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ エスティマハイブリッドのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる