[試乗]デビュー11年目の更なる進化/トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート(4/5)

[試乗]デビュー11年目の更なる進化/トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート
[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎 [試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎 [試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎 [試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎 [試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎 [試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎 [試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎 [試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎 [試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎 [試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎 [試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎 画像ギャラリーはこちら

パフォーマンスダンパー追加で正確性を増した操舵感

[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎

気になる運転感覚について確認すべく、まず2.4リッターのノーマルエンジン車を試乗してみることにした。

動力性能は従来と同じだが、足まわりが刷新され、ショックアブソーバーの減衰力やバネレートも見直した。

ボディの前側にはフロントパフォーマンスダンパーを装着(一部の仕様は3万2400円でオプション設定)。テールランプにはエアロスタビライジングフィンも加えている。

試乗車のアエラス スマートにもフロントパフォーマンスダンパーがオプション装着され、操舵感は正確性を高めた。従来型では舵角が小さな領域の反応が曖昧だったが、改良後は車両が自然な印象で向きを変える。後輪の接地性も相応に高く、危険回避時でも不安がない。

18インチタイヤはやや過剰

[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎

ただし乗り心地は硬い。タイヤサイズは18インチ(225/50R18)で、従来型に比べれば少し柔軟だが、依然として路上のデコボコを伝える。

特に2列目シートに座ると、床面周辺の振動が大きく、Lサイズのミニバンとしてはもう少しマイルドにして欲しいと感じた。

アエラス スマートに採用された合成皮革もいま一歩だ。女性ユーザーを意識して見栄えと肌触りに気を使ったが、体が滑りやすく着座姿勢が安定しにくい。ファブリックのシート生地の方が摩擦が高く、機能的は優れているだろう。

ちなみに18インチタイヤの銘柄はダンロップ・SPスポーツ270で、指定空気圧は前後輪ともに230kPa。見栄えのカッコ良さを重視しないなら、操舵感をもう少し穏やかにしても乗り心地を高めたい。

>>トヨタ新型「エスティマ」画像ギャラリー

[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎

あえて17インチにサイズダウンしてみるのも手

[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎[試乗]トヨタ 新型「エスティマ」「エスティマハイブリッド」(2016年6月マイナーチェンジモデル) 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎

そこで注目されるのが、エスティマのノーマルエンジン搭載車に用意されたタイヤの「インチダウン」だ。17インチ(2WDは215/55R17)&アルミホイール(価格は2万7000円の減額)、16インチ(215/60R16)&スチールホイール(9万8280円の減額)に変更できる。

このうち16インチは、購入後に自らの選択でホイールを交換しインチアップなどのドレスアップをするユーザーに対し便宜を図ったオプション設定だ。いっぽう17インチは、主にスタッドレスタイヤの履き替えやすさを意識したもので、18インチに比べて価格が安く設定されている。このサイズであれば、乗り心地が柔軟になる可能性がある。

動力性能は以前と同じ。ミニバンでは平均的な性能だが、実用回転域の駆動力が高く、多人数乗車でも力不足は感じない。登坂路ではノイズが少し耳障りだが、許容範囲に収まる。

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おちあいろう

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ エスティマハイブリッドの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ エスティマハイブリッドのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ エスティマハイブリッドの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ エスティマハイブリッドの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ エスティマハイブリッドのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる