【2022年】トヨタ 新型クラウンクロスオーバーの2.4Lターボはスポーティなドライビングが体感できる! 2つのエンジンを試してオススメするのは2.5Lの「Gアドバンスト」だ

  • 筆者: 渡辺 陽一郎
  • カメラマン:堤 晋一/望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
トヨタは2022年7月15日(金)、16代目となる新型クラウンの4つのボディタイプを発表しました。そのうちの1つであるクラウンクロスオーバーは2種類のエンジンタイプを用意します。

今回は2.4Lターボのハイブリッドを試乗。2.5Lハイブリッドとの走りの違いや価格、燃費面から買い得グレードをカーライフ・ジャーナリストの渡辺陽一郎さんが詳しく解説します。

目次[開く][閉じる]
  1. 新型クラウンクロスオーバーのボディサイズ、エンジン、デザイン
  2. 新型クラウンクロスオーバーのエンジン
  3. 新型クラウンクロスオーバーの走行性能、馬力
  4. 新型クラウンクロスオーバーの燃費、価格、オススメグレード、納期

新型クラウンクロスオーバーのボディサイズ、エンジン、デザイン

最近は新型車を見ても、新鮮で驚く機会が減りました。しかしトヨタ 新型クラウンは違います。従来型は保守的な上級セダンでしたが、新型は独立したトランクスペースを備えるセダンボディを踏襲しながら、外観はSUV風に大きく変更されました。駆動方式も、従来の後輪駆動から、前輪駆動ベースの4WDに変化しています。

車名は「クラウンクロスオーバー」です。ボディサイズは全長は4930mm、全幅は1840mm、全高は1540mm。パワーユニット(動力源)はハイブリッドのみで、直列4気筒2.5Lエンジンをベースにしたタイプと、2.4Lターボの2種類があります。

今後はクラウンスポーツ/エステート/セダンの3種類が追加され、クロスオーバーも含めて「クラウンシリーズ」を構成します。この内、セダンだけは、従来型のプラットフォームを使った後輪駆動になります。

クラウンシリーズの第1弾となるクラウンクロスオーバーは、2022年7月15日に発表され、7月22日に解説記事、10月6日には直列4気筒2.5Lハイブリッドの試乗記も掲載しました。

今回は生産や納車の開始が少し遅れた2.4Lターボのハイブリッドを試乗しています。グレードはクロスオーバーRSアドバンストです。この記事では2.4Lターボと2.5Lの違い、新型クラウンクロスオーバーの買い得グレードを考えてみましょう。

新型クラウンクロスオーバーのエンジン

2.4Lターボのハイブリッドは、2.5Lハイブリッドとはメカニズムが異なります。2.5Lは定番のTHS(トヨタハイブリッドシステム)IIですが、2.4Lターボは「デュアルブーストハイブリッド」と呼ばれます。

デュアルブーストハイブリッドでは、前輪側には、エンジン/クラッチ/フロントモーター/クラッチ/6速AT/ホイールの順番で配置されています。通常の走行では、2組のクラッチを締結させて、エンジンの駆動力をホイールに伝えます。

エンジンを停止させ、走行中に充電されたバッテリーの電力でモーター走行する時は、エンジンとフロントモーターの間に置かれたクラッチを離します。フロントモーターと6速ATの間にあるクラッチは締結され、モーターの駆動力を前輪に伝えます。

そして後輪にもモーターや制御機能を搭載して、4WD(E-Four)を成立させました。このE-Fourは、2.5Lハイブリッドにも採用されていますが、2.4Lターボでは、後輪用インバーターを別個に搭載してeアクスルを構成しています。

その目的は動力性能の向上です。開発者は「従来からのTHSIIでは、動力性能を向上するには、エンジンと併せてモーターもパワーアップする必要があります。その点でデュアルブーストハイブリッドなら、性能を高めやすいです」と説明しました。

新型クラウンクロスオーバーの走行性能、馬力

このことはクラウンクロスオーバーRSアドバンストを試乗すると良く分かります。ターボは低回転域から過給を開始して、発進直後にアクセルペダルを軽く踏み増しただけでも、速度を着実に上昇させます。

この駆動力が沸き上がる感覚は、ノーマルタイプのガソリンエンジンに置き換えると、排気量にして約4Lの印象です。エンジンとモーターの駆動力を合計したシステム最高出力も349馬力に達します。

ちなみに2.5Lハイブリッドの動力性能は、ノーマルエンジンでは2.8L前後の感覚で、システム最高出力は234馬力です。2.5Lハイブリッドでも性能的な不満はありませんが、2.4Lターボは十分な余裕があります。

エンジンノイズも異なります。2.5Lハイブリッドで登坂路に差し掛かると、アクセルペダルを深く踏み増します。頻繁にあることではありませんが、エンジンノイズが高まって粗さを感じます。その点で2.4Lターボなら、アクセルペダルを深く踏まなくても、必要な登坂力を得られます。

以上のように2.4Lターボのハイブリッドは、エンジンパワーの余裕で高い性能を得ています。相対的にモーターの存在感は控え目です。逆に2.5Lハイブリッドは、エンジンの影響力は小さく、モーター駆動の特性が明確に表現されています。

また2.4Lターボのハイブリッドは、前述の通り6速の有段ATを搭載するため、アクセル操作による速度の微調節も行いやすいです。加速時には、エンジン回転が上下しながらシフトアップするので、スポーティな運転感覚を得られます。

2.4Lターボでは、直噴エンジンを意識させる粗いノイズが稀に聞こえますが、動力性能が高いためにエンジンの負荷は小さいです。従ってノイズの音量は抑えられ、基本的に静かな運転が行えます。

2.4Lターボの車両重量は、2.5Lハイブリッドに比べて100kg以上重いです。走りの軽快感は乏しいですが、重厚な印象は強まります。

また2.4Lターボには、2.5Lと違って、ショックアブソーバーの減衰力を走行状態に応じて変化させるAVS(アダプティブバリアブルサスペンションシステム)も標準装着されています。ドライブモードセレクトをコンフォートに合わせると、足まわりの設定が2.5Lハイブリッドよりもソフトになり、路上のデコボコを柔軟に吸収します。引き締まり感は薄れますが、街中を時速50km以下で走る時などは、少々硬さを感じるものの快適性が高まります。

そして2.4Lターボのハイブリッドでは、後輪側のモーターを2.5Lよりも強力にしました。そのために急なカーブが続く峠道を走る時などは、相対的に後輪の駆動力が高まり、前輪側の負担を軽減します。走行状態によっては、2.5Lハイブリッドよりも車両が内側へ向きやすく、スポーティで運転しやすく感じます。

このように2.4Lターボは、2.5Lに比べて動力性能が高く、なおかつ良く曲がります。走行性能を高めた割には乗り心地も悪化せず、ノイズは小さいです。

新型クラウンクロスオーバーの燃費、価格、オススメグレード、納期

従って走りの満足度は高いですが、燃費はハイブリッドの割に良くないです。ターボ車とあって、プレミアムガソリン(ハイオク)を使ってWLTCモード燃費は15.7km/Lです。燃料価格を1リッター当たり170円/Lで計算すると、1kmの走行コストは10.8円です。

2.5Lハイブリッドは、160円/Lのレギュラーガソリンを使ってWLTCモード燃費が22.4km/Lですから、1kmの走行コストは7.1円です。従って2.4Lターボの燃料代は、2.5Lの1.5倍に達します。

2.4Lターボは価格も高いです。RS(605万円)も装備が充実していて、本革シートを標準装着しており、その内容は2.5LではGレザーパッケージ(540万円)に近いです。価格を比べるとRSが65万円高いですが、RSには前述のAVSなども標準装着され、ハイブリッドシステムの正味価格差は57万円です。

ほかのトヨタ車では、ノーマルエンジンとハイブリッド(THSII)の価格差を35〜40万円に設定する車種が多く、ハイブリッドシステムの上級化で価格が実質57万円増えるのは、かなり高額です。

しかも燃料代も1.5倍に増えますから、推奨グレードは2.5Lハイブリッドを搭載するGアドバンスト(510万円)です。2.4Lターボは、全車に本革シートを装着するなど装備を充実させたこともあり、価格が高騰しました。今後は装備がGアドバンストに近い2.4Lターボ搭載車を560万円前後で設定すると良いでしょう。

なおクラウンは、グレードによって納期が異なるので注意が必要です。販売店は以下のように説明しました。

「グレード名にアドバンストの付くタイプは納期が比較的短く、2.5Lなら約7か月です。2.4LターボのRSアドバンストは約11か月を要します。外装色がプレシャスホワイトパールになると、さらに3か月長いです。アドバンスト以外のグレードは納期が未定です」。つまり実質的に、アドバンストの付かないグレードは選べません。納期は不安定で延びることもあるため、商談する時には確認しましょう。

【筆者:渡辺 陽一郎 カメラマン:堤 晋一、望月 達也(MOTA編集部)】

トヨタ/クラウン
トヨタ クラウンカタログを見る
新車価格:
489.9万円739.3万円
中古価格:
45万円697.6万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 寛ぎの諏訪の湯宿 萃 sui-諏訪湖

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ クラウンの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ クラウンのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ クラウンの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ クラウンの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ クラウンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる