新型カローラクロス登場で大人気車種も戦々恐々!? 新型ヴェゼルやヤリスクロスは販売台数を落とす可能性も

画像ギャラリーはこちら
まもなく発売が予定されているトヨタ 新型カローラクロス。カローラシリーズ初のSUVモデルであることに加え、224万円〜というお手頃な価格設定も話題を呼んでいる。注目度が高いだけに大ヒットとなりそうだが、その影で販売台数を落としてしまうクルマも存在するハズだ。そこで今回は新型カローラクロスの発売で影響を受けるクルマたち。そして今後のSUV勢力図の変遷を考えてみたい。結論から言えば大人気のヴェゼルやヤリスクロスまでもが影響を受け、カローラクロスが大人気となるという結論に至った。
目次[開く][閉じる]
  1. 新型カローラクロス登場で勢力図は大きく変わる見込み
  2. ライバル車も戦々恐々!? 大人気の新型ヴェゼルへも影響大か?
  3. トヨタのSUVにも影響が! ヤリスクロス人気が一旦落ち着く可能性大
  4. カローラファミリーの勢力図も変わる!? カローラクロスは扱いやすさが最大の魅力
  5. カローラクロスの投入でトヨタ一強時代に拍車がかかる
カローラツーリングの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

新型カローラクロス登場で勢力図は大きく変わる見込み

しばらく前までは手薄なところも感じた、日本におけるトヨタのSUVのラインナップ。だが、ここ2年でRAV4の復活、ライズ、ヤリスクロスに加え、2021年9月14日(火)には新型カローラクロスも投入され、怒涛の勢いを感じる。

ここでは新型カローラクロスの投入によるトヨタ以外、トヨタ社内への影響を考えてみた。

>>新型カローラクロスの発売日と衝撃の価格が判明! 9月14日発売で価格は199万9000円から! しかも日本仕様はまさかの“ヤリスクロス顔”!?

ライバル車も戦々恐々!? 大人気の新型ヴェゼルへも影響大か?

新型カローラクロスはオーソドックスな小さ目のミドルSUV、かつ価格が安いだけに影響は大きいと考えている。

CX-30はカローラクロスの登場で厳しい戦いに

具体的に影響を受けそうなのは、まずマツダ CX-30だ。新型カローラクロスはCX-30よりキャビンやラゲッジスペースが広いと思われるため、CX-30が受ける影響はそれだけでも大きいだろう。

さらにカローラクロスは価格も224万円〜295万9000円と、CX-30に対し全体的に安く、CX-30の良さはあるにせよ厳しい戦いとなりそうだ。

また、カローラクロスより一車格下のコンパクトSUVに対する影響も小さくないだろう。

大人気のホンダ ヴェゼルと日産 キックスにも影響! カローラクロスの価格設定が絶妙すぎる

具体的に影響を受けそうなのは日産 キックスとホンダ ヴェゼルである。それぞれの価格は275万円の日産 キックス、そしてホンダ 新型ヴェゼルは227万9200円〜287万8700円という価格設定だ。キックスにはないガソリン車はヴェゼルの方がカローラクロスより高く、キックスとヴェゼルのハイブリッドはカローラクロスと大差はない。

となれば、使い方などによりサイズが大きいクルマを嫌う人もいるにせよ、車格が上のクルマはいろいろな意味で余裕があるのは魅力である。そう考えれば、キックスとヴェゼルもカローラクロスの影響を受けるだろう。ただ、ヴェゼルはすでに大量のオーダーを抱えており、この点は間一髪セーフの幸運だったかもしれない。

>>日産 キックス e-POWERがデビュー後1年経過! ウリはヤリスクロスやヴェゼルに比べ爽快な走りの性能と広い室内だ

トヨタのSUVにも影響が! ヤリスクロス人気が一旦落ち着く可能性大

トヨタ社内に対しても影響はあるにせよ、トヨタ以外ほどではないと考える。

というのもトヨタの小さめのミドルSUVはクーペルックで個性が強い、悪く言えば万人向けではないC-HRだけだったため、同じ車格のRAV4とハリアーの関係のようにカローラクロスは必要な存在だったと思う。

RAV4登場以来販売台数を落としているC-HR! さらに下落する可能性大

C-HRは昨年あたりからRAV4の影響もあったのか、販売台数は登場当初に比べるとだいぶ落ち、カローラクロスの登場でさらにさらに落ちそうだ。

しかし、C-HRはこのことよりもむしろ万人向けではないモデルながら2019年まで月5000台の販売台数をキープしていたことの方に凄さを感じる。

価格帯が近いヤリスクロスは車内が広いカローラクロスに負ける!?

また、トヨタ社内のSUVではヤリスクロスとRAV4への影響もありそうだ。

ヤリスクロスに対しては、ヤリスクロスの価格は最上級グレードZで、221万円(1.5リッターガソリンFF)、ハイブリッドモデルが258万4000円と、カローラクロスと大きくに変わらず、前述のキックス、ヴェゼル同様の理由でカローラクロスを選ぶ人も出るだろう。

>>人気のヤリスクロス、選ぶならハイブリッドそれともガソリン!? 価格差を燃費で埋めるのは困難、それでも将来の価値を考えればハイブリッドを推す

ボディサイズの大きいRAV4も割安なカローラクロスにユーザーが流れる!?

RAV4に対しては、RAV4のベーシックグレードとなるXは2リッターガソリンFF(274万3000円)、2.5リッターハイブリッドFF(343万3000円)、2.5リッターハイブリッド4WD(359万6000円)と、カローラクロスとの価格差は大きい。

しかし、カローラクロスが登場すると「RAV4より価格が安く、ボディサイズもちょうどいいカローラクロスの方がいいか」という判断をする人もそれなりに出るかもしれない。

>>ワイルド系SUV「RAV4」は今こそ買い時! 個性強めなタフスタイルは全く色あせず 値引きも拡大し購入条件も揃う

カローラファミリーの勢力図も変わる!? カローラクロスは扱いやすさが最大の魅力

さらに考えてみると、カローラファミリー内でもステーションワゴンのカローラツーリングとのバッティングも起こるかもしれない。というのも、セダンのカローラとカローラツーリングは日本専用ボディにしてくれたのは良かったのだが、キャビンが車格の割に狭く、前席への乗降性が悪いという弱点がある。

この弱点がカローラクロスはかなり改善されると思われるのに加え、カローラツーリングの価格はカローラクロスと同様のSグレードで比べてみると、1.8リッターガソリンFFが221万6500円、1.8リッターハイブリッドFFは265万1000円と、またまた224万円〜295万9000円という価格設定のカローラクロスと大きな差はないのだ。

そうなると、「流行りのSUVの方がいい」といった理由で、カローラツーリングからカローラクロスに流れる人も出そうだ。

ただ、車内でのバッティングがあっても、他社からカローラクロスに来る人を考えたら、トヨタ全体としてはプラスになりそうなのが、トヨタの凄いところだ。

そのため、10月以降はヤリスファミリーとカローラファミリーによる、販売台数首位争いが始まりそうだ。

カローラクロスの投入でトヨタ一強時代に拍車がかかる

カローラクロスによる影響を考えながら思い出したのが、リーマンショック直後の2009年に1.8リッターハイブリッドで205万円からという価格により、トヨタ社内、他社ともに大きな影響を与えたプリウスショック(3代目モデル)である。

カローラクロスによる影響は3代目プリウスほどではないにせよ、それなりにあると思われ、トヨタの独り勝ちはさらに加速しそうだ。トヨタ以外のメーカーには、元気なトヨタの牙城を崩すのは難しいにせよ、そうならないよう頑張ってほしい。

【筆者:永田 恵一】

トヨタ/カローラツーリング
トヨタ カローラツーリングカタログを見る
新車価格:
201.3万円299.8万円
中古価格:
166.5万円421万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 別邸 仙寿庵

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ カローラツーリングの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラツーリングのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラツーリングの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラツーリングの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラツーリングのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる