今乗ってもオシャレな国産ステーションワゴン3選! 積載性に優れ走行性能も高いモデルを紹介

画像ギャラリーはこちら
かつては様々なモデルで賑わっていたが、現在はSUVやミニバンといったモデルが人気を博し、冬の時代ともいえる国産ステーションワゴン。積載性に優れ、走行性能も高い魅力的なジャンルながら近年では新型車のラインナップも減ってきている。いつかまた人気が再燃することに期待しながら、ここでは過去に登場した国産ステーションワゴン3選をお届けする。
目次[開く][閉じる]
  1. アメリカの風を感じさせてくれる「ホンダ 初代アコードワゴン」
  2. 「カロゴン」の愛称で親しまれた「トヨタ 3代目カローラツーリングワゴン」
  3. R33型GT-Rのエンジンを搭載したモデルもあった「日産 初代ステージア」

アメリカの風を感じさせてくれる「ホンダ 初代アコードワゴン」

最初に紹介するのは、1991年4月に発売されたホンダ 初代アコードワゴン。スタイリッシュなフォルムと高品質のインテリア、広々とした居住空間と実用性のある充実装備、ゆとりのある走りを実現したモデルだ。

コンセプトの立案からデザイン、設計、開発、そして生産までを一貫してアメリカで行い、日本には輸入販売されていた。

なめらかでエアロダイナミックなフォルムを基本に、重厚感と実用性に優れた、より洗練されたエクステリアデザイン。テールゲートはバンパーの上部から大きく開口させ、重い荷物や大きな荷物などの積み降ろしが容易にできるよう設計されいる。

インテリアは、継ぎ目がなく一体化した高品質なインストルメントパネルを採用し、シート表皮には上質な風合いを醸し出す座り心地の良いモケット地を採用するなど高い質感を誇る。

「U.S.アコードワゴン」と称され、アメリカの風を存分に感じさせてくれる初代アコードワゴンは、高級感のある装備と開放的な室内空間、ゆとりある走りで高い人気を誇った。

「カロゴン」の愛称で親しまれた「トヨタ 3代目カローラツーリングワゴン」

2台目に紹介するのは、1991年9月に登場したトヨタ 3代目カローラツーリングワゴン。

3代目カローラツーリングワゴンは、先代からボディがひと回り大きくなり、グレード感が向上。商用車から一般車へとイメージを一新させた。当時のステーションワゴンブームからカローラワゴンは「カロゴン」の愛称で親しまれた。

そんな可愛らしい愛称で親しまれたカローラツーリングワゴンだが、マイナーチェンジで1996年5月に登場したグレード「BZツーリング」は、3本スポークのステアリングを備え、MTを6速化。エンジンは4AーGE型5バルブツインカム(165ps/16.5kg・m)を搭載するなど、スポーティな一面もあった。

R33型GT-Rのエンジンを搭載したモデルもあった「日産 初代ステージア」

最後に紹介するのは、1990年代のステーションワゴンブームの中、1996年に登場した日産 初代ステージア。R33スカイラインおよびC34ローレルのプラットフォームを使用してステーションワゴン化。駆動方式はFRもしくは4WDを設定していたモデルだ。

エンジンにも全車RB系の直列6気筒エンジンを搭載し、1997年にはオーテックジャパンから、R33型スカイラインGT-RのRB26DETTエンジン(280ps)やドライブトレイン、リアサスペンションを流用した「260RS」が登場、走り系のワゴンとして人気を博した。

また、ユーザーの中には、初代ステージアがボディもR33スカイラインおよびC34ローレルとほぼ共通のため、GT-Rの顔をスワップさせた「スカージアGT-R」といった最速ステーションワゴンを製作する猛者もいた。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

ホンダ/アコードワゴン
ホンダ アコードワゴンカタログを見る
新車価格:
224.4万円278.3万円
中古価格:
29.8万円153.5万円
トヨタ/カローラツーリング
トヨタ カローラツーリングカタログを見る
新車価格:
201.3万円308.3万円
中古価格:
143万円370万円
日産/ステージア
日産 ステージアカタログを見る
新車価格:
294.8万円429万円
中古価格:
29.8万円668万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 名泉鍵湯 奥津荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ アコードワゴンの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ アコードワゴンのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ アコードワゴンの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ アコードワゴンの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ アコードワゴンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる