人気のヤリスクロス、選ぶならハイブリッドそれともガソリン!? 価格差を燃費で埋めるのは困難、それでも将来の価値を考えればハイブリッドを推す

画像ギャラリーはこちら
トヨタのコンパクトSUV「ヤリスクロス」が人気だ。2021年上半期(2021年1月~6月)で約5万2590台、月平均でおよそ8800台を売っている。コンパクトで扱いやすいサイズに加え、低燃費なのも大きな魅力。なかでもハイブリッドモデルは27.8km/L~30.8km/L(FF)と圧倒的だ。いっぽう価格の安さも魅力のガソリンモデルも18.8km/L~20.2km/L(FF)で、こちらも十分魅力的。果たしてどちらを選ぶべきなのだろうか。
目次[開く][閉じる]
  1. ヤリスクロス、ガソリンモデルとハイブリッドモデルの価格差はおよそ37万円
  2. ヤリスクロス、ガソリン車とハイブリッド車の価格差を燃費差で埋めるには14.5万キロ走らないとならない
  3. エコカー減税などでハイブリッドは8万円以上優遇! 下取り価格も“環境に配慮したエコカー”のハイブリッドが有利だ

ヤリスクロス、ガソリンモデルとハイブリッドモデルの価格差はおよそ37万円

トヨタ ヤリスクロスには、価格の安い直列3気筒 1.5リッターガソリン車と、燃費に優れたハイブリッド車が設定され、駆動方式はそれぞれFF(前輪駆動)と4WD(四輪駆動、ハイブリッドはE-Four)が用意されている。

基本グレードは3タイプあり、価格差は同グレード間で37万4000円となっている。

ヤリスクロス ガソリンモデル(FF)のカタログ燃費は18.8km/L~20.2km/L[WLTCモード燃費、以下同]。これに対し、ヤリスクロス ハイブリッド(FF)のカタログ燃費は27.8km/L~30.8km/Lとなる。リッターあたり9~10kmの差が生じる。

この燃費差を大きいと感じるか、意外とガソリン車も燃費が悪くないなと感じるかはひとそれぞれかもしれない。ただ多くの方が気になるであろう点は、37万4000円という価格差が、果たして燃費差で埋められるのだろうかという点だ。

ヤリスクロス、ガソリン車とハイブリッド車の価格差を燃費差で埋めるには14.5万キロ走らないとならない

あらためて、トヨタ ヤリスクロスのガソリン車とハイブリッド車の価格差37万4000円を、リッターあたり9~10kmの燃費差で埋めることが出来るかどうかを調べてみよう。今回は最上級グレード「Z」のFFモデルで比較してみた。

ガソリン代を150円と想定した場合の燃料代を、カタログ燃費を目安に計算してみよう。あくまでもWLTCモード燃費を基準とした机上の計算だから、リアルワールドでの実燃費に基づく厳密なものでない参考値である点は、念のため先にお伝えしておく。

5万キロを走行した際の燃料代は、ガソリン車39万9836円に対し、ハイブリッド車26万9784円。10万キロを走行した際の燃料代は、ガソリン車79万7872円に対し、ハイブリッド車26万9784円となる。

10万キロ走行しても、単純なガソリン代の差額は25万8304円で、およそ37万の価格差を埋めるまでには至らない。この先14万5000キロを走行して、ようやく差額37万4541円という計算になる。

エコカー減税などでハイブリッドは8万円以上優遇! 下取り価格も“環境に配慮したエコカー”のハイブリッドが有利だ

上に記したヤリスクロスのガソリン車とハイブリッド車の違いは、ガソリン代とカタログ燃費をシンプルに比較したものである。実際にはハイブリッド車の場合、購入時に優遇されるポイント、いわゆるエコカー減税がある。

まず購入時の自動車重量税の優遇は、ハイブリッド車の場合およそ2万2500円。さらに環境性能割(従来の自動車取得税に代わるもの)で約6万3400円の優遇も得られる。

したがって、ヤリスクロス ハイブリッド購入時の諸費用からは、およそ8万5900円が節約できることになる。37万4000円の価格差が、29万円弱に縮まるのだ。これなら10万キロ少々の燃料代の差額で価格差は回収出来ることになる。

ヤリスクロスのガソリン車は、小型軽量なボディと相まってなかなか軽快に良く走る。これまでのガソリン車と比べれば、実燃費もかなり良好だ。

これに対しヤリスクロスのハイブリッド車は、ガソリン車を上回る低燃費性能に加え、モーターによる静かでスムーズな走りを体感出来る点も大きな優位点となる。2つを悩んでいるなら、まずはディーラーで試乗車を乗り比べてみると良いだろう。

将来のリセールバリューもハイブリッド車に追い風

環境問題の意識の高まり、そしてカーボンニュートラルに向けた取り組みの強化もあり、今後ますますハイブリッド車の需要は増していく。5年後には「まだガソリン車乗ってるの?」と言われる世界へ様変わりしているかもしれない。

そう考えるとこの先5年後、7年後の中古車価格(リセールバリュー)、つまりハイブリッド車の下取り価格はガソリン車より確実に有利な条件となるだろう。

およそ37万円の価格差は、確かに当初の支払い時に大きな差として負担となる。しかし長いスパンで考えれば、ハイブリッドを選ぶのが賢い選択となりそうだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:TOYOTA]

>>燃費&コスパ比較! トヨタ 新型ヤリスクロス ガソリン vs ハイブリッド 比較一覧表はこちら[画像ギャラリー]

トヨタ/ヤリスクロス
トヨタ ヤリスクロスカタログを見る
新車価格:
179.8万円281.5万円
中古価格:
179.6万円456万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルハーヴェスト軽井沢

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスクロスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスクロスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスクロスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスクロスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる