トヨタ アクア 試乗レポート(後編)/河口まなぶ(1/2)

トヨタ アクア 試乗レポート(後編)/河口まなぶ
トヨタ アクア(AQUA)フロントイメージ[Sグレード・クールソーダメタリック] トヨタ アクア(AQUA)リアイメージ[Sグレード・クールソーダメタリック] トヨタ アクア(AQUA)フロントイメージ[Sグレード・クールソーダメタリック] トヨタ アクア(AQUA)リアイメージ[Sグレード・クールソーダメタリック] 画像ギャラリーはこちら

アクアはこれまでのトヨタ車とは“何かが違う”

トヨタ アクア(AQUA)走行イメージ[Sグレード・クールソーダメタリック]

何かが違う・・・

なんて書いたら悪いことみたいに思えるけれど、実はこれ、僕がトヨタ アクアに乗って最初に感じたこと。見て触れて乗って走らせてまず感じた事は、そのひと言に集約される。

でも、安心して欲しい。なぜならそれは良い意味での話。

そう、アクアはこれまでの(僕が好きじゃなかった)トヨタ車とは確実に何かが違っていたし、何かが変わりつつある1台。そんな風に思えたのだ!

フランス車の香りが漂うアクアのエクステリア

トヨタ アクア(AQUA)イメージ[Sグレード・クールソーダメタリック]

ひと目見て、デザインが良くなってきたと思えた。もちろんそれはヴィッツに比べて背が低いことで、相対的にワイドに見えることもある。

しかしディテールまで含めてどこか好印象を覚える。いやよく見れば、アクアを構成するディテールはこれまでのトヨタにも在ったもの。にも関わらず好印象を生むのは、ほんの少しのバランスの違いだろうか?

そして同時に感じたのは、ラテンのコンパクトの香りがする、ということ。

トヨタのバッジを変えたら、まるでシトロエンとかルノーとかにあっても不思議じゃない・・・失礼な言い方かもしれないが、そのくらい良く思える。

トヨタ アクア(AQUA)フロントイメージ[Sグレード・クールソーダメタリック]トヨタ アクア(AQUA)リアイメージ[Sグレード・クールソーダメタリック]トヨタ アクア(AQUA)フロントイメージ[Sグレード・クールソーダメタリック]トヨタ アクア(AQUA)リアイメージ[Sグレード・クールソーダメタリック]トヨタ アクア(AQUA)サイドイメージ[Sグレード・クールソーダメタリック]
トヨタ アクア(AQUA)フロントイメージ[Sグレード・シトラスオレンジマイカメタリック]トヨタ アクア(AQUA)リアイメージ[Sグレード・シトラスオレンジマイカメタリック]トヨタ アクア(AQUA)フロントイメージ[Sグレード・シトラスオレンジマイカメタリック]トヨタ アクア(AQUA)リアイメージ[Sグレード・シトラスオレンジマイカメタリック]トヨタ アクア(AQUA)サイドイメージ[Sグレード・シトラスオレンジマイカメタリック]
トヨタ アクア(AQUA)フロントイメージ[Gグレード・ライムホワイトパールクリスタルシャイン]トヨタ アクア(AQUA)リアイメージ[Gグレード・ライムホワイトパールクリスタルシャイン]トヨタ アクア(AQUA)フロントイメージ[Gグレード・ライムホワイトパールクリスタルシャイン]トヨタ アクア(AQUA)リアイメージ[Gグレード・ライムホワイトパールクリスタルシャイン]トヨタ アクア(AQUA)サイドイメージ[Gグレード・ライムホワイトパールクリスタルシャイン]
トヨタ アクア(AQUA)インパネ[Sグレード・内装色:クールブルー/シート表皮:S用ファブリック]

インテリアも同様で、ディテールにはこれまでのトヨタは確実に漂っている。つまり、チープな部品も見受けられる。

でも上手くまとまっているんじゃないか、と思う。写真ではデザインし過ぎなセンターコンソールも、実際は思ったより鼻につかなかった。

そうして僕は自問する。「なんでデザインに対して好印象なのだろうか?」と。

そして出た答えは、自分のコンパクトカーに対する期待値をしっかりと満たしてくれているからだと当たり前の結論に至った。つまり、デザインとクオリティのバランスに納得がいっている。

そしてこれはおそらく、ヴィッツと比べて・・・という部分が大きい。確かに比べたら、ヴィッツはアクアよりも遥かに安い。しかし、あのデザインとクオリティのバランスは僕の中ではNGだったということだ。いくらアクアより40~50万安かろうが。

それはつまり、結局のところはコンパクトカーであっても、ある程度のクオリティは欲しいという正直な気持ちに端を発している。だって、ヴィッツだと正直クルマに乗るのが寂しくなるが、アクアならどこか楽しげなのが本音だもの。というわけで、内外装は好印象だった。

トヨタ アクア(AQUA)フロントシート[Sグレード・内装色:クールブルー/シート表皮:S用ファブリック]トヨタ アクア(AQUA)リアシート[Sグレード・内装色:クールブルー/シート表皮:S用ファブリック]トヨタ アクア(AQUA)ステアリング[Sグレード・内装色:クールブルー/シート表皮:S用ファブリック]トヨタ アクア(AQUA)メーター[Sグレード・内装色:クールブルー/シート表皮:S用ファブリック]トヨタ アクア(AQUA)シフトノブ[Sグレード・内装色:クールブルー/シート表皮:S用ファブリック]
トヨタ アクア(AQUA)カーナビゲーション[Sグレード・内装色:クールブルー/シート表皮:S用ファブリック]トヨタ アクア(AQUA)運転席右下部のスイッチ類[Sグレード・内装色:クールブルー/シート表皮:S用ファブリック]トヨタ アクア(AQUA)助手席インパネ[Sグレード・内装色:クールブルー/シート表皮:S用ファブリック]トヨタ アクア(AQUA)フロアマット[Sグレード・内装色:クールブルー/シート表皮:S用ファブリック]トヨタ アクア(AQUA)ラゲッジルーム[Sグレード・内装色:クールブルー/シート表皮:S用ファブリック]
1 2 次へ

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
河口 まなぶ
筆者河口 まなぶ

1970年生まれ。大学卒業後、出版社のアルバイトをしたのちフリーランスの自動ライターとなる。1997年に日本自動車ジャーナリスト協会会員となり、自動車専門誌への寄稿が増え、プレイステーション「グランツーリスモ」の解説も担当。現在、自動車雑誌を中心に一般誌やwebで自動車ジャーナリストとして活躍。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松川渓谷に佇む宿 信州山田温泉 山田館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ アクアの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アクアのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アクアの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アクアの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アクアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる