autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 日産 セレナのクロスオーバー版も登場! アウトドアも楽しめる福祉車両【バリアフリー2018展】

イベントレポート 2018/5/2 19:42

日産 セレナのクロスオーバー版も登場! アウトドアも楽しめる福祉車両【バリアフリー2018展】

バリアフリー展 2018
日産 エクストレイル 助手席スライドアップシート日産 エクストレイル 助手席スライドアップシート日産 エクストレイル 助手席スライドアップシート日産 エクストレイル 助手席スライドアップシート画像ギャラリーはこちら

思いのほか多い、福祉車両の車種

2018年4月19日(木)から4月21日(土)まで、インテックス大阪(大阪府大阪市住之江区)で「第24回バリアフリー2018」が開催された。同イベントは高齢者や身体の不自由な方の快適な生活を提案する総合福祉展で、総合見本市として慢性期医療展、看護未来展、在宅医療展なども同時に併催される。そのため介護や福祉での移動という重要な使命を帯びる福祉車両を販売する国内メーカーも大きな規模で出展を行っている。

バリアフリー2018では、ホンダが新型N-BOXの“第3の室内レイアウト”として福祉車両にも使用出来る「スロープ仕様」を発表して話題になったほか、スズキ、トヨタと共同出展のダイハツ、そして日産の各メーカーも大きなブースを構えて福祉車両の展示を行った。

>>ホンダ N-BOXに新しく追加された「スロープ仕様」は“第3のN BOX”だ!【バリアフリー2018展】

個人的に、以前は車いすを乗せる福祉車両といえば1BOXモデルやミニバンで病院などの施設が保有する送迎用車のイメージがあった。もちろん今でもそれらは福祉車両のベースとして重要で数多くの福祉車両が活躍しているのだが、昨今は大中小各サイズのミニバンが増え、軽自動車もスペース効率の高いハイトワゴンやスーパーハイトワゴンが各社から発売されていることもあって、福祉車両にしやすい車種が増えたのだろう。展示されているクルマたちを見て「こんなに車種が多いのだな」と率直に感じた。

福祉車両には車いすを乗せる以外にも助手席が回転して外へ展開するリフトアップシート仕様なども含まれるため法人や施設だけでなく個人で購入することも増えた現在では、車種の選択候補が増えるのは好ましいことだと思う。

>>各社の最新福祉車両を写真で見る【画像33枚】

スズキ、ダイハツも軽のスロープ仕様を展示

ダイハツ タントスローパーカスタムスズキ スペーシア 車いす移動車

以前はN−BOX+に、そして今回新型N−BOXにスロープ仕様が追加されたように、全高があり室内空間に余裕が多い軽のスーパーハイトワゴンや1BOXバン/ワゴンをベースにした福祉車両が数多く置かれていた。

スズキは新型スペーシアとエブリイ/エブリイワゴンに車いす移動車(スロープ仕様)を、ワゴンR/ワゴンRスティングレーの昇降シート車(リフトアップシート仕様)の計5台と、スズキが得意とする「ハンドル形電動車いす」のセニアカーシリーズを展示していた。なおスズキでは福祉車両を「WITHシリーズ」と名付けている。

軽福祉車両のシェアトップを走るダイハツは福祉車両を「フレンドシップシリーズ」と称している。前述のようにトヨタと共同で大きなブースを構え、今回はタントとアトレー/ハイゼットにスローパー(スロープ仕様)、タントウェルカムシート、ムーブ/アトレーフロントシートリフト(リフトアップシート仕様)の大挙7台を用意した。

車いす仕様でもカスタマイズを楽しもう!「セレナ・アドベンチャーログキャビン」

日産 セレナ アドベンチャーログキャビン日産 セレナ アドベンチャーログキャビン

日産は福祉車両を「ライフケアビークル(LV)」と呼び、車種・仕様ともに多くのバリエーションを展開する。バリアフリー2018では、セレナ e-POWER チェアキャブ スロープタイプ 車いす1名サード仕様、セレナ チェアキャブ スロープタイプ 車いす2名仕様(ガソリンエンジン)、NV350 キャラバン チェアキャブ 車いす1+1名仕様、エクストレイル 助手席スライドアップシート、そしてノート e-POWER 助手席回転シートの5台を展示した。

セレナe-POWERは2018年2月28日発表、3月1日から発売が開始されたばかり。チェアキャブ スロープタイプも同時のタイミングで発表されたため、今回がショーや展示会では初めての展示だったと思われる。さらに注目だったのは2台のセレナ チェアキャブ スロープタイプのうち、ガソリンエンジン版がアウトドア風にカスタマイズされたコンセプトカーだったこと。それが「セレナ・アドベンチャーログキャビン」だ。

福祉車両のアウトドアスタイルはとても珍しいが、これは日産ライフケアビークルの「出かける喜びを、一人でも多くの方へ」という思いを具現化したもの。車いすを乗せるクルマでも、そして車いすの方でもアウトドアアクティビティを楽しんでほしいという願いを感じさせる。

ボンネットとルーフはブラックのボディラッピングが施されており精悍なイメージに。ルーフ上には架装を担当したオーテックジャパンのスタッフがこだわって選び抜いたというキャリア+ランプが備わる。さらにボディサイドデカール、足元を引き締める美しく塗装されたホイールキャップ、ワイルドな印象を与えるオフロードタイヤなどがセレナをアウトドア風に演出。インテリアにも手が入っており、木目調車いすスペース専用フロアマットを装着する。ベージュ系の内装色と相まって、室内をより明るい雰囲気にしている。

福祉車両がもたらす「移動できるよろこび」

日産 エクストレイル 助手席スライドアップシート

この10年ほどで公共交通機関のバリアフリー化が一気に進んで車いすでの移動はしやすくなったとはいえ、クルマがもたらす「行きたいところへ自由に行けるよろこび」には代えがたいものがあり、高齢化が進む日本では今後さらに福祉車両の需要が高まっていくと思われる。

今回発表された「福祉車両という枠にとらわれない」N−BOX、そして「車いすを乗せるクルマでもカスタマイズを楽しむ」という自由な発想で開発されたセレナ・アドベンチャーログキャビンなど、福祉車両に関するメーカーの取り組みもこれまでより自由に、そして一層積極的になっているように感じた。

一般的にあまり取り上げられることは少ない福祉車両だが、「クルマの本質=移動のよろこび」を多くの方々に与える縁の下の力持ちで、重要な役目を持つクルマなのだ。各メーカーの今後の動きに注目したい。

[Text:遠藤イヅル Photo:茂呂幸正]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

スズキ スペーシア の関連編集記事

スズキ スペーシアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ スペーシア の関連編集記事をもっと見る

スズキ スペーシア の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR