ジムニーオーナー必見! アピオの新作インテリアパーツやIPFのライトパーツが設置できるルーフラックなどをご紹介【群馬パーツショー2021】

画像ギャラリーはこちら
2021年10月8日~10日、今年30周年を迎える群馬パーツショーが高崎市のGメッセ群馬にて開催された。エアロパーツやホイールなどを扱う83社ものカスタムメーカーが集い、最新アイテムやカスタムカーを披露し盛況を博した。

この記事では、その中でもスズキ ジムニー向けの最新パーツを発表したメーカーの情報をピックアップ。どのようなブースが出されていたのかご紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. リアゲート用ダンパーや「トランスファーエクステンション」など展示/プロト
  2. エンジンの性能をアップさせると噂の「ICE WIRE」を設置 /LX-MODE
  3. ジムニー用の新作インテリアパーツや新作ホイール「ワイルドボア ベンチュラ」を披露/APIO
  4. ライトバーを設置できるルーフラックやリアラダーに注目!/IPF

リアゲート用ダンパーや「トランスファーエクステンション」など展示/プロト

プロトのブースでは、「NEO PLOT」ブランドのニューパーツを展示&ピーアール。

注目のアイテムは、ジムニーパーツの数々。RVフリーストップドアオープナーは、ジムニーのリアゲートを好きなところで止めることができるダンパーだ。

またトランスファーエクステンションは、トランスファーのノブを延長するアイテム。さらにステアリングを手前に移動できるスペーサーNEOも用意した。

>>プロトブースを写真をもっと見る

エンジンの性能をアップさせると噂の「ICE WIRE」を設置 /LX-MODE

ICE WIRE、ICE FUSEといった電源関連のグレードアップパーツを前面に押し出した展示をしたのはLX-MODE。

中でもICE WIREは従来のアーシングを越える性能を発揮するアイテムだという。すでにジムニーユーザーの間ではSNSやクチコミでその効果が広まり、「中間加速が鋭くなる」「エンジンの吹け上がりが軽快になる」といった評価を受ける。

同モデルはクライオ処理を施したアーシングケーブルで、取り付けるだけでエンジン音が静かになり低中速トルクがアップ、さらには省燃費にも好影響を与えるのが特徴。変わったところではオーディオの音も良くなるのも魅力だ。1本のアースケーブルを交換するだけなので設置はいたって簡単、試してみる価値はありそうだ。

>>LX-MODEブースを写真をもっと見る

ジムニー用の新作インテリアパーツや新作ホイール「ワイルドボア ベンチュラ」を披露/APIO

4WD界の老舗ブランドであるAPIO(アピオ)はジムニーパーツを大量にアピールした。

中でも注目したのは「FLIP-UPドリンクホルダー(JB64/JB74用)」。丸型のエアコン吹き出し口にフィットする形状&折り畳み式のスマートなデザインで、純正イメージを崩さないフィット感が光る。まずは小物パーツでジムニーを彩ろうと考えているエントリーユーザーにもぴったりだ。

また「3Dトレイマット」も人気商品。泥で汚れた靴で乗り込んでもフロアを汚さない便利アイテムで、モスグリーンの縁取りを持つオシャレなデザインもアイキャッチになる。

さらに、新作ホイールの注目は「ワイルドボア ベンチュラ」で、スチールホイールをイメージさせるクラシカルなデザインが特徴だ。

他にもJB64用のボルトオンターボをリリース予定するなど、ジムニーパーツの開発が加速中だ。

>>アピオブースを写真をもっと見る

ライトバーを設置できるルーフラックやリアラダーに注目!/IPF

ジムニーに自社製品をテンコ盛りし、アウトドアレジャー向けのモディファイを提案したのがIPFだ。

ライティングアイテムを主力とする同社だが、今回展示されたジムニーには実にさまざまな外装パーツが装備された。中でも注目を集めたのが同社のライトバーをスマートに設置できる「EXPルーフラック TypeA」と新作の「EXPリアラダー」だ。

EXPリアラダーは同社の作業灯(2インチランプ)を装着できるのも大きなポイント。従来、車外にライトを取り付ける際は設置ポイントに困ることが多かったが、これらのアイテムをライトパーツと同時導入することでボディ無加工でスマートに取り付けられ、美しい仕上がりに。

さらに、2色切り替えの「LEDデュアルカラーフォグランプバルブ」も発売以来ロングランを続けている人気アイテムだが、今も多くの来場者が注目するパーツだった。

>>IPFブースを写真をもっと見る

[筆者:土田 康弘/撮影:MOTA]

スズキ/ジムニー
スズキ ジムニーカタログを見る
新車価格:
148.5万円190.3万円
中古価格:
20万円390万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

土田 康弘
筆者土田 康弘

記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ふきや

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スズキ ジムニーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ジムニーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ジムニーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ジムニーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ジムニーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる