スバル 新型 レガシィ アウトバック 試乗レポート/国沢光宏(1/3)

スバル 新型 レガシィ アウトバック 試乗レポート/国沢光宏
SUBARU LEGACY OUTBACK Limited(スバル 新型 レガシィ アウトバック リミテッド) [ボディカラー:タングステン・メタリック(新色)] 試乗レポート/国沢光宏 SUBARU LEGACY OUTBACK Limited(スバル 新型 レガシィ アウトバック リミテッド) [ボディカラー:タングステン・メタリック(新色)] 試乗レポート/国沢光宏 SUBARU LEGACY OUTBACK Limited(スバル 新型 レガシィ アウトバック リミテッド) [ボディカラー:タングステン・メタリック(新色)] 試乗レポート/国沢光宏 SUBARU LEGACY OUTBACK Limited(スバル 新型 レガシィ アウトバック リミテッド) [ボディカラー:タングステン・メタリック(新色)] 試乗レポート/国沢光宏 SUBARU LEGACY OUTBACK Limited(スバル 新型 レガシィ アウトバック リミテッド) [ボディカラー:タングステン・メタリック(新色)] 試乗レポート/国沢光宏 SUBARU LEGACY OUTBACK Limited(スバル 新型 レガシィ アウトバック リミテッド) [ボディカラー:タングステン・メタリック(新色)] 試乗レポート/国沢光宏 SUBARU LEGACY OUTBACK Limited(スバル 新型 レガシィ アウトバック リミテッド) [ボディカラー:タングステン・メタリック(新色)] 試乗レポート/国沢光宏 SUBARU LEGACY OUTBACK Limited(スバル 新型 レガシィ アウトバック リミテッド) [ボディカラー:タングステン・メタリック(新色)] 試乗レポート/国沢光宏 SUBARU LEGACY OUTBACK Limited(スバル 新型 レガシィ アウトバック リミテッド) [ボディカラー:タングステン・メタリック(新色)] 試乗レポート/国沢光宏 SUBARU LEGACY OUTBACK Limited(スバル 新型 レガシィ アウトバック リミテッド) [ボディカラー:タングステン・メタリック(新色)] 試乗レポート/国沢光宏 SUBARU LEGACY OUTBACK Limited(スバル 新型 レガシィ アウトバック リミテッド) [ボディカラー:タングステン・メタリック(新色)] 試乗レポート/国沢光宏 画像ギャラリーはこちら

6代目にして「ツーリングワゴン」がラインナップから落ちる

SUBARU LEGACY OUTBACK Limited(スバル 新型 レガシィ アウトバック リミテッド) [ボディカラー:ヴェネチアンレッド・パール(特別色)](左奥)

新しいレガシィのカタログを見て驚いた。売れ筋だった『ツーリングワゴン』をラインナップしていなかったからだ。聞けばアメリカ市場でのニーズが少なく、ツーリングワゴンそのものを開発しなかったのだという。日本市場は「レヴォーグ」を買ってください、ということなんだろう。

というワケで新型「レガシィ アウトバック」である。

スバルならではの実用本位なこだわりが細部に宿る

SUBARU LEGACY OUTBACK Limited(スバル 新型 レガシィ アウトバック リミテッド) [ボディカラー:タングステン・メタリック(新色)] 試乗レポート/国沢光宏SUBARU LEGACY OUTBACK Limited(スバル 新型 レガシィ アウトバック リミテッド) [ボディカラー:ヴェネチアンレッド・パール(特別色)]

実車を見て少し戸惑う。

普通、サイドシルはプレートやガーニッシュを付けるなど、張り出している。ドレスアップパーツもサイドシルガーニッシュが定番になっているほど。この部分を目立たせるとカッコよく見えるのであります。

しかしアウトバックは違う。むしろサイドシルが奥に入り込んでいるのだった。

スバルのデザイナーに聞くと「サイドシルを張り出すと乗降性が悪くなりますし、泥道など走った後はズボンの裾に汚れも付きます。だから当たらないようにしました」。

確かに乗り降りしてみたら、とても楽。実用性を最優先したという。

[マジメなスバルらしい「使い勝手へのこだわり」が光るアウトバック・・・次ページへ続く]

1 2 3 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産 リーフやトヨタ MIRAIなど多数。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイトを運営中。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スバル レガシィアウトバックの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レガシィアウトバックのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レガシィアウトバックの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レガシィアウトバックの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レガシィアウトバックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる