スバル 新型インプレッサの価格やスペックなど、最新購入情報をお届け! 300万円以内で買えるお買い得モデルになりそうだ 【東京オートサロン2023】

画像ギャラリーはこちら
2023年1月13日(金)〜15日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催された東京オートサロン2023。

スバルブースでは新型インプレッサの日本仕様(プロトタイプ/試作車)が初披露されました。

今回はそんな新型インプレッサの予想価格やスペックなど、カーライフ・ジャーナリストの渡辺陽一郎さんが詳しく解説します。

目次[開く][閉じる]
  1. 新型インプレッサの評価
  2. 新型インプレッサの発売時期
  3. 新型インプレッサのボディサイズ
  4. 新型インプレッサのエンジン
  5. 新型インプレッサの燃費
  6. 新型インプレッサの走行性能
  7. 新型インプレッサの内装(インテリア)
  8. 新型インプレッサの安全装備
  9. 新型インプレッサのバリエーション
  10. 新型インプレッサの価格
  11. 新型インプレッサの正式発表が待ち遠しい

新型インプレッサの評価

新型インプレッサの良かった点

走行安定性と乗り心地のバランスが向上して、安全装備もさらに充実します。上質なハッチバックに仕上がります。

新型インプレッサの気になる点

セダンのG4は廃止されます。以前のインプレッサに比べると、後方視界が良くないです。

新型インプレッサの発売時期

2022年12月に、スバルはコンパクトSUV「XV」の後継となる新型SUV「クロストレック」の価格を発表して、販売も本格化させました。この新型クロストレックに続いて、新型インプレッサの日本仕様(プロトタイプ/試作車)も東京オートサロン2023で初披露されました。

従来のパターンなら、新型インプレッサの後で発展型の新型クロストレックが発売されましたが、今回は順番が逆です。先代型では、インプレッサよりもXVの売れ行きが多く、新型クロストレックが先に登場しました。

スバルの販売店によると「インプレッサの予約受注は、価格を明らかにして2023年2月中旬頃に開始します。その後、4月頃に正式な受注を開始します」とのことです。

新型インプレッサのボディサイズ

東京オートサロン2023に出品されたプロトタイプ

新型インプレッサは、新型クロストレックからSUV風のパーツを取り去ったクルマと考えれば良いです。

新型インプレッサのボディサイズは、全長が4475mm、全幅は1780mm、全高は1450〜1515mmです。新型クロストレックに比べると、全長は5mm、全幅は20mm、全高は60〜100mmほど下まわります。

新型インプレッサの最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)は135mmで、新型クロストレックの200mmに比べると65mm低いです。これに伴って、前述の通り全高も下がりました。

新型インプレッサ新型クロストレック先代インプレッサ
全長4475mm4480mm4475mm
全幅1780mm1800mm1775mm
全高1450〜1515mm1550〜1575mm1480〜1515mm
最低地上高135mm200mm130mm

新型インプレッサのエンジン

新型インプレッサのエンジンは水平対向4気筒の2Lと、2Lをベースにしたハイブリッドのe-BOXERです。従来型は1.6Lも用意しましたが、これは廃止されて2Lの2種類になります。

新型インプレッサの燃費

e-BOXERの機能はマイルドハイブリッドに近く、他社のフルハイブリッドと違って燃費性能が大幅に向上するわけではありません。それでも新型クロストレックの4WDは、2Lのe-BOXERを搭載して、WLTCモード燃費が15.8km/Lです。先代型となるXVでは、4WDのe-BOXERが15.0km/Lでしたから、インプレッサも新型になるとWLTCモード燃費を5〜6%は向上させるでしょう。

新型インプレッサの燃費は公表されていません。しかし、新型クロストレックやXVの燃費から予測すると、新型インプレッサに搭載される2Lのe-BOXERは、4WDのWLTCモード燃費が16km/L前後になると思います。一方、ノーマルタイプの2Lエンジンは、2WDの数値が現行型と同様の14km/Lくらいでしょう。

e-BOXERはWLTCモード燃費で捉えると燃費向上のメリットが乏しく思えますが、混雑した街中を時速40km以下で走ったり渋滞が多い時は、燃料消費量の違いが際立ちます。e-BOXERは日本の実用燃費に貢献するメカニズムでもあります。

新型インプレッサの走行性能

新型インプレッサの走りのバランスは、先代型以上に向上します。新型クロストレックと同じく、スバルグローバルプラットフォームを使い、フルインナーフレーム構造も採用します。サスペンションの設定も見直されます。

しかも新型インプレッサの車両重量は、新型クロストレックに比べて20〜30kg軽いです。全高と最低地上高も、前述の通り低いです。

基本的な機能は新型クロストレックと同じですが、低くて軽いために走行性能では有利です。重心が下がると、足まわりをセッティングする自由度も広がり、乗り心地にも優れた効果をもたらします。

新型インプレッサの運転感覚は、ドライバーの操作に対して忠実に反応することを重視します。例えばカーブの入口でステアリングホイールを回し始めた時、反応は機敏ではありませんが、車両の進行方向が操舵角に応じて正確に変わります。

このような挙動なら、車両が思い通りに動くために安全で、ドライバーには一体感が生じて運転する楽しさも高まります。

その一方で後輪の接地性が特に高く、下り坂のカーブで危険を避ける操作をしても、挙動を乱しにくいです。これは先代インプレッサやXVなど、従来のスバル車にも当てはまる特性で、新型インプレッサでは、クロストレックと同じようにさらに進化させます。

新型インプレッサの内装(インテリア)

新型インプレッサの内装(インテリア)に目を向けてみましょう。

インパネなど、内装のデザインは基本的に新型クロストレックと同じです。

メーターは見やすく、ATレバーやスイッチ類も、見栄えはオーソドックスですが操作性は良好です。

グレードに応じて、インパネの中央には11.6インチのディスプレイが備わり、カーナビの地図画面など各種の情報を分かりやすく表示します。

シートも新型クロストレックと同様で、座ると少し体が沈んだところで骨盤をしっかりと支えます。上半身が前後左右に振られにくく、的確な運転操作が行えて、長距離を移動する時でも疲れにくいです。

車内の広さは基本的に従来型のインプレッサや新型クロストレックと同じですが、後席の足元空間は十分に広いです。身長170cmの大人4名が乗車した時、後席に座る乗員の膝先には、握りコブシ2つ少々の余裕があります。後席に座った乗員の足が前席の下に収まりやすく、4名で乗車して快適に移動できます。

荷室にも十分な広さがあり、ファミリーカーとしても使いやすいです。

新型インプレッサの安全装備

新型インプレッサは安全装備も充実して、アイサイトコアテクノロジーや歩行者保護エアバッグなどは、全グレードに標準装着されます。

後方の並走車両を検知して知らせる後側方警戒支援システム、デジタルマルチビューモニターなども用意され、安全性をさらに向上させます。

新型インプレッサのバリエーション

新型インプレッサのバリエーションは、セダンのG4が廃止され、5ドアハッチバックのみです。5ドアハッチバックの車名は、従来型はインプレッサスポーツですが、ボディが1種類になるため「インプレッサ」に変わります。

細かなグレード構成や価格は不明ですが、水平対向4気筒2Lノーマルエンジンを搭載するベーシックなグレードと、2Lのe-BOXERを搭載した上級グレード、さらにSTIスポーツを設定する可能性もあります。

新型インプレッサの価格

新型インプレッサの価格はベーシックなノーマルエンジンを搭載した2WDが240万円、4WDは260万円前後でしょう。e-BOXERを搭載する上級グレードは、装備も充実させて、2WDが280万円、4WDは300万円といった価格になると思われます。新型クロストレックに比べると、20万円程度は安い設定にするでしょう。

新型インプレッサの正式発表が待ち遠しい

新型インプレッサは予約受注が開始される2023年2月中旬までに正式な価格が発表される予定です。詳細が分かり次第、速やかにお伝えします。

【筆者:渡辺 陽一郎 カメラマン:MOTA編集部】

スバル/インプレッサ
スバル インプレッサカタログを見る
新車価格:
122.1万円276.1万円
中古価格:
41.9万円378.1万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スバル インプレッサの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル インプレッサのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル インプレッサの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル インプレッサの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル インプレッサのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる