あなたの免許は、普通?準中型?中型?増え続けてきた運転免許証の種類

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
定期的に訪れる免許の更新。2019年5月に平成から令和に変わったことで、2019年5月以降に免許を更新すると西暦も併せて表記されている。そして、免許の条件欄に様々な記載が追加され、免許が「普通」から「準中型」に変わっている方も多いのではないだろうか。2017年に新設された「準中型」免許も含め、代表的な免許の種類を再確認しておこう。

>>あなたの運転免許で乗れるクルマは?さぁどれ?

目次[開く][閉じる]
  1. 運転免許の区分と種類
  2. 代表的な免許の種類
  3. 「免許の条件等」で限られている場合もある?!

運転免許の区分と種類

運転免許には「区分」と「種類」がある。実は、運転免許の「区分」は3つしかない。一方、運転免許の種類は「普通」や「準中型」、「原付」や「普通二輪」など多数存在し、近年増えているのは「種類」の部分だ。

運転免許の区分

・仮運転免許(仮免許)=第一種免許を受けるための運転練習用

・第一種運転免許=乗用車や貨物車

・第二種運転免許=旅客自動車

代表的な免許の種類

ここでは、代表的な第一種区分の免許を4種類紹介。自身の免許がどの種類に属しているのか改めて確認しておこう。

なお、お仕事やレンタカーでトラックに乗る機会があり、自分の持っている免許で運転できるか不安な場合は、車検証にある車両総重量を確認すると安心だ。

普通

・車両総重量:3.5 t未満

・最大積載量:2.0 t未満

・乗車定員:10人以下

準中型

・車両総重量:7.5 t未満

・最大積載量:4.5 t未満

・乗車定員:10人以下

中型

・車両総重量:11.0 t未満

・最大積載量:6.5t 未満

・乗車定員:29人以下

※平成19年6月より前に普通免許を取得した方は中型免許(乗車定員10人以下/車両総重量8t限定)

大型

・車両総重量:11.0 t以上

・最大積載量:6.5t 以上

・乗車定員:30人以上

「免許の条件等」で限られている場合もある?!

注意しなければならないのは「免許の条件等」の部分。免許の更新時に種類の表記が変わったとしても、運転できる自動車等の車両総重量が限られていることがある。「免許の条件等」に記載されている条件を遵守していなかった場合「免許条件違反」となるため、十分に気を付けなければならない。

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... KANAYA RESORT HAKONE

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる