デカすぎる新型アウトバックに待った! 次はレヴォーグベースのSUVモデルを投入か!?

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
まもなく日本でも発売される見込みのスバル 新型アウトバック。すでに北米市場では発売されているモデルであるが、日本の道路事情を考えればすこし大きいというのが率直な意見だ。そこで期待したいのが、レヴォーグをベースにしたクロスオーバーSUVモデルの投入だ。現段階ではウワサレベルの話ではあるが、ぜひとも登場して欲しいモデルだ。
目次[開く][閉じる]
  1. 新型アウトバックの全長は約5m! 可能ならレヴォーグサイズのモデルも欲しい
  2. アウトバックはクロスオーバーSUVの先駆け! ライバル車もまもなく登場
  3. 新型アウトバックに続け! 次はレヴォーグのSUVだ

新型アウトバックの全長は約5m! 可能ならレヴォーグサイズのモデルも欲しい

新型アウトバックの北米仕様のサイズは全長4860mm×全幅1855mm×全高1680mmと、かなり大きなボディである。わかりやすく言うならば、トヨタ アルファードの全長が4945mmと考えれば、いかに大きなサイズということがわかるはずだ。

日本の道路事情を考えれば、少し大きいような気もする。ちなみに初代レガシィツーリングワゴンの全長は4545mmと比較すると、30cm以上も長くなっているのだった。

>>新型レガシィアウトバックはアイサイトXを搭載か!? 日本にもオフロード色を強めた特別仕様車の販売に期待

全幅1800mm台前半のクロスオーバーSUVを希望

そう考えれば、レヴォーグをベースにしたクロスオーバーSUVモデルを登場させて欲しいところ。新型レヴォーグのサイズは全長4755mm×全幅1795mm×全高1500mmに留まっている。

全長こそ新型アウトバックと大差はないが、全幅が1800mm以下に納められているのはかなり嬉しいポイントである。

アウトバックはクロスオーバーSUVの先駆け! ライバル車もまもなく登場

ちなみにレガシィアウトバックはクロスオーバーSUVのパイオニア的存在であった。というのも初代アウトバック(日本名レガシィグランドワゴン/ランカスター)は1995年に登場している。

当時はクロスオーバーSUVという言葉すらない時代に、ツーリングワゴンをSUV風に仕立てたモデルとして北米を中心に大ヒットとなったのだ。その後アウディなど世界各国のメーカーが似たパッケージングのモデルを数多く輩出しているという経緯がある。その観点で考えると、アウトバックは今のクロスオーバーSUVの元祖であるのだった。

新型アウトバックに続け! 次はレヴォーグのSUVだ

そして間も無く日本で発売される見込みのトヨタ 新型カローラクロスなど、ステーションワゴンをベースにしたSUVモデルがかなり注目を集めている状況である。そう考えると、新型アウトバックだけでなく、レヴォーグサイズのSUVモデルはぜひとも投入して欲しい一台だ。

>>新型カローラクロスの発売日と衝撃の価格が判明! 9月14日発売で価格は199万9000円から! しかも日本仕様はまさかの“ヤリスクロス顔”!?

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

スバル/レヴォーグ
スバル レヴォーグカタログを見る
新車価格:
310.2万円409.2万円
中古価格:
84.8万円498.8万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... THE SHINRA 森羅

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル レヴォーグの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レヴォーグのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レヴォーグの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レヴォーグの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レヴォーグのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる