やはり“ロマン枠”が人気? 「新型スカイライン」選ぶならどのグレードを選ぶ【みんなの声】

  • 筆者: MOTA編集部

新型スカイライン 人気のグレードはどれ?

2019年7月16日に、ビッグマイナーチェンジを実施した新型スカイライン。手放しが可能な運転支援技術の「プロパイロット2.0」を搭載した“ハイブリッドモデル”や「3.0L V6ツインターボエンジン」を新たに搭載した“V6 TURBO”、専用チューニングを施しスカイライン史上最高の400馬力を実現した“400R”もラインナップしました。

ハイブリッド/V6 TURBO/400Rとどれも魅力的ですが、新型スカイラインを買うなら皆さんはどれを選ぶのでしょうか。

そこで今回は「新型スカイライン ハイブリッド/V6 TURBO/400R 買うならどれを選ぶ?」という質問で、MOTAのTwitterフォロワーの皆さんにアンケートを実施しました。

■大型アップデートされたスカイライン! 各グレードの内外装を見る

Q.新型スカイライン ハイブリッド/V6 TURBO/400R 買うならどれを選ぶ?

■ハイブリッド:15%

■V6 TURBO:25%

■400R:60%

(投票数:289票)

それでは皆さんの意見を見てみましょう。

皆さんの声

【400R派】

・400Rの称号はロマンだと思うので、買うなら400Rだと思う。あとスカイライン史上最強という謳い文句がホンモノなのか試してみたい。このエンジンがスカイライン最強エンジンと名高い「RB26DETT」を超えるのか否かを確かめたいです。

・あの時は買えなかった400Rの称号が復活したから買うなら400R!

・やはり圧倒的なパフォーマンスの400Rです!出来れば6MTで欲しい!プラス、クーペだと完璧!!

・別に買う気は無いが、ハイブリッドはまず消えて、3リッターなら税金とか色々考えると400Rじゃないと割に合わないかな。

【ハイブリッド派】

・本当に欲しいのは現状は設定がない400Rとプロパイロット2.0の組み合わせ。運転は好きだけど常時ガンガン走りたい訳ではないし、少し疲れている時などは、プロパイロット2.0に任せて少し緊張をほぐしたいと思います。

【V6 TURBO】

・圧倒的V6ターボ

【その他】

・時代についていけないファンは(私?)「スカイラインらしさ」を感じないかも。実際に走った人の声を聴いてからですね。

調査を終えて

調査の結果、400Rを選んだ人の割合は、回答者の6割以上という結果になりました! やっぱり400Rは人気でしたね!

ちなみに、2019年9月4月に日産で発表された受注実績は

●ハイブリッド:48%

●V6 TURBO:約26%

●400R:約26%

ターボの中でも400Rが半分を占める構成比となりました。注目度の高いハイブリッドモデルはもちろん、400Rについても想定以上の人気の高さとなっているようです。

さらに400Rは、年齢層の若いユーザーが多いことが特徴的で、平均年齢が高いセダン市場において、40代以下のユーザーが3割近くを占めているようです。1995年にR33型「スカイラインGT-R」をベースにNISMOが限定コンプリートカーとして仕上げた「NISMO 400R」が登場しました。その400Rへ憧れを持っている人がこの世代にも多くいるはずで、そこも人気の理由ではないかと理由も考えられますね。

TwitterのMOTAフォロワーの皆さんは若い人も多く、その結果400Rがアンケートで人気となったのも頷ける結果となりました。この3グレードの試乗できる機会があれば、乗り比べてみたいですね!

[筆者:MOTA編集部]

【毎週火曜日・土曜日は、クルマにまつわる質問を調査する連載「みんなの声」をお届け! 次回もお楽しみに】

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる