MOTAトップ 記事・レポート 特集 モーターショー 上海で発表されたQsインスピレーションは次期「日産 スカイライン」なのか!?

モーターショー 2019/4/18 15:46

上海で発表されたQsインスピレーションは次期「日産 スカイライン」なのか!?

インフィニティ Qs インスピレーション
インフィニティ Qs インスピレーションインフィニティ Qs インスピレーションインフィニティ Qs インスピレーションインフィニティ Qs インスピレーション画像ギャラリーはこちら

インフィニティが展開する 「Qs」とは何を意味するのか?

「これが、次期スカイラインなのか?」。

インフィニティ Qsインスピレーションを見て、多くの人がそう思ったはずだ。それは、上海モーターショー2019(一般公開:2019年4月18日~同年4月25日)で世界初公開となったインフィニティの最新作である。こうした「インスピレーション」という名の出展車が、最近インフィニティから相次いで発表されている。

インフィニティ Qs インスピレーション

2018年1月の北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)で「Qインスピレーション」を公開。その1年後、2019年1月のデトロイトで「QXインスピレーション」が登場。そして今回の上海モーターショー2019で「Qsインスピレーション」という流れである。

これらを整理してみるとQインスピレーションは、インフィニティ全モデルに対するデザインの母体になっていることが分かる。そこから量産化イメージとして、クロスオーバー系がQXインスピレーション、そしてセダン・クーペ系がQsインスピレーションへと進化していった、という解釈が成り立つ。

となるとQsとは、現行モデルではQ50 (スカイライン)とQ70 (フーガ)を指すことになる。

>>インフィニティ Q・QX・Qsインスピレーションを画像で比較(20枚)

フラットなフロアを強調するインテリア

Qsインスピレーションの実車を見て、最も印象に残ったのはフラットなフロアだ。ここから、パワートレインの特徴を読み解くことができる。

インフィニティ Qs インスピレーションインフィニティ Qs インスピレーション

今回の発表資料では、Qsインスピレーションは「AWD電動車」として位置付けてられている。中国市場では、2019年から新エネルギー車(NEV)規制が始まっており、このタイミングでの量産を念頭に置いたコンセプトモデルは電動車であることが必要最低条件となる。AWD電動車というと、2019年3月ジュネーブショーに登場した「IMQコンセプト」で公表された、e-PowerによるマルチモーターAWDを思い出す。

IMQコンセプトは1.5リッターの発電用エンジンを搭載し、前後の駆動軸それぞれにモーターを持つAWDで、前後モーターの合算出力は340馬力、合算トルク71.4kgmを誇るスポーティパッケージだ。Qsインスピレーションのフロアには、そんなマルチモーターAWD搭載車のイメージが合致する。

そもそも次期スカイラインは存在しない? いや、復権する?

では、仮にマルチモーターAWD搭載の次期Q50が、インフィニティブランドを展開する欧米や中国で発売されると、日本では現行Q50のように、インフィニティのロゴを付けたまま日産 スカイラインとして発売されることになるのだろうか?

ここからは筆者の私見だが、仮に日本導入されたとしても、スカイラインという名を使う必要はもうないと思う。この議論は、現行スカイラインの2014年発売時にもあった。当時、アメリカで日産本社の役員と話した際に、そういった社内事情を聞いたのだ。結果的に、国内営業を通じて全国のディーラーからの「まだ、スカイラインという名前で顧客の重要が十分に見込める」という声が優先された格好だ。 

しかし、完全に電動化される次期Q50のコンセプトであろうQsインスピレーションの姿には、スカイラインの面影など全くない。

先日、石川県にある日本自動車博物館で、歴代スカイラインをじっくりと見た。その中には、横浜の我が家にあった懐かしいモデルたちもいた。「そうしたスカイラインという日本車史上における輝かしい軌跡は、博物館の中でそっとしておいて欲しい」。素直に、そう思った。

日本で高級ブランド「インフィニティ」導入はあり得るか

インフィニティ Qs インスピレーション

では、次期Q50の日本向け名称をどうするか?

まずインフィニティブランドの日本展開については、10年以上前から何度も日産社内で検討されてきたが、最終的に却下され続けている。今後、ゴーン体制からの変革を経て、そうした過去の判断が覆される可能性はゼロではないだろう。だが、現実的にはインフィニティの名は日本では使わず、結果的に日産「Q50」で良いのではないだろうか?

そして、もしスカイラインという名を使うのであれば、それは「Q50」とは別に仕立てる、日本市場を強く意識したセダンとクーペであってほしい。

[筆者:桃田 健史/撮影:桃田 健史・日産自動車]

筆者: 桃田 健史

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 スカイライン の関連編集記事

日産 スカイラインの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 スカイライン の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR