今さら聞けない! ハイブリッドは大きく分けて3種類で構成されている

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
専門用語が多く分かりづらい自動車用語。ここでは少しでも皆さんのストレスを軽減すべく、毎回テーマを決めて解説していきます。「分かっているようで、きちんと説明できない!」「今さら聞けない!」と言う方もおすすめのコーナー。今回は、今や定番化したと言っても過言ではないハイブリッドについて解説していきます。
目次[開く][閉じる]
  1. 今や定番となったハイブリッド
  2. HV(ハイブリッド)とは
  3. ハイブリッドは大きく分けて3つの種類がある

今や定番となったハイブリッド

クルマにそんなに詳しくない方でも、最近ニュースなどで脱ガソリンに向けた「電動化」なんてことを耳にする機会が増えてきたのではないでしょうか? 電動化とは、簡単に言うと自動車の動力源をエンジンから電気モーターに変えていくことを指します。それらのモデルにはHV(ハイブリッド)、PHV(プラグインハイブリッド)、EV(電気自動車)、FCV(燃料電池車)などが含まれています。今回はその中から、今や多くの車種が存在するハイブリッドについて簡単に解説していきます。

HV(ハイブリッド)とは

近年ではもはや定番となり、多くの車種が登場しているハイブリッド。低燃費性能などで高い人気を誇る電動車の1つです。Hybrid Vehicle(ハイブリッドビークル)を略し「HV」と表記したり、「HEV」(Hybrid Electric Vehicle)と呼ばれることもあります。一般的にはハイブリッドカーやハイブリッド自動車と呼ばれています。

ハイブリッドとは、簡単に説明するとエンジンに電気モーターを組み合わせたクルマのことを指します。2つの動力を搭載し、それぞれの動力を効率よく使い分けることで総合的にクルマの燃費性能が高まります。通常のガソリンエンジンモデルはエンジンという1つの動力でクルマを動かしているのに対し、ハイブリッドはエンジンと電気モーターといった2つの動力でクルマを動かしているため低燃費を実現しているのです。

ハイブリッドは大きく分けて3つの種類がある

一口にハイブリッドと言っても、その仕組は「パラレル方式」「シリーズ方式」「シリーズパラレル方式」と、大きく3つに分けられます。それぞれ特徴があり、搭載するクルマの走りの性格もそれぞれ違います。

パラレル方式

パラレル方式とは、動力のメインとなるエンジンをモーターがサポートする方式のこと。エンジンによる走行が主体となり、エンジンが燃料を多く消費する発進・加速時などでは、逆に最大の力を発揮するモーターがサポートします。

特に搭載するバッテリー容量が小さくモーターの稼働も限定的で、エンジン駆動がメインとなる場合「マイルドハイブリッド」と呼ばれることもあります。

他の方式に比べると構造も単純で重量増加も抑えられ、既存のエンジン・トランスミッションと組み合わせることができることから、軽自動車などの小型車から、比較的大きなサイズのセダン・SUVまで幅広く採用されています。

シリーズ方式

エンジンを発電用として使用し、その電力でモーターを駆動させて走行するのがシリーズ方式。走行時に使用される動力はモーターのみなので、エンジン音も小さく電気自動車に近い走行感覚となっています。イメージとしては「自家発電式の電気自動車」といった感じです。

代表的なモデルは、優れた燃費性能に電気自動車特有の静寂な走りと力強い加速が特徴のハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載した日産 ノート。また、その直接のライバルとなるホンダ フィットが挙げられます。

フィットが搭載するハイブリッドシステム「e:HEV」は、低中速時はモーターで走行するのは日産のe-POWERと同じですが、モーターが苦手な高速走行時はエンジンを使って走行する高効率なシステム。シリーズパラレル方式に近い仕様となっています。

シリーズパラレル方式

エンジンとモーターの両方を動力源として上手く使い分けるのがシリーズパラレル方式。その名の通りパラレル方式とシリーズ方式の良いところをかけ合わせた方式です。

発進や低速時にはモーターを使用し、速度が上がるとエンジンも併用。両方を効率よく使いながら走行します。

代表的なモデルは、先程のノート、フィットのライバルで、「THSII」と呼ばれるハイパワーの新エンジンと組み合わせたハイブリッドシステムを採用しているトヨタ ヤリスが挙げられます。

[筆者:MOTA編集部]

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円228.6万円
中古価格:
12万円369.8万円
ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円253.7万円
中古価格:
9.8万円14,148.1万円
トヨタ/ヤリス
トヨタ ヤリスカタログを見る
新車価格:
139.5万円249.3万円
中古価格:
115.1万円528.8万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる