次期型フェアレディZが待ち遠しい! デビュー10年超えの車3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
デビューから10年が経過した現役モデルを紹介する「ご長寿さんいらっしゃい!」。

この記事では、当企画で紹介した車種の中から10年を超えるクルマを3車種ピックアップしてご紹介!

目次[開く][閉じる]
  1. 日産 フェアレディZ(12年目)
  2. トヨタ ランドクルーザープラド(11年目)
  3. 三菱 RVR(10年目)

日産 フェアレディZ(12年目)

GT-Rと並ぶ日産のスポーツカーブランドとして君臨するフェアレディZ。1969年の初代デビュー以来、50年を超えるベテラン選手でもあります。

一部海外の報道などでは2021年ころにモデルチェンジが行われるとの噂もあり、実際にニュルでのテスト走行車の姿もスクープされていて、動向が注目されます。

以下の記事では、50周年記念モデルや、次期型Zの予測解説を紹介!

トヨタ ランドクルーザープラド(11年目)

ランクルファミリーである、ランドクルーザープラド。

2017年に大規模なマイナーチェンジを実施し、デザインもリフレッシュ。最新のトヨタセーフティセンスも装備されるなどアップデートが図られていています。

以下の記事では、ランクルプラドの実燃費レポートを紹介!

三菱 RVR(10年目)

三菱のコンパクトSUV、RVRは2010年のデビュー。大型のパノラマガラスルーフが特徴で、現在、軽を除き日本で売られる同社のラインナップの中で最も安いSUVモデルです。

直近では2019年にマイナーチェンジが行われ、近年の三菱車の特徴であるダイナミックシールドデザインによる最新フェイスとなり、まだまだ現役続行であることを示しています。

以下の記事では、気になるマイナーチェンジの詳細を紹介しています。

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
33万円1,689.6万円
三菱/RVR
三菱 RVRカタログを見る
新車価格:
214.4万円268.9万円
中古価格:
43.2万円291.9万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる