最上級の走りと室内空間、存在感ある佇まいに心奪われる|エルグランド AUTECH(1/3)

進化し熟成された大人の存在感

若かりし頃は派手さを追求したり、尖っていることが正義だと思いがち。周りとは違う何かを求めるあまり、その傾向になるのだろうが、いま振り返るとそれはやや粗削りだったことに気づくことがある。それは人もクルマも同じかもしれない……。

シリーズのラインアップ化を推し進めるAUTECH

日産のコンプリートモデルを造るオーテックジャパンは、2017年秋にブランドイメージを一新することを宣言した。社名を冠した新たなカスタムカーブランド「AUTECH」のエンブレムは、Premium Sportyというブランドのエッセンスをキーワードに開発が行われ、テーマカラーを湘南の海をイメージしたブルー(通称・湘南ブルー)に統一。

2018年にはセレナ、ノート、エクストレイル。2019年にはリーフ、ルークス。そして2020年エクストレイル、2021年にはノートをはじめ、さらに車種を拡大する可能性がある。

いずれもエクステリアにはさざ波をイメージしたシルバーのエアロパーツが奢られるほか、インテリアにもブルーのステッチが奢られるなどするが、どこか落ち着いたイメージに統一された感覚が強い。

エルグランドの最上位モデルという位置づけに

かつてオーテックジャパンが排出するコンプリートモデルはライダーシリーズがあった。メッキパーツを随所に盛り込み、ギラギラとしたイメージが強かったことを思い出す。実は僕もそれに惹かれたひとりで、エルグランドライダーを所有していた。振り返ればそれはインテリアも白い革シートが奢られ、周りとは違う派手さに大満足。だが、今回その最新モデルであるエルグランド AUTECHを街中に連れ出してみると、熟成され進化したことに気づく。

日産/エルグランド
日産 エルグランドカタログを見る
新車価格:
369.5万円789万円
中古価格:
20万円1,699.6万円
1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
橋本 洋平
筆者橋本 洋平

学生時代は機械工学を専攻する一方、サーキットにおいてフォーミュラカーでドライビングテクニックの修業に励む。その後は⾃動⾞雑誌の編集部に就職し、2003年にフリーランスとして独⽴。 ⾛りのクルマからエコカー、そしてチューニングカーやタイヤまでを幅広くインプレッションしている。 レースは速さを争うものからエコラン大会まで好成績を収める。また、ドライビングレッスンのインストラクターなども⾏っている。 AJAJ・⽇本⾃動⾞ジャーナリスト協会会員。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 陶泉 御所坊
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 エルグランドの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 エルグランドのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 エルグランドの中古車検索 日産の記事一覧 日産 エルグランドの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 エルグランドのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる