日産 デイズルークス・三菱 eKスペース 新型車解説/渡辺陽一郎(1/3)

  • 筆者: 渡辺 陽一郎
  • カメラマン:日産自動車株式会社/三菱自動車株式会社
日産 デイズルークス・三菱 eKスペース 新型車解説/渡辺陽一郎
日産「デイズルークス」 日産「デイズルークス」 日産「デイズルークス」 日産「デイズルークス」 画像ギャラリーはこちら

昨年話題となった日産と三菱の共同開発モデル第二弾がいよいよ登場!

日本には乗用車を製造する9つのメーカーがあり、様々なクルマを手掛けている。

その中で、海外の人達を最も驚かせるのが「軽自動車」だろう。

日産 GT-Rのようなスーパースポーツカー、レクサス LSのようなラグジュアリーセダンは海外メーカーも手掛けるが、軽自動車のように小さくて高機能なクルマは海外に存在しないからだ。そこを考えれば、軽自動車が新車として販売されるクルマの40%に達したことも、納得できると思う。

日産「デイズルークス」日産「デイズルークス」

運転がしやすく、居住性も優れ、さらに荷物も積みやすい。

こういった機能が軽自動車の魅力だが、難しい商品開発と製造を達成した「モノ造りの凄さ」も、ユーザーを強く引きつけるのではないか。実用的なクルマなのに、理屈では語りつくせないところがある。

軽自動車の好調な販売を支えるのは、全体の70%以上を占める背の高い車種だ。これも全高が1,600~1,700mmのハイルーフモデルと、1,700~1,800mmのエクストラハイルーフモデルに大別される。以前はハイルーフモデルの人気が高かったが、最近はエクストラハイルーフにシフトしてきた。

その代表は、ダイハツ タント/ホンダ N BOX/スズキ スペーシア。いずれもミニバンのようなスライドドアを装着している。そして2014年2月13日、エクストラハイルーフモデルに新しい仲間が加わった。「日産 デイズルークス」と「三菱 eKスペース」だ。

背の高いボディにスライドドアを装着し、売れ筋路線に焦点を絞った。

「デイズルークス」「eKスペース」共に基本部分は共通

デイズルークス&eKスペースの開発手法は、昨年発売された「デイズ」「eKワゴン」と基本的に同じ。日産と三菱が共同で開発を行っており、両車は互いに基本部分を共通化した姉妹車同士である。

日産「デイズルークス」

まず、デイズルークス&eKスペースのボディサイズは、全長が3,395mmで全幅は1,475mm。この数値はすべての軽自動車に共通している、規格枠いっぱいの寸法だ。

全高は1,775mm。エクストラハイルーフモデルの中でもデイズルークス&eKスペースは特に背が高く、タントを25mm上まわり、N BOXよりわずか5mmだけ低い。

ウィンドウの角度は立てられ、フロント側については大きく前進させてボンネットは短く抑えられた。軽自動車の中でも室内空間の広いモデルになっている。

日産「デイズルークス」X(2WD)日産「デイズルークス Rider(ライダー)」三菱「ekスペース」三菱「ekスペースカスタム」

ボディ形状のバリエーションとしては、デイズルークスには「標準ボディ」とエアロパーツを備えた「ハイウェイスター」を設定。eKスペースも同様に、「標準ボディ」と「カスタム」をそろえた。

「日産 デイズルークス ハイウェイスター」や「三菱 eKスペースカスタム」のフロントマスクには、メッキグリルが装着されて存在感が強められている。

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

日産 デイズルークスの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 デイズルークスのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 デイズルークスの中古車検索 日産の記事一覧 日産 デイズルークスの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 デイズルークスのニュース一覧

三菱 eKスペースの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 eKスペースのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 eKスペースの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 eKスペースの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 eKスペースのニュース一覧

新型車解説の最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事