ジャパンモビリティショー2023の注目モデルをメーカー別で紹介! 見どころや展示内容、チケット情報まとめ

画像ギャラリーはこちら

2023年10月26日(木)~11月5日(日)、東京ビッグサイトで開催される「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー2023)」は、自動車業界の枠を超えた、東京モーターショーに代わる新たなモビリティショーです。

当記事では、国産自動車メーカー各社の注目モデルや、ジャパンモビリティショー2023の見どころ、主催者プログラム「シンボルコンテンツ」の詳細、チケットの価格や購入方法などをご紹介します。

目次[開く][閉じる]
  1. ジャパンモビリティショーとは?
  2. ジャパンモビリティショー2023の見どころ
  3. 国産自動車メーカー各社の注目モデルを紹介
  4. ジャパンモビリティショー2023の主な展示内容
  5. Out of KidZania in JMS 2023(アウトオブキッザニア in JMS 2023)
  6. ジャパンモビリティショー2023のチケット情報
  7. ジャパンモビリティショー2023の開催概要

ジャパンモビリティショーとは?

2023年10月26日~11月5日、東京ビッグサイトで開催される「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー2023)」は、自動車業界の枠を超えた、東京モーターショーに代わる新たなモビリティショーです。

このショーは、自動車業界の枠を超えて、他産業やスタートアップ、来場される方を含め「日本の未来を新しい仲間と一緒に創っていくこと」が目的。

2023年10月時点の参加社数は、前回開催の東京モーターショー2019の192社を大きく上回る過去最高の475社を突破。自動車業界だけでなく、他産業やスタートアップも多く参加し、今までにない企画も実施されます。

ジャパンモビリティショー2023の見どころ

ジャパンモビリティショー2023の見どころは、主に3つです。

自動車メーカーの最新モデルを間近で見られる

自動車メーカーの最新モデルを間近で見られる絶好の機会です。

トヨタ、日産、ホンダなどの自動車メーカーが、次世代のモビリティ社会を支える新たな技術を搭載した最新モデルを展示します。

未来のモビリティを体感できる

自動運転車や電動バイクなどの未来のモビリティを体感できる体験型コンテンツも充実しています。

来場者は、実際にモビリティに乗ったり、操作したりすることで、未来のモビリティ社会を身近に感じることができます。

モビリティに関する最新情報を得られる

モビリティに関する最新情報が得られます。

モビリティ業界のトップランナーによるトークショーや、モビリティに関する最新技術や動向の紹介したセミナー、自動運転や電動バイクなどの未来のモビリティを体感できる体験イベントなども開催されます。

これら各社が実施するセミナーやトークショーに参加することで、モビリティの最新技術や動向を学ぶことができます。

国産自動車メーカー各社の注目モデルを紹介

カーライフ・ジャーナリストの渡辺陽一郎さんに、ジャパンモビリティショー2023の国産自動車メーカーの各社で注目した展示車について伺いました。

渡辺陽一郎さんがピックアップしたのは以下の9車種。

各社の注目の1台

  • トヨタ:KAYOIBAKO(カヨイバコ)
  • レクサス:LF-ZC
  • 日産:サクラ 90周年記念車
  • ホンダ:PRELUDE Concept(プレリュード コンセプト)
  • マツダ:MAZDA ICONIC SP(マツダ アイコニック・SP)
  • スズキ:スイフト コンセプト
  • 三菱:トライトン プロトタイプ
  • ダイハツ:VISION COPEN(ビジョン コペン)
  • スバル:SUBARU SPORT MOBILITY Concept(スバル スポーツ モビリティ コンセプト)
  • トヨタ:KAYOIBAKO(カヨイバコ)

    トヨタの注目の1台は「KAYOIBAKO」。通い箱の考え方をコンセプトに、目的に応じて役割を変えられるBEV(バッテリー式電気自動車)です。

    ビジネスユースでは、ラストワンマイル物流や移動販売車、乗り合いバスなど、社会インフラとして活躍。

    プライベートユースでは、一人ひとりの趣味嗜好に合わせてカスタマイズされ、移動の自由を提供してくれます。

    レクサス:LF-ZC

    レクサスの注目の1台は「LF-ZC」。レクサスの電動化を象徴する次世代BEVです。

    低重心なフォルムと広々とした室内空間、BEVならではの走行性能を兼ね備え、情感あふれるデザインとパーソナライズされた乗り味を実現。

    最新AI技術を活用した次世代音声認識や、竹素材を採用したサステナブルな内装も特徴。

    日産:サクラ 90周年記念車

    日産の注目の1台は「サクラ 90周年記念車」。日産の創立90周年を記念した市販予定車です。

    赤系のボディカラーに黒色のホイールと専用ステッカー、合成皮革シートを採用した特別仕様。

    サクラ以外にも日産 リーフやセレナなど全6車種に設定されます。

    ホンダ:PRELUDE Concept(プレリュード コンセプト)

    ホンダの注目の1台は「PRELUDE Concept」。2022年に電動化を宣言し、スポーツモデルの投入も予告、そのコンセプトモデルです。

    電動化や自動運転の時代でも、運転する楽しみを追求し、日常からの解放をもたらす車となっています。

    マツダ:MAZDA ICONIC SP(マツダ アイコニック・SP)

    マツダの注目の1台は「MAZDA ICONIC SP」。ロータリーエンジンとEVを組み合わせたハイブリッドスポーツカーです。

    低重心プロポーションとカーボンニュートラル燃料による優れた運動性能を実現し、外部への電力供給も可能。マツダの想いと企業理念を重ね合わせたコンセプトカラー「VIOLA RED(ヴィオラ レッド)」が採用されています。

    スズキ:スイフト コンセプト

    スズキの注目の1台は「スイフト コンセプト」。多面体をモチーフにした未来的で個性的なスタイリングが特徴のコンパクトカーです。

    また、新色「FRONTIER BLUE PEARL METALLIC(フロンティア ブルー パール メタリック)」も追加されています。

    インテリアは、水平基調のシンプルなデザインで、使いやすさを向上させています。

    三菱:トライトン プロトタイプ

    三菱の注目の1台は、2024年に発売予定の新型ピックアップトラック「トライトン」のプロトタイプです。

    ピックアップトラックならではの堅牢性とSUV並みの快適性を両立。副変速機を備えた本格的な悪路向け4WDシステムも採用されています。

    ダイハツ:VISION COPEN(ビジョン コペン)

    ダイハツの注目の1台は「ビジョン コペン」。初代コペンのデザインを継承し、FRレイアウトと1.3Lエンジンを搭載したオープンスポーツカーです。

    ボディサイズは全長3.8m、全幅1.7m、全高1.3mで、現行コペンよりひとまわり大きく、より安定した走りを実現しています。

    市販化は未定ですが、コペンのファンやスポーツカー好きの注目を集めるモデルです。

    スバル:SUBARU SPORT MOBILITY Concept(スバル スポーツ モビリティ コンセプト)

    スバルの注目の1台は「SUBARU SPORT MOBILITY Concept」。電動化時代のスポーツカーの価値を追求したコンセプトモデルです。

    外装は、面数やキャラクターラインを極力少なくし、張りのあるクリーンな立体でプロテクション感と空気の流れを感じさせる造形が特徴。

    スバルのスポーツカーの新たな可能性を示すモデルです。

    ジャパンモビリティショー2023の主な展示内容

    ジャパンモビリティショー2023では、自動車メーカーや部品メーカー、スタートアップ企業など、約500社が出展し、最新の自動車やモビリティ関連技術が展示されます。

    主催者プログラムである「シンボルコンテンツ」の詳細は以下の通りです。

    Tokyo Future Tour(東京フューチャーツアー)

    「Tokyo Future Tour(東京フューチャーツアー)」では、自動車業界だけでなく、他産業やスタートアップも多数参加して、モビリティが実現する未来を体験できるショーが開催されます。

    「EMERGENCY & MOBILITY」エリアでは、映画「ゴジラ-1.0(マイナスワン)」とのコラボレーションにより、災害時に活躍するモビリティの姿が描かれます。

    Startup Future Factory(スタートアップフューチャーファクトリー)

    「Startup Future Factory(スタートアップフューチャーファクトリー)」では、スタートアップと大企業の出会いと交流を促進するイベントが開催されます。

    Pitch Contest & Award

    11月4日(土)に開催されるピッチイベントです。15社のスタートアップがプレゼンテーションを行い、審査員による厳正な審査で優秀賞が選ばれます。

    ビジネスマッチングイベント

    会期中に5回開催されるマッチングイベントです。防災、少子高齢化、地域創生、環境、ウェルビーイング(※)など、テーマに沿ってスタートアップと大企業が出会います。

    (※)ウェルビーイングとは、身体的、精神的に健康な状態であるだけでなく、社会的、経済的に良好で満たされている状態にあること

    スタートアップストリート

    延べ100社のスタートアップがブース出展し、製品や技術、サービスを展示。

    これらのイベントを通じて、スタートアップの成長とモビリティ産業の拡張を促進します。

    Japan Future Session(ジャパンフューチャーセッション)

    日本の未来について討論するトークショー「Japan Future Session(ジャパンフューチャーセッション)」が開催されます。

    このトークショーでは、モビリティと未来をテーマに、カーボンニュートラル、アウトドア、SF、地球環境、モータージャーナリスト、ロボット、メタバース、水素など、幅広いテーマを扱います。

    登壇者は、映画監督、大学教授、モータージャーナリストなど多岐にわたります。

    これらのトークセッションを通じて、モビリティの未来を考えるきっかけを提供します。

    H2 Energy Festival(エイチツーエナジーフェスティバル)

    モビリティの未来を支える水素エネルギーを使った特設ステージが「H2 Energy Festival(エイチツーエナジーフェスティバル)」です。

    このステージでは、10月28日(土)にLDHアーティストによるオープニングスペシャルイベント「LDHアーティストライブ」、11月1日(水)に吉本お笑いステージ、11月2日(木)に「THE HOPE Presents JAPANESE HIPHOP STAGE」が実施されます。

    10月28日(土)の「LDHアーティストライブ」では、THE RAMPAGE、MA55IVE THE RAMPAGE、BALLISTIK BOYZ、LIL LEAGUE、WOLF HOWL HARMONY、KID PHENOMENONが登場します。

    11月1日(水)の吉本お笑いステージでは、モビリティをテーマにしたネタや、モビリティに関するクイズなど、モビリティに関する知識を深めながら楽しめるコンテンツを用意します。

    11月2日(木)の「THE HOPE Presents JAPANESE HIPHOP STAGE」では、AK-69、DJ Ryow and Friends、DJ CHARI with Friends、Bleecker Chrome、Carz、DJ KEKKE、VOLTなど、日本のHIPHOPシーンを代表するアーティストが出演します。

    Out of KidZania in JMS 2023(アウトオブキッザニア in JMS 2023)

    東京モーターショー2019から引き続き、キッザニアとコラボレーションした「Out of KidZania in JMS 2023(アウトオブキッザニア in JMS 2023)」が開催されます。

    このイベントでは、カーモデラーやメカニック、職人の技など、ここでしか体験できないモビリティに関わる多彩な11種類のプログラムを小学生向けに提供されます。

    以下はプログラムの一覧です。

    スズキ株式会社

    新しいモビリティのプロデューサーの仕事

    株式会社SUBARU

    レーシングメカニックの仕事

    ダイハツ工業株式会社

    エンジンを組立てる仕事

    トヨタ自動車株式会社

    燃料電池自動車エンジニアの仕事

    トヨタ自動車株式会社

    試作車をつくる”たくみ”の仕事

    日産自動車株式会社

    スーパーカーをつくる技術者”たくみ”の仕事

    本田技研工業株式会社

    商品の研究開発の仕事

    マツダ株式会社

    砂型鋳造(ちゅうぞう)職人の仕事

    三菱自動車工業株式会社

    カーモデラーの仕事

    一般社団法人日本自動車販売協会連合会

    カーディーラーの自動車整備士の仕事

    サステナブルイベント協議会

    イベントデザイナーの仕事

    参加費は、出展者ブース 平日500円(税込)、土日祝1,000円(税込)です。また、3歳以上が対象の未就学児プログラムは無料で参加できます。

    参加の申し込みは、専用サイト(JMS 2023 公式Web サイト内)より先着順の受付です。

    フードコート

    グルメエンターテイナーのフォーリンデブはっしー(橋本陽)さんがプロデュースする「フードコート」が開催されます。

    「フードコート」は、過去最多の45店舗が出店する、モビリティをテーマにした食の祭典です。4つのエリアに分かれており、それぞれにおすすめのグルメが用意されています。

    Japan Meat Show / 西展示棟屋上

    肉料理の専門店が集まるエリア。日本初のバーガー選手権で優勝した「SHOGUN BURGER」や、横浜中華街で人気の「王府井~ワンフーチン~」など、人気の肉料理を味わえます。

    ご当地グルメ / 東展示棟

    全国各地のご当地グルメを楽しめるエリア。仙台の牛タンや京都のハラミ焼肉丼など、日本の食を満喫できます。

    ワールドグルメ / 東展示棟

    世界のグルメを楽しめるエリア。アフリカのジョロフライスやメキシコのタコスなど、珍しいグルメも味わえます。

    ファミリーグルメ / 南展示棟

    ファミリーで楽しめるエリア。縁日の屋台グルメや、自動車メーカーの社食カレーなど、家族で楽しめるグルメが用意されています。

    モータースポーツエリア

    ジャパンモビリティショー2023では、モータースポーツエリアが新たに設置されます。屋内展示エリアでは、レースカーの展示やe-Motorsportsの全日本大会の決勝、トークショーなどを開催します。屋外では、プロドライバーによるレースカーのデモランや、タイヤ交換デモなどを実施します。

    展示されるレースカーのカテゴリーは、以下の通りです。

    国内レース:スーパー耐久、SUPER GT、Formula1、Formula-E、WRC、WEC、全日本ラリー、ダカールラリー

    海外レース:FIM スーパーバイク世界選手権、AMA スーパークロス、MotoGP、全日本ロードレース選手権、全日本トライアル選手権

    モータースポーツファンは、ぜひこの機会にジャパンモビリティショー2023のモータースポーツエリアを訪れてください。

    その他の主催者プログラム

    ジャパンモビリティショー2023では、その他の主催者プログラムとして、以下の内容が予定されています。

    キャンピングカーエリア:日本RV協会との連携で、キャンピングカーやアウトドア用品の展示・販売、体験イベントなど

    AJAJガイドツアー:日本自動車ジャーナリスト協会による、クルマやモビリティに関するガイドツアー

    屋外無料エリア:軽トラ市、働くクルマ展示、スーパーカー展示など、日替わりでさまざまなプログラムを実施

    具体的な展示内容は、各社の出展概要をご確認ください。

    ジャパンモビリティショー2023のチケット情報

    入場券

    <一般>

    3,000円(当日券)

    2,700円(前売券)

    1,500円(アフター4)

    3,500円(アーリーエントリー※1)

    4,000円(プレビューデー※2)

    高校生以下:無料(ただし、アーリーエントリー、プレビューデーは一般と同じ価格です)

    小学生以下:無料(ただし、アーリーエントリー、プレビューデーは保護者の同伴が必要)

    ※1:アーリーエントリー 一般公開日の9:00から入場可能(一般入場は10:00から)

    ※2:プレビューデー 10月27日(金)12:30~18:00に入場可能

    <コンテンツチケット>

    Out of KidZania in JMS 2023:土日祝日1,000円、平日500円

    自動車ジャーナリスト(AJAJ)と巡るジャパンモビリティショー:1,500円

    H2 Energy Festival:入場券2,000円~、JMS2023セット入場券4,700円~(曜日によって価格が変動します。詳しくはオフィシャルサイトをチェックしてください)

    販売期間

    入場券:2023年8月30日(水)からオンライン販売開始

    コンテンツチケット:2023年10月5日(木)からオンライン販売開始

    チケット販売はすべてオンラインのみ

    ジャパンモビリティショー2023の開催概要

    会期

    2023年10月26日(木)~11月5日(日)

    開催期間

    プレビューデーは10月27日(金)のみ開催

    一般公開日は10月28日(土)~11月5日(日)

    開催時間

    9:00~17:00(最終入場16:00)

    開催場所

    東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-11-1)

    主催

    一般社団法人日本自動車工業会

    この記事の画像ギャラリーはこちら

      すべての画像を見る >

    【PR】MOTAおすすめコンテンツ

    MOTA編集部
    筆者MOTA編集部

    MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

    樺田 卓也 (MOTA編集長)
    監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

    自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

    MOTA編集方針

    「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
    カー用品・カスタムパーツ

    愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

    • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

      これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

    • 一括査定は本当に高く売れるの?

      これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

    人気記事ランキング
    最新 週間 月間

    新着記事

    新着 ニュース 新型車 比較 How To
    話題の業界トピックス・注目コンテンツ

    おすすめの関連記事

    この記事にコメントする

    コメントを受け付けました

    コメントしたことをツイートする

    しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
    もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
    該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
    通報よりその旨をお伝えください。

    閉じる