トヨタの注目展示車は「KAYOIBAKO」 トヨタブースの展示車両や体験コンテンツを紹介|ジャパンモビリティショー2023

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:佐藤 正巳
画像ギャラリーはこちら

2023年10月26日(木)から11月5日(日)まで東京ビッグサイトで開催される「ジャパンモビリティショー2023」。

当記事では、トヨタブースの場所や特徴、コンセプト、体験コンテンツ、展示車両などをご紹介。

さらにトヨタブースの注目の1台として「KAYOIBAKO(カヨイバコ)」をピックアップします。

目次[開く][閉じる]
  1. ジャパンモビリティショー2023とは?
  2. トヨタブースの場所はどこ?
  3. トヨタブースの特徴やコンセプト
  4. トヨタブースの主な体験コンテンツ
  5. トヨタブースの主な展示車両
  6. トヨタブースの注目の1台「KAYOIBAKO」

ジャパンモビリティショー2023とは?

2023年10月26日(木)から11月5日(日)まで、東京ビッグサイトで開催される「ジャパンモビリティショー2023」。自動車業界の枠を超えて、日本の未来を新しい仲間と一緒につくっていくことを目的とした、新たなモビリティショーです。

参加社数は前回開催の東京モーターショー2019の192社を大きく上回る過去最高の475社を突破。自動車業界だけでなく、他産業やスタートアップも多く参加し、今までにない企画も実施されます。

具体的には、

・自動車の電動化や自動化、コネクティビティなどの最新技術

・空飛ぶクルマやドローンなどの次世代モビリティ

・移動をより便利で快適にするサービスやインフラ

など、さまざまなモビリティの未来が展示されます。

また、来場者が実際にモビリティを体験できる試乗やデモンストレーション、トークショーなどのイベントも多数開催されます。

▼「ジャパンモビリティショー2023」の見どころや主な展示内容、チケット情報などはこちら

トヨタブースの場所はどこ?

ジャパンモビリティショー2023のトヨタブースのホール位置は「東展示棟 東2・3ホール」です。

トヨタブースの特徴やコンセプト

トヨタブースのテーマは「クルマの未来を変えていこう-Find Your Future」です。

トヨタブースでは、音楽やダンスなど、会場全体で作るステージ演出のほか、モビリティを好みの仕様にカスタマイズできる体験や、どなたでも手元でクルマの運転操作のすべてが可能なレースゲームなどの楽しいコンテンツを用意。未来のモビリティ社会の生活を体験することができます。

車両展示では、先月発表されたセンチュリーの新モデルや新型クラウンシリーズに加え、あなたの唯一無二の愛車として進化していく未来のクルマも展示。また、月面を走るバギーとのフォトスポットなど、未来の体験を持ち帰れる仕掛けも用意されています。

トヨタブースの主な体験コンテンツ

ジャパンモビリティショー2023のトヨタブースでは、体験コンテンツとして「CAPSULE BAR」「NEO Steerドライビング体験」の2つが用意されています。

CAPSULE BAR

モビリティの後部をカスタマイズしたカプセルバーで、簡単な質問に答えるとミニカーが入ったカプセルアイテムがプレゼントされます。

NEO Steerドライビング体験

アクセルやブレーキのペダルがなく、立ったままや車いすに乗ったままでも運転操作可能な新たな技術を体験できます。

トヨタブースの主な展示車両

ジャパンモビリティショー2023のトヨタブースでは、以下の車両が展示されています。

トヨタブースの主な展示車両

  • FT-3e
  • FT-Se
  • KAYOIBAKO(カヨイバコ)
  • IMV 0(アイエムブイ・ゼロ)
  • LAND CRUISER Se(ランドクルーザー エスイー)
  • EPU(イーピーユー)
  • RANGGA concept(ランガ コンセプト) など
  • トヨタブースの注目の1台「KAYOIBAKO」

    カーライフ・ジャーナリストの渡辺陽一郎さんに、ジャパンモビリティショー2023のトヨタブースで注目した展示車について伺いました。ピックアップしたのは「KAYOIBAKO」。

    KAYOIBAKOは、BEV(バッテリー式電気自動車)であることを生かしたパッケージとなっています。小型のミニバンコンセプトです。

    小型のモーターと床下に配置したリチウムイオンバッテリーにより、運転席を車体の前寄りに配置。フラットな床面は使いやすく、荷物をたくさん積み込むことができます。

    BEVであるため、発電機などを持ち込まなくても、キャンプやアウトドアに利用できそうです。

    ジャパンモビリティショー2023の他社ブースについてはこちら

    この記事の画像ギャラリーはこちら

      すべての画像を見る >

    【PR】MOTAおすすめコンテンツ

    MOTA編集部
    筆者MOTA編集部

    MOTA編集部。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

    樺田 卓也 (MOTA編集長)
    監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

    自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

    MOTA編集方針

    「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

    愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

    • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

      これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

    • 一括査定は本当に高く売れるの?

      これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

    人気記事ランキング
    最新 週間 月間

    新着記事

    新着 ニュース 新型車 比較 How To
    話題の業界トピックス・注目コンテンツ

    おすすめの関連記事

    トヨタの最新自動車ニュース/記事

    トヨタのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタのニュース一覧

    この記事にコメントする

    コメントを受け付けました

    コメントしたことをツイートする

    しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
    もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
    該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
    通報よりその旨をお伝えください。

    閉じる