ダイハツの注目展示車は「VISION COPEN」 ダイハツブースの展示車両や体験コンテンツを紹介|ジャパンモビリティショー2023

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:佐藤 正巳
画像ギャラリーはこちら

2023年10月26日(木)から11月5日(日)まで東京ビッグサイトで開催される「ジャパンモビリティショー2023」。

当記事では、ダイハツブースの場所や特徴、コンセプト、体験コンテンツ、展示車両などをご紹介。

さらにダイハツブースの注目の1台として「VISION COPEN(ビジョン コペン)」をピックアップします。

目次[開く][閉じる]
  1. ジャパンモビリティショー2023とは?
  2. ダイハツブースの場所はどこ?
  3. ダイハツブースの特徴やコンセプト
  4. ダイハツブースの主な体験コンテンツ
  5. ダイハツブースの主な展示車両
  6. ダイハツブースの注目の1台「VISION COPEN」

ジャパンモビリティショー2023とは?

2023年10月26日(木)から11月5日(日)まで、東京ビッグサイトで開催される「ジャパンモビリティショー2023」。自動車業界の枠を超えて、日本の未来を新しい仲間と一緒につくっていくことを目的とした、新たなモビリティショーです。

参加社数は前回開催の東京モーターショー2019の192社を大きく上回る過去最高の475社を突破。自動車業界だけでなく、他産業やスタートアップも多く参加し、今までにない企画も実施されます。

具体的には、

・自動車の電動化や自動化、コネクティビティなどの最新技術

・空飛ぶクルマやドローンなどの次世代モビリティ

・移動をより便利で快適にするサービスやインフラ

など、さまざまなモビリティの未来が展示されます。

また、来場者が実際にモビリティを体験できる試乗やデモンストレーション、トークショーなどのイベントも多数開催されます。

▼「ジャパンモビリティショー2023」の見どころや主な展示内容、チケット情報などはこちら

ダイハツブースの場所はどこ?

ジャパンモビリティショー2023のダイハツブースのホール位置は「東展示棟 東1・2ホール」です。

ダイハツブースの特徴やコンセプト

ダイハツブースでは、創業以来持ち続けてきた「お客様に寄り添い、暮らしを豊かにする」というビジョンをテーマに、歴代のクルマとコンセプトカーを展示。

ダイハツは、今後も少子高齢化をはじめとした社会課題に真摯に向き合い、環境に優しく、サステナブルな存在である“小さなクルマ”を通じて、すべての人に豊かなモビリティライフを提供していきたいとのこと。

ダイハツブースの主な体験コンテンツ

ジャパンモビリティショー2023のダイハツブースの展示車「me:MO(ミーモ)」のすぐそばには、3Dプリンタで作ったパーツを使ってクルマを自由にデコレーションできるコーナーが設置されています。

ホイールキャップやバンパーの穴にパーツをはめ込むだけで、簡単にオリジナルのクルマを作るという大人も子ども楽しめるものとなっています。

ダイハツブースの主な展示車両

ジャパンモビリティショー2023のダイハツブースでは、以下の車両を展示。

ダイハツブースの主な展示車両

  • me:MO(ミーモ)
  • ライフステージに合わせて、スタイルや楽しみ方を変えることができるサステナブルな軽自動車

  • UNIFORM Cargo(ユニフォーム カーゴ)
  • UNIFORM Truck(ユニフォーム トラック)
  • 使いやすさなど働くクルマの原点を追求し、多様な働き方や用途に対応する未来の軽商用車

  • OSANPO(オサンポ)
  • オープンエアの心地よさを散歩に出かけるような手軽さで楽しめ、日常にスローな価値を生み出す

  • VISION COPEN(ビジョン コペン)
  • コペンの気軽さはそのままに、走る喜び・楽しさを追求した

  • e-ハイゼットカーゴ コンセプト
  • ラストワンマイル輸送に最適な電気自動車モデルの軽バン

    コンセプトカーは、未来のモビリティ社会における人や暮らしに寄り添う姿を、5つのカタチにして表現されています。

    ダイハツブースの注目の1台「VISION COPEN」

    カーライフ・ジャーナリストの渡辺陽一郎さんに、ジャパンモビリティショー2023のダイハツブースで注目の展示車について伺いました。ピックアップしたのは「VISION COPEN(ビジョン・コペン)」。

    ビジョン・コペンの外観を見ると、初代コペンを彷彿とさせる丸みを帯びたフォルムや丸いヘッドライトなどが採用されています。

    ボディサイズは全長3,835mm、全幅1,695mm、全高1,265mm、ホイールベース2,415mmで、1.3Lエンジンを搭載。将来的にはカーボンニュートラル燃料の活用も見据えています。

    軽自動車規格(ボディサイズは全長3,400mm×全幅1,480mm×全高2,000mm以下、エンジンは660cc以下)を超えたコンパクトカーと言えるサイズです。

    また、FR(後輪駆動)レイアウトになっている点も注目です。走る楽しさを極めた新しい小型オープンスポーツの可能性を感じるでしょう。

    ジャパンモビリティショー2023の他社ブースについてはこちら

    この記事の画像ギャラリーはこちら

      すべての画像を見る >

    【PR】MOTAおすすめコンテンツ

    MOTA編集部
    筆者MOTA編集部

    MOTA編集部。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

    樺田 卓也 (MOTA編集長)
    監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

    自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

    MOTA編集方針

    「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

    愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

    • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

      これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

    • 一括査定は本当に高く売れるの?

      これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

    人気記事ランキング
    最新 週間 月間

    新着記事

    新着 ニュース 新型車 比較 How To
    話題の業界トピックス・注目コンテンツ

    おすすめの関連記事

    ダイハツの最新自動車ニュース/記事

    ダイハツのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツのニュース一覧

    この記事にコメントする

    コメントを受け付けました

    コメントしたことをツイートする

    しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
    もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
    該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
    通報よりその旨をお伝えください。

    閉じる