SkyDrive社が米国Volatus Infrastructure社と業務提携


「空飛ぶクルマ」の社会実装に向け、バーティポートの活用を推進

「空飛ぶクルマ」(※1)および「物流ドローン」を開発する株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市、代表取締役CEO 福澤知浩、以下「SkyDrive」)と、Volatus Infrastructure, LLC(本社:米国ウィスコンシン州、共同創設者 Grant Fisk、以下、「Volatus」)は、双方の事業開発および市場拡大に向け、バーティポート(※2)に関する業務提携の覚書を2022年9月1日に締結したことをお知らせいたします。




■ 本提携の背景と今後の取り組み
 SkyDriveは現在、小型で電動、2人乗りの空飛ぶクルマ「SkyDrive式 SD-05型」(以下「SD-05」)の開発に取り組んでいます。2021年10月には、国土交通省がSD-05の型式証明申請を受理し、日本で初めての型式証明取得を目指して開発を推進しております。

 Volatusは、米国の空飛ぶクルマ業界において、"accessible”をキーワードとしインフラの標準化を推進しています。また、Volatusは同社の製品やサービスのコストを、誰もが利用できるような価格に保つことに尽力しています。

 SkyDriveは、Volatusが米国において提供するバーティポートや充電ステーションなどを空飛ぶクルマの運航に不可欠なインフラの一つとして活用することを検討しています。また、Volatusが将来日本市場にバーティポートや充電設備などを提供する際には、SkyDriveの機体も離着陸可能となるよう、協力する予定です。両社は、空飛ぶクルマの社会実装という共通の目標に向かって、今後も協業してまいります。

■ 各コメント
株式会社SkyDrive 代表取締役CEO 福澤知浩
 Volatus社はアメリカのウィスコンシン州を始め、米国内の多くの州で常設のバーティポートの建設を計画しており、SkyDriveはそのバーティポートの活用を検討しています。両社の協業により、エアモビリティの普及に向けた活動が促進されると確信していす。

Volatus Infrastructure, LLC 共同創設者 Grant Fisk
 SkyDriveとのアライアンス締結は、世界のeVTOL業界にとって大きな前進です。私たちが協業することで、社会に最高のeVTOLサービスを提供し、この新しいモビリティを、より迅速に普及させることができます。また、SkyDriveは物流ドローンも手掛けており、当社が貨物ハブを作る上でも、重要な役割を果たしてくれると考えています。


※1 空飛ぶクルマとは:明確な定義はないが、「電動」「自動(操縦)」「垂直離着陸」が一つのイメージ。諸外国では、eVTOL(Electric Vertical Take-Off and Landing aircraft)や UAM(Urban Air Mobility)とも呼ばれ、新たなモビリティとして世界各国で機体開発の取組がなされている。モビリティ分野の新たな動きとして、世界各国で空飛ぶクルマの開発が進んでおり、日本においても 2018 年から「空の移動革命に向けた官民協議会」が開催され、2030 年代の本格普及に向けたロードマップ(経済産業省・国土交通省)が制定されている。
引用元:国土交通省(令和 3 年 3 月付) https://www.mlit.go.jp/common/001400794.pdf
引用元:経済産業省(令和 4 年 3 月付) https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/air_mobility/pdf/008_01_02.pdf

※2 バーティポートとは:空飛ぶクルマ等、垂直離着陸可能な航空機専用の離着陸場のこと。垂直を意味する「Vertical」と空港を意味する「airport」の2語を合わせた単語。


≪株式会社SkyDrive 概要≫
設立:2018年7月
代表者:代表取締役CEO 福澤知浩
URL: https://skydrive2020.com/
所在地:豊田本社:愛知県豊田市挙母町2-1-1
    東京オフィス :東京都新宿区
    豊田テストフィールド:愛知県豊田市足助地区
    大阪オフィス :大阪府大阪市北区梅田1-3-1-800号 大阪駅前第1ビル8階
事業内容:「100年に一度のモビリティ革命を牽引する」をミッションに、「日常の移動に空を活用する」未来を実現するべく、2018年7月に設立、「空飛ぶクルマ」及び「物流ドローン」を開発しています。「空飛ぶクルマ」の開発においては、国内で唯一、有人飛行試験を実現し、官民協議会の構成員として制度設計にも関与しております。30kgの荷物を運搬可能な「物流ドローン」は、山間部を中心とした作業現場で活用いただいています。「空飛ぶクルマ」は、現在2人乗りの機体を開発中、2025年に大阪ベイエリアでのサービス開始を目指しております。

≪Volatus Infrastructure, LLC 概要≫
設立:2021年
代表者:共同創設者 Grant Fisk
URL: https://volatusllc.com/
所在地:アメリカ合衆国ウィスコンシン州
事業内容:Volatus Infrastructure, LLC は、 eVTOL のインフラ技術でコミュニティを繋ぎ、空の移動が身近になる未来社会を目指しています。バーティポートだけでなく、どのような機体でも対応可能な充電ステーション、メンテナンスプログラムなどの主要なeVTOLのインフラを提供しております。特定のニーズに合わせて、最新の技術を取り入れながらインフラをカスタマイズすることで、空飛ぶクルマがより社会に役立つ環境をつくってまいります。


企業プレスリリース詳細へ

プレスリリース提供:PR TIMES

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 汀渚 ばさら邸

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる