触れないことで抗菌・抗ウイルス対策|ジャガー・ランドローバー、非接触タッチスクリーンを開発

画像ギャラリーはこちら
ジャガー・ランドローバーとケンブリッジ大学は7月23日(現地時間)、ドライバーのわき見運転防止と、ポストコロナの世界における細菌やウイルスの拡散防止に役立つ、新たな非接触式のタッチスクリーン技術を開発したと発表した。

人工知能(AI)とセンサーを活用した「Predictive Touch」により、直接触れずに操作

「Predictive Touch(予測タッチ)」として知られるこの特許技術は、人工知能(AI)やセンサーを活用してユーザーが意図するタッチスクリーン上のターゲットを予測。GPSナビゲーションや温度管理、エンターテインメントの設定などのインフォテインメントシステムを、ボタンやスクリーンに触れずに操作することができる。

これにより、路面に凹凸がある場合や路面状況が悪いなど、車体の揺れによってタッチスクリーン上での操作が困難な場合であっても、道路前方に集中する時間を増加させることで、事故のリスクを減らすことができるとした。

AIの活用でユーザー糸をリアルタイムに予測

「Predictive Touch」は、AIを活用してドライバーがスクリーン上で選択しようとしているアイテムを指差すと、触れない間にいち早く判断して応答時間を短縮。

ジェスチャートラッカーには、家庭用電化製品にも普及し一般的になりつつある、視覚や無線周波数をベースにしたセンサーを使用した。

ユーザープロフィールやインターフェースデザイン、環境条件などのコンテキスト情報と、視線トラッカーなどの別のセンサーから入手できるデータとを組み合わせて、ユーザーの意図をリアルタイムで推測することができる。

時間と手間を最大50%削減すると共に感染拡大防止にも寄与

ラボテストおよび路上での実証実験によって、「Predictive Touch」技術は細菌やウイルスの拡散を抑制すると同時に、ドライバーがタッチスクリーンを操作する手間や時間を最大50%削減できることが判明した。

車内の快適性を高めるジャガー・ランドローバーの取り組み

ジャガー・ランドローバーは、各国のロックダウン(都市封鎖)が解除された後の「ニューノーマル」においては、これまで以上に安全でクリーンなモビリティに重点が置かれ、パーソナルスペースや衛生習慣が重視されると予測。

すでにジャガー・ランドローバーの車両には、ドライバー・コンディション・モニターやエンジンノイズを消すための機能、目に見えない微粒子やアレルギー物質を除去するPM2.5フィルター付きイオン空気洗浄テクノロジーなど、車内の快適性を高めるためのさまざまな設計が施されている。

また、「Predictive Touch」は、より安全で健康的な社会、そしてよりクリーンな環境を目指すジャガー・ランドローバーが掲げるミッション「Destination Zero」の一環として、ケンブリッジ大学と共に開発された。

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 茶六別館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ジャガーの最新自動車ニュース/記事

ジャガーのカタログ情報 ジャガーの中古車検索 ジャガーの記事一覧 ジャガーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる