スバル、プラグインハイブリッドのXVを発売へ…トヨタのHVと水平対向エンジンの組み合わせ

北米スバルは、クロストレック2019年モデル(日本名:XV)に同社初のプラグインハイブリッドモデルを追加すると発表した。クロストレックハイブリッドは、2018年末に発売される予定だ。日本国内向けのスバル XVハイブリッド(XV PHEV)の登場も大いに期待される。

>>日本で販売されているXV(北米名:クロストレック)の画像を見る

スバルは、軽自動車のステラにプラグインハイブリッドに搭載した「プラグイン ステラ」を2009年に発売したが、官公庁などに販売されるにとどまり、一般ユーザーに販売されたわけではない。市販化という意味では、クロストレックが最初のモデルとなる。

クロストレックハイブリッドは、トヨタのハイブリッドシステム(THS)とスバルの水平対向直噴4気筒エンジンやシンメトリカルAWD、新型トランスミッションを組み合わせ、ガソリンモデルのオフロード性能とハイブリッドの低燃費を両立させた。

従来のXVに設定されていたマイルドハイブリッドとは異なり、新型クロストレック(XV)では、EV走行も可能な本格的なフルハイブリッドの導入となる。現行型ではハイブリッドの設定が無く、登場が期待されていた。

プラットフォームはガソリンモデルと同様に、SGP(スバルグローバルプラットフォーム)を基本とし、ハイブリッドと電動の両方のパワートレインに適用するようデザインされているとのことだ。

この記事の画像ギャラリーはこちら
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

スバル XVの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル XVのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル XVの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル XVの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル XVのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる