スバル 新型クロストレックが登場┃新しいクロスオーバーSUVは新世代アイサイト搭載などで安全性がさらに進化! 導入時期は2023年の遅くないタイミング!?

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:SUBARU
画像ギャラリーはこちら
スバルは、2022年9月15日(木)に新型「CROSSTREK(クロストレック)」を世界初公開しました。同モデルは、新世代アイサイトに、日本仕様では初となる広角単眼カメラを加えた、高い安全性能を実現したクロスオーバーSUVとなります。日本市場への導入(2023年以降を予定)を皮切りに、順次世界各国市場にて導入予定です。
目次[開く][閉じる]
  1. XVの車名をグローバルで統一し、新型クロストレックとして登場
  2. 新型クロストレックのボディサイズ
  3. 新型クロストレックの外観デザイン
  4. 新型クロストレックの内装デザイン
  5. 新型クロストレックの室内空間・荷室スペース
  6. 新型クロストレックの安全性能
  7. 新型クロストレックの導入時期は2023年以降

XVの車名をグローバルで統一し、新型クロストレックとして登場

スバル 新型クロストレックは、コンパクトなボディ、同社独自のシンメトリカルAWDをベースとした本格的なSUV性能、ラギッド(無骨)かつスポーティなデザインを組み合わせることにより、都会からアウトドアシーンまで幅広く活用出来る多用途性を実現したクロスオーバーSUVです。

第3世代となる新型では、これまで市場によって使い分けていた、「CROSSTREK(クロストレック)」、「SUBARU XV(エックスブイ)」の車名を、グローバルで「CROSSTREK」に統一。従来型の個性的なデザインをさらに際立たせ、動的質感にもより磨きをかけました。また、新世代アイサイトに加え、広角単眼カメラも日本仕様として初めて採用することで、高い安全性能を実現しています。

新型クロストレックのボディサイズ

新型クロストレックのボディサイズは、全長4480mm × 全幅1800mm × 全高1580mm。ホイールベースは2670mmです。先代となるXVのボディサイズサイズが全長4485mm × 全幅1800mm × 全高1550mm、ホイールベースは2670mmだったので、後継モデルとなる新型クロストレックはXVよりも5mm短く、30mm高くなっています。

新型クロストレックの外観デザイン

新型クロストレックのフロントビューは、厚みを感じさせる高いフード位置により、逞しさを表現。さらにシャープさを感じさせるフロントグリルバーやLEDヘッドランプにより、軽快かつ精悍なイメージのフロントマスクに仕立てられています。サイドビューは、クラッディングエリア(フェンダーアーチの樹脂パーツ部分)を拡大し、高い走破性を予感させるとともに、ダイナミックなラインや造形を盛り込んだボディにより、頼もしさと躍動感を両立。上級グレードには、18インチアルミホイールを採用しています。リヤビューでは、キャビンを絞り込むことでフェンダーの張り出しを強調し、安定感を表現しています。

さらに、新型クロストレックでは、ハイ&ロービームランプ、ポジションランプに加えターンランプもLED化。さらに交差点での右左折時などに進行方向を照らす、LEDコーナリングランプをスバル車として初採用。夜間の視認性を向上させています。

新型クロストレックのボディカラーには、新色のオフショアブルー・メタリックとオアシスブルーを含む、全9色のエクステリアカラーを設定しています。

新型クロストレックの内装デザイン

新型クロストレックの内装は、インパネデザインでは、マルチマテリアルの多層構造とすることで、各素材の風合いを活かした、シンプルでありながら表情豊かなデザインとしています。

センターコンソールは、上面の位置を高くして包まれ感と上質感を表現するとともに、操作性も向上させています。さらに工夫を凝らした収納も充実させて使い勝手の良さを感じさせる内装に仕立てています。

ドアトリムには、人体工学に基づいて設計したインナープルハンドルにより、自然な姿勢で開閉できるようにしています。

マルチメディアシステムには、同社のレヴォーグやWRX S4などの他車種で採用している11.6インチセンターインフォメーションディスプレイの大画面がもたらす使い勝手の良さや、先進的ですっきりとしたデザインはそのままに、スマートフォンとの連携機能を大幅に強化。普段使っているスマートフォンと同じ感覚でシームレスに扱えるインフォテインメントシステムに進化しています。

内装のバリエーションは、上級グレードには、ファブリック(シルバーステッチ)。標準グレードには、トリコット(シルバーステッチ)を採用。メーカー装着オプションとして本革シートも設定しています。

新型クロストレックの室内空間・荷室スペース

新型クロストレックの室内空間は、従来のXV同等のゆとりある室内空間を実現。広い室内空間はあらゆる体格のドライバーが最適なドライビングポジションを取れるだけでなく、長距離ドライブでも乗る人全てが疲れにくく、ゆとりある移動時間を提供するとしています。

新型クロストレックの荷室スペースでは、従来のXV同等の大きな荷室開口部と必要十分な荷室容量を確保。6:4分割可倒式リヤシートによって荷室を自在に拡張することで、大きな荷物や長尺物の搭載も可能となっています。

そのほか、リヤゲート下部のトリムやサイドシルプレートには、山をモチーフとしたテクスチャーを採用。優れたデザイン性だけでなく、滑り止めやキズの防止という実用性も兼ね備えています。また、サイドシルプレートは形状を最適化し、ルーフに荷物を載せたり、屋根を拭き上げるために足をかける際の安定性を高めています。

新型クロストレックの安全性能

新型クロストレックでは、デジタルマルチビューモニターを備えています。4つのカメラ映像を合成して車両周囲360°を映し出す3Dビュー/トップビューを採用し、車両周囲の視認性を高めました。また、画面表示には新採用のセンターインフォメーションディスプレイを使用して、従来型のマルチファンクションディスプレイより大きく高精細な画面により、見やすさと使いやすさを向上させています。

さらに新型クロストレックでは、新型ステレオカメラユニットを採用。画角が従来型の約2倍と大幅に拡大しています。画像認識ソフトや制御ソフトも改良され、より広く遠い範囲まで認識できるように進化しています。また、フロントガラス取り付け式に変更するとともに、レンズフードを採用し、レンズに誤って触れることがないようにしています。

また、低速での走行時に、新型ステレオカメラよりも広角で、二輪車/歩行者を認識できる広角単眼カメラをスバル日本市場初新採用。プリクラッシュブレーキで対応できるシチュエーションを拡大し、歴代アイサイトとして最高の性能を実現しております。

新型クロストレックの導入時期は2023年以降

新型クロストレックは、日本市場への導入(2023年以降を予定)を皮切りに、順次世界各国市場にて導入予定となっております。

これについて、2022年9月15日にオンラインで行われたワールドプレミアで、中村 友美代表取締役社長は「現時点で正確な導入時期は明言できないが、2023年の遅くない時期には導入を予定している」とコメントしています。

今後も、新型クロストレックの導入時期や価格など、新しい情報が入り次第速やかにお届けします。

【筆者:MOTA編集部 カメラマン:SUBARU】

スバル/XV
スバル XVカタログを見る
新車価格:
220万円295.9万円
中古価格:
126万円358万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スバル XVの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル XVのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル XVの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル XVの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル XVのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる