テスラ、納車済み車両に車載ソフトの自動アップデートを実施

画像ギャラリーはこちら

12月29日より5つの新機能が自動追加

テスラモーターズジャパンは2017年12月28日、すでにユーザーへ納車済みの「テスラ モデルS」「モデルX」を対象に、ワイヤレスで車両用ソフトウェアのアップデートを実施すると発表した。本アップデートはグローバルで展開されており、日本では国土交通省の認証を受け、12月29日より日本国内の対象モデル全てに配信される。

今回追加されるのは以下の5機能。

1.停車時のエアコン自動ON機能

既存機能である「キャビンオーバーヒートプロテクション機能」(車両OFF状態でも車内の過度な気温上昇を抑える)をさらに拡張。車載の大容量バッテリーの電力を用いて、車両OFF時でも設定されたエアコン温度を保つことが可能となった。本機能はバッテリー残量が20%を切るまで実施される。

2.乗降時の運転席オートスライド/オートチルト機能

停車時、シフトをP(パーキング)ポジションに入れシートベルトを外すと、ステアリングコラムを自動で上方に移動。運転席シートを自動で後方へ移動させる。また再乗車時、電源がONになった状態でブレーキを踏めばステアリングのチルトと運転席ポジションを直前の乗車時の状態へ戻す。これにより、自ら手を煩わせることなくスムーズな乗降をサポートする。

3.サイドミラーの開き忘れ防止機能

電動格納したサイドミラーをそのままの状態で走行し、時速50キロに達した場合、自動的にミラーを開く機能が追加された。さらに時速50キロ以上ではミラーの電動格納機能も作動しなくなる。

4.緩加速の「コンフォートモード」を追加

アクセル開度に対しモーター出力を抑え、緩加速モードとした「コンフォートモード」を新たに設定した。

不用意な急加速をさせることがないため安全性が高まるとともに、加減速の姿勢変化が少なく後席などの乗員に対しても優しいことから、タクシーやハイヤーなどにも適したモードとなる。

車内のタッチスクリーンから随時変更することが可能。

5.自動緊急ブレーキ機能の有効化

ハードウェア更新後のモデルS・モデルXを対象に、自動緊急ブレーキ機能を有効化した。時速10キロ~150キロの間で機能し、正面衝突に対応する。衝突の危険を察知するとメーターの警告表示・警告音と減速が行われ、また自動運転(オートパイロット機能の作動)時には車両の完全停止も実施される。

>>テスラ モデルS/モデルXのフォトギャラリーを見る

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雲風々
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

テスラ モデルSの最新自動車ニュース/記事

テスラのカタログ情報 テスラ モデルSのカタログ情報 テスラの中古車検索 テスラ モデルSの中古車検索 テスラの記事一覧 テスラ モデルSの記事一覧 テスラのニュース一覧 テスラ モデルSのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる