autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アストンマーティン、24億円で落札された「DBR1」やV8エンジン搭載の「DB11」など4モデルをグッドウッド・リバイバルに出展!

自動車ニュース 2017/9/7 11:15

アストンマーティン、24億円で落札された「DBR1」やV8エンジン搭載の「DB11」など4モデルをグッドウッド・リバイバルに出展!

V8エンジンを搭載したDB11

モーターレースの黄金時代を偲んで毎年開かれている自動車の祭典「グッドウッド・リバイバル」において、アストンマーティンは、V8エンジンを搭載したDB11とV8 ヴァンテージ AMRを展示すると同時に、過去の栄光を象徴するクルマとして、2台のクラシックモデルを展示する。

>>フォトギャラリー

英国車として史上最高額の24億円超で落札された伝説のクルマ

DBR1

今回、モータースポーツで輝かしい実績を誇るアストンマーティン DBR1の現存モデルも出展される。

このクルマは、5台だけ生産されたDBR1の最初の1台であり、最近開催されたペブルビーチのオークションで、2250万ドル(日本円で約24億5610万円※2017/9/7現在)という、英国車としては史上最高の金額で落札された。

アンディ・パーマー氏が憧れ続けてきたクルマ

アンディ・パーマー所有の1980年モデルV8 Vantage

アストンマーティンの社長兼最高経営責任者(CEO)を務めるアンディ・パーマー氏が個人的に所有する1980年モデルV8 ヴァンテージもクラシックモデルとして出展。

パーマー氏はこのクルマを、2015年にブランドのヘリテイジ部門であるアストンマーティン・ワークスから購入した。パーマー氏は「このクルマには、十代の頃から憧れてきました。1980年は私が運転免許を取得した年ですが、その頃は、到底手が届きませんでした。それが今、購入できるようになり、嬉しく思っています。さらに、グッドウッド・リバイバルで皆さんにご紹介することが可能になり、大変に光栄です」とコメントした。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

アストンマーティン DB11 の関連編集記事

アストンマーティン DB11の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アストンマーティン DB11 の関連編集記事をもっと見る

アストンマーティン DB11 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR