年内発売予定のトヨタ「新型 C-HR」のレース仕様車が『ニュル24時間レース』を完走

TOYOTA C-HR Racing/ニュルブルクリンク24時間耐久レース(2016)
ニュルブルクリンク24時間耐久レース(2016)ニュルブルクリンク24時間耐久レース(2016)

TOYOTA GAZOO Racingは、5月26~29日までニュルブルクリンク(ドイツ・ラインラント・プファルツ州)で開催された『第44回ニュルブルクリンク24時間耐久レース』に「TOYOTA C-HR Racing」、「LEXUS RC」、「LEXUS RC F」で参戦し、TOYOTA C-HR Racing、LEXUS RC Fの2台が完走を果たした。

158台が参戦した決勝レースでは、今年末に市販予定である「C-HR」のレース仕様車としてSP2T(*1)クラスで参戦したTOYOTA C-HR Racing(326号車:影山 正彦/佐藤 久実/片山 智之*2/Herwig Daenens*3)が総合84位・クラス3位となった。

また、SP3T(*1)クラスで参戦したLEXUS RC(188号車:木下 隆之/松井 孝允/蒲生 尚弥)は駆動系トラブルでリタイヤ、レース経験豊富なトムスの開発力、熟練メカニックの持つノウハウを学ぶため、チームトムスとともにSP-PRO(*1)クラスで参戦したLEXUS RC F(36号車:土屋 武士/片岡 龍也/大嶋 和也/井口 卓人)は総合24位・クラス1位となった。

>>フォトギャラリー

ニュルブルクリンク24時間耐久レース(2016)

TOYOTA GAZOO Racingは、モータースポーツ活動を通じてクルマを鍛える「もっといいクルマづくり」に取り組んでいる。なかでもニュルブルクリンク24時間耐久レースは、同社社員のメカニックおよびエンジニア・車両評価ドライバーが参加し、クルマを鍛えるとともにレースを通じた「人づくり(人材育成)」を推進している。

24時間耐久レースの舞台となるニュルブルクリンク(全長25km)は、普段から世界の自動車メーカーが車両の実験評価に使用している「クルマづくりの現場」であり、同レースに参加した社員は耐久レースという通常のテストコースによる実験評価よりもさらに過酷な環境下で「クルマの限界を知り、改善力を養う」といった様々な経験を積んでいる。

2007年に開始したこの活動も今年で10年目を迎え、これまで活動に参加してきた社員メカニックやエンジニアは、その後レース活動での知見を生かし、さまざまな車両開発の現場で活躍している。

また、このレースには、過去に「LEXUS LFA」や「TOYOTA 86」などが参戦し、その後の市販車としての性能向上、商品性向上に生かしてきた。2016年は、TOYOTA C-HRを市販前に投入し、より良い商品づくりに生かせるよう取り組んできた。

チーム代表の豊田章男氏は「中古車のアルテッツァから始まったニュルへの挑戦も今年で10年目を迎えることができた。ドライバー、メカニック、サポートスタッフは1周でも多く走ることを目指して、それぞれの役割を果たし、心ひとつにたすきをつないできた。そして、この間、多くのクルマファンの方々がTOYOTA GAZOO Racingの活動を応援してくださった。関係者一人ひとりがどんな困難にも最後まで決して諦めず、この挑戦に主役として携わってきたからこそ、10年続けることができたと思う。『もっといいクルマづくり』、そしてそれを支える『人材育成』に終わりはない。『人を鍛え、クルマを鍛える』ために、これからもニュルへの挑戦を続けていきたい」とコメントした。

*1 SP2T排気量1,620ccまでのターボエンジン搭載クラス、SP3T排気量2,000ccまでのターボエンジン搭載クラス、SP-PRO排気量3,000cc以上で広い改造範囲が認められたクラス

*2 トヨタ自動車(株)凄腕技能養成部所属の車両評価ドライバー

*3 TOYOTA MOTOR EUROPE NV/SA実験部所属の車両評価ドライバー

この記事の画像ギャラリーはこちら

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

レクサス RC Fの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス RC Fのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス RC Fの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス RC Fの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス RC Fのニュース一覧

レクサス RCの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス RCのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス RCの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス RCの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス RCのニュース一覧

自動車ニュースの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事