超おしゃれ80’sアメリカンSUVの光岡 新型バディ、あまりの反響に増産体制に!【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
クラシカルで個性的なクルマを手がけている光岡自動車が、ブランド史上初となるSUVモデル、新型バディ(Buddy)を発表した。文句なしにカッコいいデザインで、サーバーがパンクするほど問い合わせが殺到したこのモデル。急遽増産が決定するも、すでに2022年生産分までの予約受付が終了するなど、その勢いはとどまるところを知らない。そんな新型バディについて、実際に一般ユーザー、さらには購入検討者にはどう捉えられているのか? ここではSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。
目次[開く][閉じる]
  1. 光岡自動車で初となるSUVは、超おしゃれ80’sアメリカンSUV
  2. 大量のオーダーに、増産体制を敷いた新型バディ
  3. SNS上でのみんなの声は?
バディの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

光岡自動車で初となるSUVは、超おしゃれ80’sアメリカンSUV

光岡自動車は2020年11月26日(木)、同社初となるSUVモデルの新型バディ(Buddy)を発表し、同日より先行予約の受付を開始した。

新型バディは、1970~80年代のアメ車をモチーフにしており、近年では珍しいカクカクしたボディが特徴だ。角目ヘッドライトやテールゲートのエンブレムなども当時を感じされるデザインで、これこそが新型バディのキモである。

ベースとなるのは2019年に投入されたトヨタ RAV4で、3サイズは全長4730mm×全幅1865mm×全高1685mmとベース車と比べると、全長が120mm大きくなっているイメージ。ちなみにガソリンとハイブリッドモデルから選択可能で、グレード選択はベースのRAV4とほぼ一緒。

そして新型バディの最大の売りはボディカラーと内装色が超豊富なこと。内外装それぞれに18種類もラインアップしており、選ぶだけでも迷ってしまうほどなのだ。

そして気になる新型バディの価格は、469万7000円~589万9300円(消費税込)。

大量のオーダーに、増産体制を敷いた新型バディ

当初、新型バディの年間生産台数は、2021年は50台、2022年以降は150台を予定していたのだが、あまりのオーダーの数の多さに、すでに2022年生産分までの予約受付が終了する事態に。

これを受け、光岡自動車では生産工場内に新たにバディ専用の生産ラインを確保し、増産を決定。当初の150台から300台へと年間生産台数を引き上げるとアナウンスした。

なお、新たな生産ラインの正式稼働は2021年度末を目標としており、現在注文を受け付けている2023年生産分の納期を大きく短縮させる狙いだ。

SNS上でのみんなの声は?

そんな大人気の新型バディについて、SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか早速確認してみた。

これだけ人気の高いモデルなだけに、批判的なコメントは無いかと思ったのだが意外にも「フロントは文句なしにカッコいい! ただ、サイドがまんまRAV4で車全体を台無しにしている」「なんだかんだ価格が高い」「それだけお金があるなら普通にアメ車を買う」「車の出来は問題無い。ただ、2年待ちはちょっと厳しい」 と、否定的なコメントもちらほらうかがえた。中でも、人気故に長い納車待ちとなることや、安くない価格設定に不満を抱いている印象の声が多かった。

それでも「RAV4は売れているから人と同じのが嫌な人には良いかも」「古いアメ車が欲しいけど維持が大変そうって躊躇してた人達にウケそう」「クラシックカーの外装に、中身は最新の国産車って組み合わせを求めていた、嬉しい」「ロックスターに引き続き、最近の光岡は古き良きアメリカンスタイルでカッコいい」などなど、多くはポジティブに受け取っている印象だ。

増産体制を敷き、現在は新型バディの納期短縮を目指す光岡自動車。その後は街で見かける機会が増えそうなモデルだけに、引き続き今後の動向に注目していきたい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 香雲館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

光岡自動車 バディの最新自動車ニュース/記事

光岡自動車のカタログ情報 光岡自動車 バディのカタログ情報 光岡自動車の中古車検索 光岡自動車 バディの中古車検索 光岡自動車の記事一覧 光岡自動車 バディの記事一覧 光岡自動車のニュース一覧 光岡自動車 バディのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる