これは近未来のダカールラリー参戦車だ! 三菱「Vision Ralliart Concept(ヴィジョン ラリーアート コンセプト)」【東京オートサロン2022】

画像ギャラリーはこちら
三菱自動車工業(以下、三菱)は、2022年1月14日(金)から16日まで開催された東京オートサロン2022(千葉・幕張メッセ)に、コンセプトカー「Vision Ralliart Concept(ヴィジョン ラリーアート コンセプト)」を出展した。2021年末に発売を開始した新型「アウトランダーPHEV」をベースとしながらも、かなり大胆にイメージチェンジを図ったヴィジョン ラリーアート コンセプト。これはもしや、近い将来のダカールラリー参戦マシンのイメージなのだろうか。そんな予感を覚える特別な1台について探ってみた。
目次[開く][閉じる]
  1. ラリーアートはランエボやパリダカ参戦などの三菱モータースポーツ活動を象徴する重要なブランド
  2. ラリーアート復活はまずパーツ販売からスタートし、今後のモータースポーツ再参戦へとつないでいく予定
  3. ヴィジョン ラリーアート コンセプトは、近未来のダカールラリー参戦車のイメージ!?

ラリーアートはランエボやパリダカ参戦などの三菱モータースポーツ活動を象徴する重要なブランド

三菱「Vision Ralliart Concept(ヴィジョン ラリーアート コンセプト)」の成り立ちを端的に言ってしまえば、新型「アウトランダーPHEV」をワイドフェンダーと22インチの大径タイヤでドレスアップしたカスタマイズカー、ということになる。

ただし単なるカスタムカーというだけなら「アウトランダー○○」というネーミングにしたほうが、発売されたばかりの新型車の訴求にもなるはず。そこをあえて“Vision Ralliart(ヴィジョン ラリーアート)”と銘打つからには、相応の狙いがある。そのあたりについて探ってみよう。

2021年の決算発表で明らかにされたラリーアートの復活

三菱は2021年5月11日に発表した2020年度決算発表において、“ラリーアート”ブランドの復活を発表した。ラリーアートの名は、三菱のラリー活動を支えてきた三菱ワークスチームの母体「ラリーアート(RALLI ART)」に由来している。

トヨタの「TOYOTA GAZOO Racing」や、日産の「ニスモ(NISMO:ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」と同じ位置付けと考えれば理解しやすいだろう。

1980年代から2000年代の初頭にかけての全盛期には、三菱 パジェロによるパリ・ダカールラリーでの優勝記録や、ランサーエボリューションによる世界ラリー選手権(WRC)連覇など数々の栄光を重ねており、いまだ多くの人々の記憶に残る栄光のブランド名となっている。

ラリーアート復活はまずパーツ販売からスタートし、今後のモータースポーツ再参戦へとつないでいく予定

ただし「ラリーアート復活」といっても、2010年に経営不振の影響で活動休止となった三菱のモータースポーツ参戦をただちに再開する訳ではない。まずは「ラリーアート」ブランドのパーツ販売からスタートし、その後にモータースポーツ再参戦の道筋をつけていくという。

既にタイで現地生産されるピックアップトラック「トライトン」とSUV「パジェロスポーツ」(共に日本未発売)にラリーアート仕様車が発表済み。

さらに今回の東京オートサロン2022では、ラリーアートパーツを装着した「アウトランダー」と「エクリプスクロス」が参考出品され、2022年春の国内市販化も予告された。

ヴィジョン ラリーアート コンセプトは、近未来のダカールラリー参戦車のイメージ!?

期待されるモータースポーツシーンへの復活だが、まずは三菱車のシェアが高い東南アジア地域で、前出のトライトンを用いたラリー競技参戦が有力視されている。

いっぽう日本や欧州でモータースポーツに復活するとなれば、期待したいのはWRC(世界ラリー選手権)や、ダカールラリーへの再チャレンジだ。

ただし、SUVラインナップを主力とする現在の三菱車でWRCに再参戦するのはあまり現実味がない。やるならば砂漠で活躍するダカールラリーだろう。

ちょっと想像してみて欲しい。

凄みあるマットブラックの「Vision Ralliart Concept(ヴィジョン ラリーアート コンセプト)」に、白と赤の華やかなワークスカラーをまとわせた姿を。きっと脳裏には、砂漠での活躍シーンまでが浮かび上がってくるはずだ。

マットブラックの中に隠された光沢カラーの示す意味とは

モータースポーツマシンの多くは、オフシーズンの期間中、マットブラックのボディで走行テストを重ねている。今回の東京オートサロン2022においても、日産ブースで今期に復活する新型フェアレディZのスーパーGT500参戦マシンが、スポンサーカラーではなく、テスト走行時と同様の艶消しボディで展示され、注目を集めていた。

ちなみにヴィジョン ラリーアート コンセプトのマットブラック塗装は、単に艶消しカラーという訳ではない。光の当たり具合によってブルーのハイライトが浮かび上がる特殊な仕上げだ。東京オートサロン2022会場のステージ上で照明を浴びた姿は、独特の凄みと共に華やかさもある。

抑えたカラーリングの中に華やかさを隠し持つことで、遠くない将来を期待して待っていて欲しい…そんな三菱からの力強いメッセージだと筆者は理解したが、皆さんはどう感じただろうか。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:茂呂 幸正・森山 良雄・三菱自動車工業]

三菱/アウトランダー
三菱 アウトランダーカタログを見る
新車価格:
462.1万円499.6万円
中古価格:
34.8万円373.4万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブやキャンプを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから15年余りが経過。乗り換えに悩むユーザーの目線に立った平易なコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

三菱 アウトランダーの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 アウトランダーのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 アウトランダーの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 アウトランダーの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 アウトランダーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる