ジャズの聖地を名乗る、特別なミニ クラブマン|限定車MINI Clubman Blue Note Tokyo Edition

  • 筆者: MOTA 編集部
  • カメラマン:原田 淳・MINI

古典の文脈を受け継ぐオトナのシューティングブレーク「MINI Clubman」

ミニ クラブマンは、後部に観音開きドアを持つステーションワゴンボディが特徴だ。このスタイルは、なんとオリジナルMINIが登場した翌年の1960年から存在する伝統的なもの。当初はミニ トラベラー/カントリーマンを名乗っていて、のちの1970年代にはシリーズの近代化と共に、名称もクラブマン エステートへと変更されている。

21世紀に復活したミニ クラブマンは、現行型で2代目。英国の貴族たちが狩猟用のために特注したワゴンボディ「シューティングブレーク」風のデザインが与えられ、スポーティなムードも加わった。

そうした古典からの文脈を受け継いでいるからだろうか、現代のミニ クラブマンにはどこかオトナの余裕が漂う。

そんなミニ クラブマンの佇まいをさらにスタイリッシュにみせる限定車が発売された。その名は「MINI Clubman Blue Note Tokyo Edition」(ミニ クラブマン ブルーノート・トーキョー・エディション)。長い歴史を持つ名門ジャズクラブとのコラボレーションで誕生した。

>>MINI Clubman Blue Note Tokyo Editionの世界観を画像で見る【フォトギャラリー】

東京を代表するオトナの社交場をイメージ

五線譜をイメージしたさりげないストライプ

Blue Note Tokyo(ブルーノート東京)は、1988年東京・南青山にニューヨークの名門ジャズクラブBlue Noteの系列として誕生。日本のジャズシーンと共に歴史を刻み続けている。単に音楽を愉しむ場というだけではなく、東京を代表するオトナの社交場としても発展を遂げてきた。限定車MINI Clubman Blue Note Tokyo Editionは、そんな世界観をミニ クラブマンに与えた。

ボディカラーは2色。ミッドナイト・ブラック・メタリック(取材車)で、もう1つは限定色のホワイト・シルバー・メタリックが用意される。ブラックは漆黒のピアノを、ホワイト・シルバーはスポットライトに照らされるブラス・セッション(金管楽器)の華やかさをそれぞれ表現する。Blue Note Tokyoのイメージカラーとシルバーを組み合わせたストライプをボンネットとボディサイド下部にさりげなく加えた。よくよく見ればそれは、五線譜や楽器の弦をイメージしたものだとわかる。さらにBlue Note Tokyoと書かれたサイドスカットル、そしてCピラーのBlue Note Tokyoエンブレムも備わる。

オトナのムードを演出するブラックインテリア

インテリアもやはりBlue Note Tokyoの世界観そのままに、ブラックで統一。優美な曲線を描く艶っぽいドアトリムには、MINI Yoursインテリア・スタイル ピアノ・ブラック・イルミネーテッドを装備。これはミニクラブマンで初採用のインテリア仕上げで、イルミネーションで夜のムードを高めてくれる。

ベースモデルは、110kW/330Nmを発生する2リッターターボディーゼルエンジンを搭載する、MINI Cooper D Clubman。低速域から力強い走りはまさにオトナの余裕。遮音もしっかりしており、車内での会話を邪魔することもない。

ドライビング・アシスト(前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)やアクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能)、リアPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)などの先進安全機能や、スマートフォンとの連携も容易なMINI Connectedとタッチパネル機能付きナビゲーション・システムなど数々の快適機能も標準装備されるMINI Clubman Blue Note Tokyo Edition。価格は447万円(消費税込)となっている。

[撮影:原田 淳・MINI]

MINI Clubman Blue Note Tokyo Edition[FF] 主要スペック

MINI Clubman Blue Note Tokyo Edition[FF] 主要スペック
ベースモデルMINI CLUBMAN Cooper D Clubman
価格[消費税込]4,470,000円
全長×全幅×全高4,270mm×1,800mm×1,470mm
駆動方式前輪駆動(FF)
車両重量1,490kg
乗車定員5名
エンジン種類直列4気筒 DOHC ターボチャージャー付ディーゼルエンジン
総排気量1,995cc
最高出力110kW(150PS)/4,000rpm
最大トルク330Nm/1,750~2,750rpm
トランスミッション8速オートマチックトランスミッション
使用燃料軽油

主な装備

■MINI Clubman Blue Note Tokyo専用ボンネット・ストライプ(特別装備)

■MINI Clubman Blue Note Tokyo専用サイド・ストライプ(特別装備)

■MINI Clubman Blue Note Tokyo専用サイド・スカットル(特別装備)

■MINI Clubman Blue Note Tokyo専用エンブレム(特別装備)

■MINI Clubman Blue Note Tokyo専用MINI Yoursインテリア・スタイル ピアノ・ブラック・イルミネーテッド(特別装備)

<ボディカラー>

 ミッドナイト・ブラック・メタリック/ホワイト・シルバー・メタリック(特別色) 全2色

■17インチ アロイ・ホイール ネット・スポーク ブラック(ミッドナイト・ブラック)/シルバー(ホワイト・シルバー)

■LEDヘッドライト/LEDデイライト・リング(特別装備)

■LED フロント・フォグ・ランプ(特別装備)

■レザレット・シート カーボン・ブラック(スポーツ・シート フロント/左右)(特別装備)

■シート・ヒーター(フロント/左右)(特別装備)

■ヘッドライナー・アンスラサイト(特別装備)

■リア・ビュー・カメラ(特別装備)

■リアPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)(特別装備)

■ルーフ・レール(特別装備)

■スポーツ・レザー・ステアリング

■ナビゲーション・システム

■ドライビング・アシスト(前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)

■アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能)

■MINI Connected(有効期間3年)

■MINI Connectedアプリ(iPhone専用)、リモート・サービス、MINIオンライン

■MINI SOSコール/テレ・サービス

■MINIエキサイトメント・パッケージ

■ITSスポット対応ETC車載器システム内臓自動防眩ルーム・ミラー

■コンフォート・アクセス

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA 編集部
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ミニ ミニクラブマンの最新自動車ニュース/記事

ミニのカタログ情報 ミニ ミニクラブマンのカタログ情報 ミニの中古車検索 ミニ ミニクラブマンの中古車検索 ミニの記事一覧 ミニ ミニクラブマンの記事一覧 ミニのニュース一覧 ミニ ミニクラブマンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる