autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 新型ミニ5ドア(F55)海外試乗レポート/九島辰也

試乗レポート 2014/10/1 09:57

BMW 新型ミニ5ドア(F55)海外試乗レポート/九島辰也(1/2)

関連: ミニ ミニ Text: 九島 辰也 Photo: BMW Group Japan
BMW 新型ミニ5ドア(F55)海外試乗レポート/九島辰也

待ちに待った人も多いのでは!?5ドアのMINIが誕生!

新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door

今年のBMWは、驚異的な勢いで新型車を輩出している。「4シリーズグランクーペ」にSUVの「X4」、「2シリーズ」もそうだ。BMW初のFWDは見逃せない。それに新シリーズとも言える“i(アイ)”。「i3」はともかく「i8」のインパクトは相当なものだ。そうそう、「M3」「M4」なんてのもある。

そんな影に隠れてしまいそうだが、同グループに属す“MINI”もフルモデルチェンジを果たした。

新型ミニは、まず3ドアハッチバックが登場。そして今春に開催されたジュネーブモーターショー2014では「ミニ クラブマンコンセプト」なるものがターンテーブルに載った。となれば誰しもが「次はクラブマンか!」と思ったはず。

だが、現実は違った。なんと新種“ミニ 5ドア”の誕生である。

5ドアのミニは、足を組み直せるほど広いリアシートが特徴

新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door

今回、そんなミニ 5ドアの国際試乗会へ参加してきたので試乗記を速報でお届けしたい。

試乗会の開催地は、ミニの聖地オックスフォード郊外。その周辺にある英国特有のカントリーロードでステアリングを握った。

ミニ5ドアのベースとなっているのは、もちろん3ドア。そのホイールベースを72mm伸ばして2,657mmへ。その延長分すべてが、リアシートに座る人の足下に当てられたと考えていいだろう。パッと見、とにかくリアのレッグスペースが広く感じる。

ちなみに、現行型クラブマンのホイールベースは2,545mm。つまり、ミニ5ドアはクラブマンよりも後席の快適性が向上しているのだ。今回の試乗でリアシートにも座ってみたが、乗っているうちについミニであることを忘れたほどの快適さであった。それは、足を組み直すことも可能であった、と伝えればその広さがお分かり頂けるだろうか。

フロントシートバックの裏側がえぐれているのも功を奏しており、さらに伸ばされたホイールベースが乗り心地を最適化していることも付け加えておこう。

さっそくインプレッションに入ろう。

新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door
新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door新型ミニ5ドア(F55)/Mini CooperS 5door

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ミニ ミニ の関連編集記事

ミニ ミニの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニ の関連編集記事をもっと見る

ミニ ミニ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR