普段使いも結構イケる。メルセデス・ベンツ「Sprinter(スプリンター)」で楽しもう|スプリンターライフ【Vol.2】(PR)

画像ギャラリーはこちら
メルセデス・ベンツの商用車、スプリンター。日本では正規輸入されていないが、最近人気のバンライフのベースとして注目を集め始めている。そんなスプリンターを輸入し、自分のスタイルにカスタムもしてくれるショップが「スプリンターライフ」。現行モデルであるW907スプリンターに迫ってみた。

>>メルセデス・ベンツ スプリンターを写真でチェック!

目次[開く][閉じる]
  1. W907スプリンターを新車で購入できる!
  2. デカくて持て余す?! 実は普段使いも結構イケるスプリンター!
  3. 主に取り扱うW907スプリンターは2WDの316とAWDの319
  4. 内装も外装もカスタマイズは自由自在!
  5. W907 スプリンターへのサポート体制も完璧

W907スプリンターを新車で購入できる!

バンに荷物を詰め込み、居場所を転々とする「バンライフ」。ファッショナブルで自由気ままなバンライファーの営みは、SNSを媒体に世界中に広がりをみせている。そのベース車として、北米で人気を集めているフルサイズバンがメルセデス・ベンツの「Sprinter(スプリンター)」だ。

ただ、残念なことに日本国内でスプリンターは正規販売されていない。購入するとなると、並行輸入になる。

そんなスプリンターの並行輸入でおすすめのショップが、横浜市青葉区に拠点を構える「スプリンターライフ」。日本国内では正規販売されていないメルセデス・ベンツ スプリンターの並行輸入している。

今回のVol.2では、現行型W907の使い勝手やカスタマイズなどにスポットを当てて紹介していこう。

デカくて持て余す?! 実は普段使いも結構イケるスプリンター!

メルセデス・ベンツのスプリンターは、全長がL1からL4まで、車高はH1からH3まで用意されており、スプリンターライフでは、L2H2と呼ばれる全長5900mm/全高2600mmのモデルを中心に取り扱っている。もちろんオーダーすればその他のサイズも輸入可能だ。

寸法だけ聞くと、大きいなと感じてしまうかもしれない。しかし、いざ乗ってみると、運転席の着座位置の高さや、商用車ならではの見切りの良さ、ステアリングの切れ具合など、実は結構運転しやすい車両なのだ。それもそのはず、商用車が運転しづらくては、日々の業務で乗り回すことができないからだ。

例えば、大手デパートやスーパーマーケットでは、大抵ハイルーフ車が駐められるスペースが用意されているし、街中のファーストフードのドライブスルーも使うことができるようだ。

主に取り扱うW907スプリンターは2WDの316とAWDの319

スプリンターライフが扱う現行のW907は、基本的に2WDの316とAWDの319。エンジンは316が直4 2143cc CDIディーゼルターボの163ps、319がV6 2987cc CDIディーゼルターボの190psをそれぞれ搭載。このディーゼルターボエンジンは、実用域のトルクがしっかりと出ているので街中から高速まで乗りやすく、燃費もいい。

足回りも、アウトバーンを始め速度域の高いヨーロッパで大活躍しているスプリンターだから、長距離も疲れ知らずで楽々だ。

316と319、どちらも1ナンバーの他、8ナンバー登録も可能。

価格は316のMTで500万円台〜、ATで600万円台〜。横浜予備検査渡しとなる。

内装も外装もカスタマイズは自由自在!

キャンプやアウトドアを満喫したいと考えている人にも、このスプリンターはオススメだ。スプリンターライフでは、広大な荷室スペースを活かしてベッドやテーブル、シンクといった車中泊仕様へのカスタマイズや、MTBやバイク、ツールなどの積載、サイドタープやルーフキャリアなどなど、あらゆるオーダーに対応してくれる。

圧倒的な室内の広さを誇るスプリンターだから、オーナーの希望をたっぷりと詰め込むことができるはずだ。

W907 スプリンターへのサポート体制も完璧

並行輸入の車両ではあるが、メンテナンスや車検など、各種のサービスが充実しているのもスプリンターライフの魅力だ。日本の車検に適合する状態で販売される上、ライト類やバンパー、フェンダー、ブレーキパッドなどのスペアパーツも常備している。その上、ドイツを始めヨーロッパ中を走り回る商用車なので、基本的には丈夫であるということも、安心材料のひとつと言えるだろう。

スプリンターに対応するテスターも備えているので、何かあっても即対応できる。スプリンターに憧れを抱いているのなら、まずチェックしたいお店だ。

>>メルセデス・ベンツ スプリンターを写真でチェック!

【問い合わせ】

スプリンターライフ

郵便番号:227-0041

住所:神奈川県横浜市上谷本町713

電話番号:045-979-4001

>>スプリンターライフのオフィシャルサイトはこちら

メルセデス・ベンツ/Vクラス
メルセデス・ベンツ Vクラスカタログを見る
新車価格:
789万円938万円
中古価格:
37.8万円1,190万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
井口 豪
筆者井口 豪

1975年4月29日生まれ。血筋は九州の埼玉県出身。自動車雑誌編集部員を経て、2004年にフリーランスに転身。多彩な趣味を持つウンチク好きの性分を生かし、自動車関連、ファッション、スポーツ、ライフスタイル、医療、環境問題など、幅広い分野で執筆活動を展開している。器用貧乏を地で行くフリーライター。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 茶六別館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

メルセデス・ベンツ Vクラスの最新自動車ニュース/記事

メルセデス・ベンツのカタログ情報 メルセデス・ベンツ Vクラスのカタログ情報 メルセデス・ベンツの中古車検索 メルセデス・ベンツ Vクラスの中古車検索 メルセデス・ベンツの記事一覧 メルセデス・ベンツ Vクラスの記事一覧 メルセデス・ベンツのニュース一覧 メルセデス・ベンツ Vクラスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる