MINIは種類が多すぎて分からない! 大家族MINIファミリーをグレード別に解説

画像ギャラリーはこちら
BMWグループが手がけるようになったMINIがスタートして、もうすぐ20年。今や日本の街中でも元気に走り回る姿がたくさん見られ、女性からの人気も高いブランドの1つとなりました。

当初は3ドアのハッチバックタイプだけだったバリエーションも、いつの間にかいろんなタイプが登場して、パワートレーンもガソリンやディーゼル、プラグインハイブリッドまで。グレードもたくさんあるし、もうなにがなんだかよくわからない、という人も多いかもしれませんね。

この記事では、そんな大家族的なMINIファミリーのボディタイプやグレード構成をわかりやすく解説します。

目次[開く][閉じる]
  1. 最もシンプルなグレードは「ONE」
  2. MINIの定番!「COOPER」は中間グレードにあたる
  3. MINIにもオープンモデルが存在する!
  4. MINI CLUBMANは貴重なステーションワゴンタイプ
  5. 車高が高くボディサイズが最も大きいMINI CROSSOVER
  6. 迷ったらオススメはCOOPER!

最もシンプルなグレードは「ONE」

まず定番なのがハッチバックタイプですが、現在は3ドアと5ドアの2タイプがあります。シングルやカップルで乗るのにぴったりな4人乗りの3ドアと、ファミリーでも使いやすい5人乗りの5ドア。グレードはそれぞれ、最高出力や最大トルクの異なるパワートレーンで5グレード設定されていますが、構成はちょっと変わります。

まず3ドアと5ドアで共通するグレードは、運転しやすさと楽しさをバランスよく備えるベーシックグレードとなる「MINI ONE(ワン)」。

1.5リッターの3気筒ガソリンエンジン+7速セミATで、102馬力/190Nmを発揮します。

MINIの定番!「COOPER」は中間グレードにあたる

そして、「MINIと言えばコレ」というほどメジャーな名前がつけられたグレード「MINI COOPER(クーパー)」は、MINIらしい元気な走りが楽しめつつ、快適性もしっかり備えたまさにザ・ミニと言える中間グレード。

1.5リッター3気筒ガソリンエンジンで、ONEよりパワーアップして136馬力/220Nmを発揮。市街地から高速道路までしっかり走ります。

続いて、低速トルクがあって山道などにももってこいの1.5リッタークリーンディーゼルエンジン+6速ATを搭載する「MINI COOPER D」。

こちらは116馬力/270Nmと、スポーツコンパクトくらいパワフルです。

また、ガソリンモデルのハイパフォーマンス仕様という位置付けとなるのが、2.0リッター4気筒ガソリンターボエンジン+7速セミAT搭載の「MINI COOPER S」。ビュンと鋭い加速はとてもスポーティで、羊の皮を被った狼的な存在。192馬力/280Nmを発揮します。

MINIファミリーで最も過激でパワフルなJCW

さて、ここまでは3ドアと5ドア共通のグレード4つをご紹介しましたが、最後の1つはそれぞれ異なるグレードが設定されています。まず3ドアには、サーキットを走ることを前提に数々のチューニングやカスタムが施された、「MINI JCW(ジョン・クーパー・ワークス)」。MINIファミリーで最も過激かつパワフルなモデルとなっていて、2.0リッターのガソリンターボエンジン+6速ATで231馬力/320Nmを発揮します。ハニカムグリルに一本通った真っ赤なバーモチーフや大径タイヤ、2本出しのテールパイプなど、見た目からして迫力満点のモデルです。

5ドアの最上級グレードは「COOPER SD」

そして5ドアの最上級グレードとなるのが、2.0リッタークリーンディーゼルエンジン+6速ATの「MINI COOPER SD」。低速からモリモリとしたトルクがありつつ、高速域でのパワフルさもあり、170馬力/360Nmを発揮します。

MINIにもオープンモデルが存在する!

続いて3つ目のボディタイプとして、今では希少となっているコンパクトな4人乗りのオープンカーである、「MINI CONVERTIBLE(コンバーチブル)」。電動ソフトトップでルーフの開け閉めも簡単な、とても都会的でスタイリッシュなオープンカーですね。

グレードは「COOPER」「COOPER S」「JCW」の3つ。パワートレーンの最高出力と最大トルクは3ドアと同等となっています。

MINI CLUBMANは貴重なステーションワゴンタイプ

次に、これも他のメーカーにはあまりない希少なパッケージとなる、コンパクトなステーションワゴンタイプの「MINI CLUBMAN(クラブマン)」。5人乗りで、最大1250Lに広がる大きなラゲッジスペースを持っています。グレードはなんと7つ。

ベーシックグレードとなるのは、ONEをベースにスタイリッシュなカラーや装備にこだわった「BUCKINGHAM」です。そして「COOPER」「COOPER S」「COOPER D」「COOPER SD」までは5ドアと同じ構成。「COOPER SD」のみ、パワートレーンの出力とトルクが190馬力/400Nmとなっています。CLUBMANならではなのが、「COOPER S ALL4」という4WDモデルがあること。出力とトルクは192馬力/280NmでFFモデルと同じです。

また、最上級グレードには「JCW」があるのですが、ハイパワー化されて306馬力/450Nmまでパワフルになっています。

車高が高くボディサイズが最も大きいMINI CROSSOVER

さて、5つ目のボディタイプとなるのが、ちょっと車高が高くボディサイズもMINIの中でいちばん大きな「MINI CROSSOVER(クロスオーバー)」です。今では輸入ブランドにもコンパクトSUVがありますが、デビュー当時はライバルがおらず、日本でも爆発的ヒットモデルとなりました。

グレードは6つですが、これまでのモデルと異なるのは、パワートレーンのメインがクリーンディーゼルとなり、4WDが多くなること。なのでガソリンエンジンは、ベーシックグレードの「BUCKINGHAM」と最上級グレードの「JCW」のみ。

そして「COOPER D」「COOPER D ALL4」「COOPER SD ALL4」と3つのクリーンディーゼルエンジンが設定されています。さらに、CROSSOVERならではなのが、プラグインハイブリッドの「COOPER SE ALL4」。10.0kWhのバッテリーを搭載し、1.5リッターガソリンターボエンジンとモーターで走ります。EV走行距離が最大約53kmというのはなかなかの実力。充電口は左フロントフェンダーにあり、普通充電に対応しています。

迷ったらオススメはCOOPER!

というわけで、ここまでが現在販売されているMINIのボディタイプとグレードの紹介でした。購入する際は、予算を抑えたけどMINIらしさは楽しみたいという人には「ONE」「BUCKINGHAM」、どれにしようか迷ったらとりあえず「COOPER」。

ガンガン元気な走りを堪能したいなら「COOPER S」、低速トルクの力強さが欲しい人は「COOPER D」というように、パワートレーンの違いやそれぞれのキャラクターを覚えておくと、自分にぴったりのグレードが選びやすいと思います。

今では中古車でしか手に入らない、もっとトンガッたモデルもある

また、MINIはブランドスタート当初から、かなりトンガッたモデルも作っていて、過去には初の2シーターオープンスポーツカーの「MINI ROADSTAR(ロードスター)」、その屋根ありタイプの「MINI COUPE(クーペ)」、4人乗り2ドアのクーペのようなクロスオーバーSUVだった「MINI PACEMAN(ペースマン)」といった個性豊かなモデルたちもありました。中古車市場では見つけることができますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【筆者:まるも亜希子】

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 数寄の宿 野鶴亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ミニの最新自動車ニュース/記事

ミニのカタログ情報 ミニの中古車検索 ミニの記事一覧 ミニのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる