マツダ CX-5(2014年一部改良モデル)試乗レポート/九島辰也(1/3)

マツダ CX-5(2014年一部改良モデル)試乗レポート/九島辰也
マツダ CX-5(2014年一部改良モデル) マツダ CX-5(2014年一部改良モデル) マツダ CX-5(2014年一部改良モデル) マツダ CX-5(2014年一部改良モデル) 画像ギャラリーはこちら

ターゲットは“クルマ好き”もしくは“マツダ好き”

マツダ CX-5(2014年一部改良モデル)

このところのマツダは他の国産メーカーとは異なる道を歩んでいるように思える。唯我独尊のごとく、ブレることなく自らの信念を貫いている。

言わずもがな、それがスカイアクティブテクノロジーとなる。高効率の内燃機関でどれだけ時代に合ったものをつくれるのかというチャレンジが行われている。スカイアクティブGのガソリンユニットとスカイアクティブDのディーゼルユニットがそれに当たる。

マツダ CX-5(2014年一部改良モデル)モータージャーナリストの九島辰也さん

そしてもうひとつが走りだ。マツダ「ロードスター」を有する彼らは大手メーカーとは異なる味付けのクルマを研究開発する。その背景には国内シェア約5%という台数が関係するとも言われる。つまり、マツダのターゲットは万人ではなく、“クルマ好き”もしくは“マツダ好き”といった層。老若男女誰もが使いやすく乗りやすいクルマ……という定義は必要ないといっていいだろう。

今回CX-5に乗ってそれはまた一段と強く感じた。出たばかりの印象があるモデルだが、開発陣は手を休めることなくこいつを進化させた。そしてその中身はかなり走りに振っている。SUVとしての性格からそこまで必要ないのでは?と思えるようなベクトルへ舵を切ったようだ。

具体的にはステアリングフィールがよくなり、乗り心地が向上している。総合的により滑らかに走るといった印象だ。パワステのチューニングは比較的軽めだが、切りはじめから少し経つとしっとりさが現れる。この辺は好き嫌いもあるだろうが、個人的には好印象。輸入車のSUVは重めにセッティングするところもあるが、それとは別モノだ。背の低いクルマと似たテイストに仕上げているのがマツダ流である。

1 2 3 次へ

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
九島 辰也
筆者九島 辰也

外資系広告会社から転身、自動車雑誌業界へ。「Car EX」副編集長、「アメリカンSUV」編集長などを経験しフリーランスへ。その後メンズ誌「LEON」副編集長なども経験。現在はモータージャーナリスト活動を中心に、ファッション、旅、サーフィンといった分野のコラムなどを執筆。また、クリエイティブプロデューサーとしても様々な商品にも関わっている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる