新型CX-60、押しの強くなった魂動デザインに賛否分かれるも、PHEVや直6+FRに期待を寄せる声【みんなの声を聞いてみた】

画像ギャラリーはこちら
2022年3月9日に世界初公開されたマツダ 新型CX-60。同社初のPHEVシステム「e-SKYACTIV PHEV」をラインナップする新型ラージ商品群の第1弾モデルについてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。
目次[開く][閉じる]
  1. これまでの魂動デザインから押しの強くなったデザインには賛否が分かれる
  2. バッテリーが無くなったときにHVになるのか、純ガソリン車になるのか
  3. 性能アップに伴う価格上昇をユーザーが受け入れるとは限らない

これまでの魂動デザインから押しの強くなったデザインには賛否が分かれる

マツダは、グローバルに需要が高いSUV市場において、ラージ商品4車種を2023年までに導入することをアナウンスしている。その中で、新型CX-60は「走る歓び」と「環境・安全性能」を大幅に進化させたマツダのラージ商品群の第1弾モデルとなる。

新型CX-60は、厳しい時代の要求に応える環境・安全性能を備えながら、日常の一般道走行から高速道路を使った長距離ドライブまで、余裕をもって運転を愉しめる2列シートのミッドサイズSUV。また、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」のさらなる進化に挑戦し、自然と調和する日本人の感性を活かしたタフさと緻密さを、その造形を通じて表現している。

新型CX-60のデザインについてSNS上の反応を見てみると、まず好意的に捉える声として、

「純粋にカッコいい」

「やっぱりFRベースはいい」

「輸入車っぽいちょっとごつ目のスタイリングが良いと思う」

「CX-5の後継とも言われていたが完全に上の車格。厚みのあるデザインが好印象」

「これまでの洗練されたデザインが好きな層は懐疑的かもしれないが、押しが強くなって無骨なデザインは個人的には好き」

「最近の魂動デザインが好きだったので少し残念だが、プレミアム路線ならこれはこれでありなのかも」

などの声が挙がっている。また、その一方では、

「CX-5のフロントノーズが延びただけに見える」

「期待値が高すぎたのか、正直デザインは残念な感じ」

「これまでの洗練された感じと比較すると、もっさりしていて格好良いとは思えない」

「ちょっとBMWを意識し過ぎたのでは」

といった声が挙がっている。

新型CX-60は、洗練されたこれまでの魂動デザインから少し押しの強くなったデザインと捉えているようで、そこを厚みがあって欧州車のようでアリとするか、野暮ったくてナシとするかで賛否が分かれているようだ。この辺りは、実車での確認を楽しみにしたいところだろう。

バッテリーが無くなったときにHVになるのか、純ガソリン車になるのか

今回公開された新型CX-60(欧州仕様)は、2.5L直列4気筒ガソリンエンジンと電動モーターを備えたマツダ初のPHEV(プラグインハイブリッド)システム「e-SKYACTIV PHEV」を搭載。8速ATとマツダの「i-ACTIV AWD」を組み合わせた4WDモデルになる。

エンジン+モーターのシステム全体で、最高出力327PSと最大トルク500N・mを発生。0-100km/h加速は5.8秒で、バッテリーの容量は17.8kWh。EVモードでは100km/h以下の車速で63km航続できるとされている。

また、パワートレインには今回公開されたPHEVモデルの他にも、3.0L直列6気筒ガソリンエンジンと3.3Lのクリーンディーゼルも追加される予定だ。

そんなパワートレインについては、

「マツダのPHEVが実際のところどんな性能になるか気になる」

「トヨタや三菱のようにバッテリーが無くなったときにHVになるのか、欧州車のように単なる純ガソリン車になるのか」

といった声が挙がっている。

マツダ初となるPHEVの実際の性能を気にする声は多く、特にバッテリーがなくなった時の仕様を気にする声は一定数見受けられた。

性能アップに伴う価格上昇をユーザーが受け入れるとは限らない

新型CX-60は、欧州各国では2022年3月8日(現地時間)より受注を開始し、今夏の発売を予定している。生産は、マツダの防府第2工場(山口県防府市)で同年3月11日よりスタート。気になる日本向けモデルについては、4月上旬に公開が予定されている。

デザインやマツダ初となるPHEVなどに注目が集まる中、やはり気になるのは価格の部分。

「パワートレインや、内外装の質感を見ると中々の高級路線。これで魅力的な価格だったら嬉しい」

「あとは価格設定次第。性能がアップしたから価格も引き上げるなんてメーカーの都合を客が受け入れるとは限らないので、そこはしっかりと検討してほしい」

と、価格にも大きな注目が集まっている。

中には、

「パワーユニットも豊富にラインナップし、プラットホームも刷新しているから相当投資のはず。EVも単独で進めているし、マツダの規模でこんなに風呂敷広げて大丈夫なのか心配」

と、マツダの今後の展開を気にする声も見受けられるが、

「令和の時代に国産の直6+FRモデルの新車を出してくるところに気概を感じる。一筋縄ではいかないかもしれないが、マツダにはぜひ頑張ってほしい」

といった純粋に期待を寄せる声も存在する。果たして新型CX-60の日本仕様や価格はどのようなものになるのか? 引き続き新たな情報が入り次第お届けしていく。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

マツダ/CX-5
マツダ CX-5カタログを見る
新車価格:
267.9万円407.6万円
中古価格:
70.7万円428万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 別邸 仙寿庵

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる