マツダ CX-30 試乗レポート|売れ筋コンパクトSUVの大本命にいち早く試乗!(2/3)

画像ギャラリーはこちら

Mazda3同等の走行フィーリングを目指したCX-30

CX-30のメカニズムは、パワートレイン、シャシー共にマツダ3のコンポーネントを活用。マツダの考える「人間中心の思想」は不変だが、ヒップポイントや重心の高さなど、ハッチバックと比べると基本素性が不利なクロスオーバーながらも、マツダ3と変わらない走りのフィーリングを目指したそうだ。なおCX-30は、日本でも今年2019年の冬に発売予定となっている。

今回マツダ3 スカイアクティブXと同じタイミングでCX-30の初試乗を行なってきた。ドイツの古き良き町並みが残る田舎町タウヌスの市街地とアウトバーンを組み合わせた、欧州の“リアルワールド”で乗ったが、マツダ3より高速とワインディングが多めのコースを走ることが出来た。

今回の試乗車は欧州仕様で、ガソリンが2.0L Mハイブリッド(123ps/213Nm)+6速AT、ディーゼルが1.8Lターボ(116ps/270Nm)+6速MTの組み合わせだ。

アウトバーンからワインディングまで…様々なシチュエーションでCX-30に試乗

CX-30の走りは「目線の高いマツダ3」に「優しさ」をプラス

CX-30の気になる走りを一言で表現するなら、「目線の高いマツダ3」に「優しさ」がプラスされているイメージである。

走り始めのひと転がりからクルマの動きが滑らかで、目線がブレないフラット感の高い乗り心地はマツダ3と共通する乗り味。速度域や走るステージを問わず、クルマの動きと人間の感覚にズレがなく、滑らかな挙動や違和感がないハンドリングもマツダ3譲りだ。ただCX-30の場合、しなやかさと共に、どこかホッとするような安心感があるのだ。

その要因の一つは「視界の良さ」かもしれない。マツダ3も必要十分な視界性能を備えるが、やはり直接視界に勝る物はない。広いガラスエリアと死角の少なさは、結果的に運転のしやすさに繋がっていることを実感した。この辺りは、ユーザーを絞っているマツダ3に対し、幅広いユーザーが使う事を考えたCX-30らしさとも言えるだろう。

マツダ3とCX-30の基本素性の違いを考える

CX-30の特徴のもう一つは「基本素性」だと思う。

マツダの目指す走りは、クルマの走る/曲がる/止まるを個別に考えず、発生するGをどう総合的にコントロールしていくかが基本となっている。つまり、クルマの挙動(=ヨー、ロール、ピッチの繋がり)をシッカリとコントロールすることができれば、サスペンションやスタビライザーを必要以上に固めて姿勢変化を抑える必要はない…と言う考え方だ。

そういう意味で言うと、マツダ3は基本素性に優れるのでそもそもの姿勢変化が少なく、クルマを動かす方向のセットを実現するのは難しかったと推測する。逆に基本素性が不利(背が高く重心位置も高め)で、姿勢変化も大きいCX-30だが、クルマの挙動をコントロールする…と言う意味では有利な方向に働いているのかもしれない。

ただ、走りで感じたマツダ3との違いは優劣ではなく各々のキャラクターの差であり、どちらが良くてどちらがダメ…と言う事ではない事は理解いただきたい。マツダ3とCX-30、どちらもマツダが目指す走りのイメージとのブレはない。

>>2種のパワートレインの性能は必要にして十分、だが[次ページへ続く]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... みやこわすれの宿 こおろぎ楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

マツダ CX-30の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-30のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-30の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-30の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-30のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる