マツダ CX-30 試乗レポート|売れ筋コンパクトSUVの大本命にいち早く試乗!(3/3)

画像ギャラリーはこちら

2種のパワートレインの性能は必要にして十分、だが…

今回のCX-30試乗会で用意された2種類のパワートレインは、どちらもマツダ3よりも重い車両重量ながら“必要十分”な性能を備えるが、いっぽうでもう少しパンチが欲しいところだ。

ガソリンエンジン版については、エンジンの問題と言うよりも6速ATが足を引っ張っている。仮に8速ATだったら、1速のギア比はロー側に触れるので発進加速も良くなるし、中速域はステップ比も狭くできるので、エンジンの旨みをより引き出せるような気がするのだが…。

一方、1.8リッターディーゼルターボは、巡航してしまえば全く問題ないが、日常域で最も使うはずの1500~2000rpmはディーゼルとは思えないほどトルクが薄い上にターボラグも大きめで、ドライバビリティも悪い。CX-5/CX-8に搭載される2.2Lディーゼルターボは、極低回転域からターボを感じさせない滑らかなトルクの盛り上がりを実現しているのに「なぜ1.8Lは?」だ。

これを解決するには…価格は若干高くなるかもしれないが、1.8Lにも2ステージターボを装着して欲しい。ちなみにCX-30にも今後スカイアクティブXを搭載するそうだ。

気になる点もあるが、CX-30はCX-5やCX-3のユーザーを奪える実力の持ち主だ

このように気になる部分もいくつかあるが、総じて言うとCX-30はマツダクロスオーバーシリーズ最良の仕上がりである。

開発責任者の佐賀さんは「マツダのクロスオーバーSUVラインアップが揃ったので、自分の感性やニーズに合うものを選んで欲しい」と謙遜するが、筆者の心配事はCX-3/CX-5のユーザーを奪ってしまわないか…と言う事。CX-30にはそれくらいの魅力がある。

[筆者:山本 シンヤ/撮影:MAZDA]

>>マツダCX-30の内外装を画像でじっくり見る[フォトギャラリー]

MAZDA CX-30[欧州仕様] 主要スペック

    
MAZDA CX-30[欧州仕様] 主要スペック
エンジン種類 SKYACTIV-G 2.0 M HYBRID(ガソリン) SKYACTIV-D 1.8(ディーゼルターボ)
駆動方式 FF(2WD) FF(2WD)
トランスミッション SKYACTIV-Drive(6速AT) SKYACTIV-MT(6速MT)
全長 4395mm 4395mm
全幅(車幅) 1795mm 1795mm
全高(車高) 1540mm 1540mm
ホイールベース 2655mm 2655mm
エンジン 直列4気筒 DOHC 16バルブ Mハイブリッド 直列4気筒 DOHC 16バルブ直噴ターボ
排気量 1998cc 1759cc
エンジン最高出力 90kW/6000rpm 85kW/4000rpm
エンジン最大トルク 213N・m/4000rpm 270N・m/1600~2600rpm
燃費(WLTP) 6.6L/100km(約15.2km/L) 5.1L/100km(約19.6km/L)
燃費(New-NEDC) 5.5L/100km(約18.2km/L) 4.4L/100km(約22.7km/L)
燃料タンク容量 51L 51L
サスペンション形式 (前)マクファーソンストラット(後)トーションビーム (前)マクファーソンストラット(後)トーションビーム
タイヤサイズ 215/55R18 215/55R18
前へ 1 2 3
この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

マツダ CX-30の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-30のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-30の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-30の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-30のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる