発売間近!? マツダ 3(アクセラ後継車)を日本の雪上でいち早く試乗!(1/2)

  • 筆者: 国沢 光宏
  • カメラマン:和田 清志・マツダ

恒例のマツダ雪上試乗、今年の主役は正式発売間近の“マツダ3”

毎年恒例になっているマツダの冬期試乗会、今年の主役は新型マツダ3(アクセラ/アクセラスポーツ 後継モデル)でした!

と言っても日本仕様の完成が間に合わなかったため、用意されたのは全てプロトタイプ。加えて、フラットじゃない雪道ということもあり、詳細な評価というより”資質”の紹介をしてみたいと思う。ただ新型マツダ3の購入を前向きに考えているというなら、決定的な情報になると思います。

>>雪上を駆け抜けるマツダ3の雄姿を画像で見る[フォトギャラリー]

新型マツダ3はシートにコダワリあり!

今回雪上試乗会を行った新型マツダ3(プロトタイプ)は全てFFモデル。5ドアハッチバックもセダンも試乗出来た。搭載エンジンはSKYACTIV-G(ガソリンエンジン)の2リッターと2.5リッター(北米仕様)、それに極めて短い区間でSKYACTIV-D(ディーゼル)の1.8ターボが用意されていた。

まずハッチバックから。

運転席に座ると、今までのマツダ車と少し雰囲気が違う。事前説明で「今回シートを全面的に見直しました」と聞いたけれど、納得出来る。

詳しく書くと「座面形状を工夫し骨盤の位置を起こした」。猫背から背筋を伸ばす姿勢にした、ということ。

シートの哲学は各社さまざま。私は疲れず腰痛にならないシートを好む。普段から猫背気味のため、背中を伸ばした姿勢が心地よいし腰も痛くならない。

といった点では新しいマツダのシート、好ましいです。おそらく多くの紹介記事がシートについて褒めると思う。今回マツダが「クルマで一番大切なのはシートです」というプレゼンをしたからだ。個人的にはシートも要素の一つでしか無いと思っているため「いいね!」くらいの評価にしておく。

>>マツダ3を雪上で徹底試乗! その印象は!?[次ページへ]

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産リーフとトヨタ・プリウス、ホンダ・インサイト。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイト(http://kunisawa.net/)を運営中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

マツダ アクセラスポーツの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ アクセラスポーツのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ アクセラスポーツの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ アクセラスポーツの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ アクセラスポーツのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる