高級SUVの元祖! ジープ グランドワゴニアが2021年復活する! PHEVのコンセプトモデルを先行発表

画像ギャラリーはこちら
プレミアムSUVの元祖「ジープ グランドワゴニア」が2021年に帰ってくる! 懐かしいブランド名を復活させた新モデルのパワートレインはプラグインハイブリッド。今後のジープブランドを象徴するフルサイズのプレミアムSUVとなる模様だ。

ゴツくてシブい! アメリカンプレミアムSUV「ジープ グランドワゴニア」を写真でサクッとチェックする!

懐かしいブランド「グランドワゴニア」が最新テクノロジーで復活

歴史的価値のある、懐かしいブランドの復活だ。FCA(フィアットクライスラーオートモービル)は2020年9月3日、北米・デトロイトで新型車「ジープ グランドワゴニア コンセプト」をオンライン上で発表した。

プレミアムSUVの元祖、初代グランドワゴニア

四輪駆動車で初めてAT(オートマチックトランスミッション)を搭載したジープ ワゴニアは1962年に登場。1984年にはグランドワゴニアへと進化した。革張りシート、エアコンなどの快適装備や遮音性の向上など、現代のプレミアムSUVの潮流を生み出した元祖とでも言うべき存在だ。

グランドワゴニアは、クラシカルなデザインとボディサイドのウッドパネルのエレガントな組み合わせが特徴で、1991年に約30年に及ぶ生産を終えた後も根強いファンから支持されている。

新型はアメリカンプレミアムを再定義するフルサイズSUVに

新しいジープ グランドワゴニア コンセプトは、「アメリカンプレミアムの再定義」を標榜するフルサイズSUVのコンセプトモデル。現在ラインナップされるジープ車を遥かに超える高級モデルとして、2021年の正式発売を目指す。

外観は、往年のグランドワゴニアとは異なるモダンなスタイル。コンセプトモデルでは大径24インチのマルチスポークアルミを装着する。見るからに巨大で力強いフォルムの圧倒的な存在感が半端ない。7スロットグリル周りにもLEDを配し、非常に華やかだ。

パワートレインにはプラグインハイブリッドを想定。ジープブランドでは今後数年間で全ラインナップに電動化モデルを用意するとしており、そうした施策の象徴としても位置づけられる。

未来を感じさせるフルデジタルコックピット

外観同様にインテリアも豪華そのもの。インパネにはウッドをふんだんに使用し、ウイング上に配されたアルミで囲むレイアウトとした。さらにリサイクル可能な素材を積極的に使用し、持続可能な近未来のプレミアムSUVの姿を提案する。

シートレイアウトは、ワゴニアとしては初の3列。ルーフは全面ガラスで開放的だ。

運転席のメーターは12.3インチのフル液晶モニター。中央にはメインとなる12.1インチのタッチスクリーンが備わり、さらに下段には4ゾーンエアコンとシート空調のコントロールが出来る10.25インチのディスプレイが備わる。さらに助手席にも10.25インチのタッチスクリーンディスプレイが備わり、文字通りのフルデジタルコックピットとなった。

24スピーカーのマッキントッシュオーディオシステムを搭載し、音響も万全だ。もちろんコネクティッドシステムも用意される。

新型グランドワゴニア、日本にはやってくる!?

現時点ではボディサイズなどは明らかにされていないが、フルサイズSUVとあって全長などかなり大きなものとなるだろう。日本の道路事情を考えると、国内導入は悩ましいところではある。しかし、SUVの老舗ブランドが新たに定義するプレミアムモデルとはどのようなクルマになるか、欧州ブランドとはまた違うアプローチで創られる新型グランドワゴニアの仕上がりが気になる方も多いはず。

たとえ少量でも、正規導入が実現することに期待したい。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ジープ グランドワゴニアの最新自動車ニュース/記事

ジープのカタログ情報 ジープ グランドワゴニアのカタログ情報 ジープの中古車検索 ジープ グランドワゴニアの中古車検索 ジープの記事一覧 ジープ グランドワゴニアの記事一覧 ジープのニュース一覧 ジープ グランドワゴニアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる